2017年10月22日日曜日

国沢さん(ユーチューバー)と新型シビック・・・



  大方の予想通りユーチューブのコメント欄は大荒れです。ツッコミどころをたくさん作って炎上させるのがこの方の基本戦略。「シビックが300万円なんて論外だよね」っていう確信犯的コメントに「ヤラレター」って思いつつ反応しているクルマ好きが多そうです。北米Cセグは今では4600mmオーバーが当たり前ですから、BMW3シリーズと同じ大きさなので、300万円なら割安感すらありますけどねー。

  「アメリカでは500万円のクルマが月に100万台売れる!!」とか言っちゃってます・・・少なくともこの部分には訂正字幕を入れておくべきじゃないっすか? コメント欄になんでコイツが評論家なんだ?とか書かれてますけど、視聴者をナメすぎてますよ。

  調べれば誰でもわかりますけど、国沢さんが500万円台と言っているのはおそらくピックアップトラック3車のことで、この3台の合計は月にせいぜい20万台です。あと80万台はどこから出てくる?レクサスとドイツ御三家を全部足しても10万台程度ですし、アメリカのBMWって320iは300万円、530iでも400万円程度。まあ素人相手に話を盛っているわけですが、ここまでテキトーだと批判されても仕方ないよなー。

  司会進行の棒読みくんが「昔のホンダと言えばNSX?」などと不用意に発言すると、国沢さんの目が一瞬怖くなる(明らかに威嚇している)。ホンダ>フェラーリを実現してしまったバブル期の日本車の輝きにここで触れてしまうと、そもそもこの企画自体が成立しなくなるからヤメろ!!と訴える視線でしたね・・・。

  360モデナとNSX-Rの中古車価格を比べれば、もう不毛な優劣議論は不要です。結局のところはサラリーマンでも買えるのはどっちだよ!!って話なんですけども、国沢さんの息がかかれば、そんな過去はすっかり塗りつぶされて、「ホンダも昔はちょっとはスポーティなモデルもやってたんですよ!!」といった程度になるんですね(嘘は言ってないけどさ)。ある意味スゲー。これがまた情けないくらいにクルマの価値がわかっていないクレイジーなオッサン世代の『民意』をうまく汲み取っているわけですよ。

  「ホンダじゃ欧州車には勝てねー」って言いたい気持ちはわからないでもないですけどね。自動車メーカー最後発で昔は軽くバカにしていたホンダがフェラーリと競うなんて!!団塊世代がオリックスや京セラは認めたくない!!という心理に近いのかも。しかし日本が認めなくても、70年代以降ホンダは世界からまさに「引っ張りだこ」です。その技術を分けてくれー。日本でも人気の輸入車MINIも元をたどれば、ホンダの技術供与に行き着きますから。国沢さん世代が偏見を持っていくらネガティブキャンペーンをしても、アメリカじゃ他国のメーカーが「ホンディ」と名乗ってまでクルマを売っています。

  ちょっとゾッとするかもしれないですが、2000年代にたくさん書かれた自動車本の中には、ホンダがフェラーリに完全勝利した!!とセンセーショナルに書き立てるものも結構ありました(いくつか蔵書があります)。気がつけばフェラーリをバカにしたライターは次々と干されていき、ホンダが何をしたってフェラーリには勝てない!!というセレブなフェラーリオーナーに好かれそうな主張を繰り返してきた、国沢、西川淳、清水草(敬称略)と行った面々が生き抜いていますねー。

  この「自動車ライターの法則」を完全に理解している国沢さんの「生き様」自体は、誰に批判できるものでもないなーと思うのです。「カネを持っているヤツが喜ぶことをやれ!!」これは自動車ライターだけでなく、自動車メーカーや芸能界などあらゆる産業・職業で不変の原理(資本主義の原理・拝金主義)なわけです。

