2017年3月15日水曜日

福野礼一郎さんは何が言いたかったのか?(ルボラン4月号)

  福野さんの「ルボラン」の連載といえば「比較三原則」ですが、4月号は珍しくイレギュラーな内容でした。当初はBMW7erとキャデラックCT6の比較を予定していたが、編集長の一声でケイマンとアウディTTになったとのことです。いつもズラズラと書いてあるNVHや操縦安定性などの細かい採点はなく、ひたすらに福野さんの直球なレビューが続きます。

  確かに7erとCT6の比較なんて一体誰得なんだろう・・・いくら福野さんが熱く語ったところで、ほとんどの読者はバスやトラックのレビューを読んでいるのと変わらないですから、編集長の差し替えも納得できます。福野さんがケイマンとアウディTTの批評!!これはクルマ好きなキッズもオッサンも「おお〜!!」と前のめりになるコンテンツのはず!!多くのルボラン読者が「今月はラッキーだ!!」と思ったのも束の間・・・え???な内容にびっくりしました。さすがは福野さんですね。ニヤリ。

  そりゃないっすよ福野さん!!確かに期待する方がバカなのかもしれないけどさ・・・庶民がかなりリアルに「夢見る」ケイマンですよ!!この衝撃は是非実際に読んで体感してほしいですし、ここではネタバレを防ぐために詳細は書きませんけど、ケイマンのレビューでここまでショッキングな内容は、他の凡百なライターでは絶対にありえないと思います。まさかこんな手法でポルシェとVWに中指を突き立てるなんて!!福野さん以外が書いたら速攻でお蔵入りですね・・・。

  果たして狙いはなんなのでしょうか?素人にはその真意はわかりません。水平対向エンジンを積んだスポーツモデルとして登場したトヨタ86/スバルBRZが、ポルシェケイマンを超えることを目指した!!みたいな触れ込みを受けて、このブログでもしばしばネタにさせてもらっている某ライターが、テストで好き勝手に言ってます。 この人は、とにかく結論ありきですから、動画を見るまでもなく、予想通りに「ケイマンとBRZではまだまだレベルが全然違うよー!!」と言う話なんですけども・・・。


  福野さんのレビューが絶対に正義というつもりはないですけども、清水さんと福野さんでは見ているものが全然違うんだなーということがわかります。清水さんはしばしば「二律背反」という言葉を使いますが、この動画の中でもポルシェがケイマンにおいて「魔法」を使って「二律背反」のジレンマから抜け出していると表現しています。それに対して福野さんの評価ではケイマンよりもアウディTTの中に「走り」と「乗り心地」の両立が見られる!!と断じています。思わず「清水さんは間違っている!!」と鬼の首を取ったような気分になりますが、ポルシェの「魔法」について他の人が語っているレビューを見たことがあるので、清水さんにも一理あるのだと思います。

  ポルシェ研究家で知られるポール=フレール(故人)は「乗り心地」と言う表現はしていなかったですし、Top Gearのクリス=ハリスもポルシェのレビューで「乗り心地」という概念を見たことはないのです。これはもしかして日本の評論家に特有の表現?じゃないかと思います。これが原因かどうかわかりませんが、ポルシェと日本人評論家の組み合わせはどうも相性が悪いですね。誰かが「911こそピュアスポーツ」だと言うと、他の誰かが「911の成り立ちはスポーツカーではない」とディスる。「最新のポルシェこそが最良」という建前に対して、唾を吐きかけるかのように「997や991の瑕疵」を指摘する自称辛口が現れたり・・・。そしてまさかの全モデルターボ化に踏み切ったポルシェに対して、突如として口を塞ぎはじめ、「絶対評価」を下さないまま保留して、他の人の様子をうかがるチキンライターが多い・・・(偽物どもが!!)。

  なんだかアンタッチャブルな存在になってしまったポルシェ。これに対してガツンと鉄槌を下した初の日本人ライターが今回の福野さんかもしれないです。しかもドイツ車が大好きな読者ばかりの「ルボラン」で堂々とポルシェをディスるなんて・・・。ドイツ車への畏怖なんて全くない私が読んでも、非常にエキセントリックな内容でした!!けど今も福野さんの意図がハッキリとわかりません。ポルシェの神格化を否定する!!なんて素人ブログレベルの主張ではないと思いますが、「ポルシェ!!バイバイ!!」と時代の推移を保守的な読者に説いたわけでもなさそうです・・・。

  ケイマンなんて何も喋ることないです!!とばかりに、本稿に全く関係ない車がポルシェを圧倒するほどの素晴らしさを持っている!!と延々と語っています!!(なんじゃこりゃ!?)。とにかくケイマンでもTTでもないドイツ車でもない車を大絶賛しています。しかも「ポルシェごとき」がどれだけ頑張ってもこのクルマを超えることはまず無理だろう!!というくらいのテンションが伝わってきます(熱いな!!)。よっぽど癪に触るポルシェユーザーがいて、そいつに対する単なる当てつけなのか!?そこまで疑ってしまうくらいに徹底的に見下されたケイマン・・・手頃な高級スポーツカーだと思ってたのになー。


2 件のコメント:

  1. どちらも乗りましたがケイマンとBRZじゃあ月とスッポンです。サーキット走行する人なら。街乗りじゃあどっちも変わりませんよ。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます

      福野さんはコルベットとケイマンでは月とスッポンと書いてます。
      サーキットとは、クルマそのものではなく『腕』だと思うんです。
      クルマを仕上げるという意味も含めて。
      BRZのコンセプトとか考えないS水さんはやっぱ足りねーなって。

      削除