  自動車評論家としてベストカーで執筆する国沢さんは「これおかしくない?」という批判に対して説明する責任はあるけど、ユーチューバーの国沢さんならそんな義務はない。視聴者はテレビで芸能人が話を盛っているのと同じだな・・・とわきまえる必要があります。・・・が国沢さんの場合は、ユーチューバーの時の方が全体的にまともかも。ベストカーの国沢さんの最近の記事全てを簡単に要約すると『KYBはダメ!!』=トヨタ、日産、マツダなどが該当。・・・というなかなかの暴論です。最近では欧州ブランドでの採用も増えているのになー。

  もっとも他のライターが最近の欧州車の良さを見つけるのに苦労している中で、国沢さんは『ダンパーなら欧州が上!!』という「聖域」を発見しただけ優秀という見方もできますが。国沢さんが今後どのメディアでご活躍されるかわからないですけども、まあ総じて「マジメ」だなって印象は受けます。他のライターのやる気のない仕事ぶりに比べれば・・・ですけど。いつまでもお元気で頑張って欲しいものです。

最新投稿まとめブログ

2017年10月6日金曜日

日本メーカーをフルボッコ!!NMMXがもう絶好調ですわ。

牧野さんが吠える


  『ニューモデルマガジンX』の11月号ですが、なんかこの雑誌は再び勢いが出てきましたねー。この雑誌で毎回真っ先に読むコーナーは、覆面でもオッサン漫談でもなく「牧野茂雄連載」です。なんか今月は異常に暑いです!!牧野さんがまるで衆院選に出馬する!?みたいなノリで世界情勢を煽りまくっています。EUから中国・タイに飛び火した『EV化宣言』の裏事情を暴きつつ、今回の衆院選では「脱原発」が実は最重要課題なんだ!!と熱弁。

  改憲・国防ばかりが注目されていて、政権を狙う両会派の違いがわかりづらくなってますけども、一番大切なのは「脱原発」なんだ!!ってことが候補者も有権者もあまりよくわかっていないんじゃねーの!!ミサイルが飛んで来ても大ごとですけども、EU・中国主導で自動車産業のスタンダードが作られてしまったら、日本は世界から静かにフェードアウトして、中国の自治区の一つとして圧政と混乱に包まれるようになる可能性もあるんだ!!ってことわかってんのかー!!このハゲー!!

  HV、FCV、ディーゼルがことごとく崩れれば、トヨタ、ホンダ、マツダも無傷ではいられないし。スバルやスズキは直近の好況感に包まれて危機感はない・・・と、牧野さんは言いたいのだろうね。いやーさすがです。

レクサスはもう終わっている!?


  さて日本メーカーが次々と叩かれます!!ターゲットは・・・レクサス。アメリカでも日本でもいつの間にか「イケてない」ブランドになった!!という話を、西川淳さん連載と別の特集で過激に書き立ててます。これレクサスオーナーにはつらいなー。なんか読んでいると、とても文章に勢いがあるので、「ん?」って思うところもあるけど、まあ今の「レクサス」が相当にイケてないこという結論自体は納得できる。とにかく全てが裏目に出たような感じ。開発者にもあまり創意工夫を感じないところも確かに問題だよなー。

  例えばレクサスNXとか幾ら何でも高級車オーラが無さすぎるって!!ジャガー・ランドローバーやメルセデスが日本で売る「魂」の込もった作り込みのSUVと比べて・・・いやいやこれは比べることがすでにおこがましいレベル!!NXってこれ本当にレクサスなの!?実際のところCX5や今度登場する新型CR-V、フォレスター、普通車版ハスラーと比べて「どーかな!?」ってくらいの質感なんだけどさー。

  やはり高級ブランドってのは、ユーザーをどれだけ想定しているか!?だと思うんですけども、NXやISのターゲットって完全に背伸びしたパンピー。レクサスもその事実を隠そうともしないふてぶてしさ。そもそもレクサスが日本に導入されて12年ですが、一番印象深いクルマは、(LFAを除けば)真っ先に投入されたV8搭載のGSで、それ以降はまともに欲しいクルマが出てきていないよなー。(若者目線ですが)ストリートの頂点に君臨した2JZを積んだアリストから、セルシオのユニットに変わったGSになって「ザ高級車」って感じでしたね。イラク戦争前はまだまだハイオク98円くらいだったし。

  くだらない接客文化を持ち込んで、ミーハーで背伸びする人々の消費意欲を掻き立てた!?その結果が、思った以上にリピーターが増えずに右肩下がりになってます。誤解されると困りますが、もちろんレクサスの接客は素晴らしいですよ。試乗をしに行って「飲み物のお代わりいかがですか?」とか言われてオシャレな喫茶店みたいに、薄い字で書かれたメニューとか出されるとちょっと焦るけど。カモミールティーとか本当は好きだけど、外出先では飲まないし(注文できない)。やはり価格をメルセデス並みにするならば、本物のユーザーを集めないとさ・・・。


マツダはやっぱり貧乏臭い


  次のターゲットはマツダ。SPCCIはようやくすると「燃料をケチるエンジン」。いやーさすがの煽り文句です。「俺たちは業界ナンバー1だ」とやや調子に乗っちゃっているマツダの鼻面にグーパンチを決めちゃってます!!それにしても今のご時世に燃料をケチらない新開発エンジンなんてあるのか!?そんな細かいところは、まあどうでもいいんです!!メルセデスがリーンバーンを始めれば「画期的な新技術」。マツダはこのリーンバーンを極限まで追求するから「ケチ臭い技術」。マツダ地獄の分際でメルセデスもどきのエンジンを作るなんて身の程をわきまえろー!!ってことでしょうね。


カムリHVはエンスー要素ゼロ


  もちろん新型カムリHVにも。見どころのない「普通さ」に対して、アメリカでアホみたいにたくさん走っている「食パン」に過ぎないのだからさ・・・。世界でもっとも洗練されたクルマだけが成功できる日本市場で、「セダン復権」の旗手になる!!っていう違和感に西川さん、斎藤さん、高平さんは全くついていけないみたいです。なんだろなーガリガリ君がパッケージを変えただけで「プレミアムアイスクリームに革命を起こす!!」と宣言しているみたいなものか!?お前は所詮は氷菓だろ(アイスクリームですらない)・・・。



WRX・S4はわざと性能を落としている!?

  スバルの年次改良にも言及しています。覆面座談会では、STIに使われる旧型のEJエンジンに対して、S4に使われる新型のFAエンジンのレスポンスがどうも良くないとのこと。ヒエラルキーを守るためにわざとFAエンジンの性能を上げようとしていないのでは!?おーすげーな、ここまできたらスバルにとっては、もう言いがかりのレベルじゃないか!?いやーこれでこそ覆面座談会ですね。ポート噴射のEJよりも直噴のFAの方が絶対に上だ!!

  今どきポート噴射なんて使っているのは、旧型エンジンか、日本やアメリカの高級車くらいで、欧州ブランドでは直噴ターボが当たり前になっています。スバルはいつまでポート噴射使ってんだよ!!おい!!ってのが根底にはあるのかも。なんかマガジンXの勢いが凄いので、なんとなく納得してしまいがちですけど、・・・これはさすがに違うんじゃないかなー。

  ファンならスバルの言い分もよくわかるはずだよ。ポートから直噴になって、BMW、メルセデス、マツダ、スバル、日産(スカイラインターボ)のどれもがレスポンスはイマイチになったよーな気が・・・。古くはアルファロメオが直噴化で一気に人気が失墜しましたっけ。


そして、ルーテシアRSは5つ星


  色々なコーナーが雑居して、各々が好き放題に主張しているにもかかわらず、気がつけば大円団。巻末に近い覆面座談会ではルーテシア・ルノースポールをべた褒め。何がそんなにいいのか!?(ノートNISMOじゃダメなのか!?)。自動車保守勢力が結集できる「神輿」らしい。

  なるほど。「世界的EV化の波」「安易なプレミアム化」「SPCCIへの警戒」「グローバル&高機能セダンの拡販」「直噴ターボの価値の失墜」とおそるべきことが続々起こっているけども、その全てに対して強烈なアンチテーゼを発している、このフランスのローテク国民車のハイスペック版に拍手を送ろう!!

  VWゴルフの調子がイマイチですが、欧州ではゴルフに次いで2番手の地位をしっかり固めているルーテシアは、今や欧州車の切り込み隊長。1.6Lターボで最高出力がでるのが6000rpmオーバーという大衆向け欧州車のエンジンとしては久々に出色の出来。いかにもニューモデルマガジンXらしい「推しマシン」の発見じゃないですか!?このルーテシアRSは、S60ポールスター、ゴルフRと並んで『3大欧州グレートマシン』としてこれからも日本車を徹底的に批判する材料として使われそうです。マガジンXはやっぱりこれだね。




最新投稿まとめブログ



2017年9月24日日曜日

カーメディアはとうとう死んだのか・・・!?

いきなり引用から失礼します。

「可変ギア比ステアリングと聞くと、新型車に乗るぞ、と華やいでいた気分が暗転する。ホンダS2000に採用されていたVGSからBMWの先代E60系5シリーズを経て、メルセデス・ベンツの現行W212系Eクラス前期型と、それを飛び道具として喧伝する車種の市場が続く年月のうちに、自然に頭の中にその回路が出来上がってしまった。」
(MFI・vol91より)

  ちょっと前のレビューなので5シリーズ、Eクラスはそれぞれ先々代、先代になっています・・・なんて細かいことはどーでもよくて、ホンダ、ベンツ、BMWに喧嘩を売る一文から始まる舌鋒の鋭さ!!その内容の評価はともかく、こんな刺激的で痺れるレビューを最近では全然見かけなくなった・・・。ちなみに引用させてもらったレビューの書き手は、福野礼一郎さんと思った人もいるでしょうけど、・・・そーです沢村慎太朗さんです。

  毎月これくらいの刺激が欲しくて福野礼一郎さんの連載があるMFI、ルボラン、A-CARをせっせと買う熱心なファンもいるでしょうけども、最近の福野さんもなんだか「お茶を濁す」レビューが多くなった。最新のMFIのアウディA5レビューでも、なんだかプリウスかインプレッサを語るようなローテンション・・・これこそが「無言の鋭い舌鋒」なのかもしれないが、それならば・・・乗用車としてはプリウスと同等、スペシャルティカーとしては失格!!くらいに結論してくれればいいのに(国産車に対してはそれくらい書くのかな!?)。

  そんなにメーカーやそのブランドのファンが怖いのか!?確かに私もブログでBMWのディーゼルエンジンに苦言を呈したら、どっかのオッサンに「法的手段を講じるからな!!」と嫌がらせのコメントをもらったことがある。「エンジンがうるさい!!」って感想を述べただけじゃん!!それに日本車は平気で批判されているのに、なんでBMWだと法的手段なんだ!?

  最近では名誉毀損の意味を履き違えている奴が多い。テレビ局に勤務している人や、芸能人が、企業の癪に触る言動をしたら、広告から撤退されたり、契約を打ち切られたりする「懲罰」を、一般人の「商品評価」にまで拡大適用しちゃってます。そんな頭の中お花畑のオッサン達が働いている大企業ってヤバいよね・・・。

  

  福野さんの連載では、多少BMWのネガティブな面を書いたら、その2倍くらいフォローしてピリピリした読後感が残らないようにしてますね。ピリピリはしないけど読者はモヤモヤはする。沢村さんの単行本が売れるのは、読者にモヤモヤだけはさせない!!というポリシーがあるからだと思うんですよ。

  とにかく沢村さんは大風呂敷を広げる!!どっかのメーカーのわずかな仕様変更を、プレスリリースの説明をスルーしてその「本当の意図」を考えるって、相当なクルマ好きならやっていると思いますが、そんな「考えるクルマ趣味」の最も優秀な講師が沢村さんです。福野さんも本来は読者を置いてきぼりにするくらいの大風呂敷を得意技にしているんですけども、3つの連載はもう完全に日和ってますね・・・。

  カーメディア全体が『センセーショナルな古典的』レビューを避けているんでしょうか。広告主の意向を受けて説明レビューを書くだけならば、雑誌媒体で読者からカネを取るビジネスモデルには無理があるんじゃないの!?業界ナンバー1のベストカーは水野さんと契約するなど、必死に「価値」を保とうとしてますけども、「オートカー」のようにフリーペーパーか情報サイトになるのも必然の流れなのかも。


  また一方では、沢村さんのような難解なレビューは、ハードルが高すぎて多くの読者に伝わらないから、もっとわかりやすく書け!!って指令がライターへ飛んでいるのかも!?例えば最近のK沢さんのレビューは、「ザックスのサスだから乗り心地がいい!!」「国産のサスだからイマイチ!!」というAIでも書けそうなレベルのチョロいルーティンだけでレビュー書いてます。これはレビューという名の「ステマ」っていうんじゃないの!?

  カーメディアもカーメーカーも「小粒」になってきたかな〜・・・。『えーそんなことを考えてたの!?』という、誰も考えなかったようなスケールの大きな展望を描くライターもいなければ、中長期的に「歴史に名を残すクルマを作ろう!!」というメーカーも・・・ほとんどない!?

  最後に個人的な意見ではありますけども、「ポルシェとマツダ以外はもう要らない!!」ここ10年ぐらいその想いをだんだん強くしてきました。自動車生産がこの世から終わる最後に生き残るのはこの2つのメーカーであってほしい。そのためにもその両社に見合ったスケールを持つカーメディアが必要じゃないか!?



最新投稿まとめブログ

↓福野さんが「神がかって」いた頃の名著




2017年9月15日金曜日

「日本車の原価はホント安い!!」ってマガジンXが・・・。

  いきなり引用です・・・『身も蓋もない話になるけど、日本車の原価は本当に安い。べつにプレミアムカーだけを売っているわけでもないのに、欧米メーカーに比べて売上高営業利益率がこれだけ高いというのは、いかにコストをケチっているかということだよ』

  ほー・・・安いということは、日本車は低品質な部品で作られている!!もっとコストをかけろ!!と言いたいのだろうか!? サプライヤー幹部の心の叫びだとしたら理解できるけど、そうじゃないとしたらこの発言者は、牧野茂雄著「ニホン車のレシピ」でも読んだ方がいい。それでも「実際に安いものは安い!!」って開き直るかもしれないけどさ。その低品質だという部品で作られたニホン車に、USNCAPでもJNCAPでも全く歯が立たない輸入車ブランドってなんなの!?素材は高級だけど作るのが超絶に下手なの!?

  ドイツ車のエンジンは50万円。日本車のエンジンは5万円。・・・とか具体的な数字が出ているわけではなく、還暦の覆面ライターが『インプレッサXV』の座談会レビューで呟いた一言です。その根拠は・・・クルマは安いのにあんな利益率が出るわけない!!だってさ。ここ数年10%超を叩き出しているスバルの利益率を差してるんだろうけど、日本車ってそんなに安いですか?ドイツでは3シリーズとレヴォーグの価格(約30000ユーロ)はほぼ同じくらいですが・・・。

  アメリカでBMW・M3を買えば500万円くらいですが、タイでシビックtypeRを買うと900万円もします。ブラジルでのトヨタ・カローラの価格や、スイスでのインプレッサAWDの価格などいくらでも例外的な価格設定を行う例はあります。そもそも欧州で6000ユーロ程度(70万円)でクルマを売っているのはもっぱら地元メーカーだろ!!いくら還暦前後のオッサンライターといえどもこの辺の知識が欠けているはずもなく、意図的に情報操作が推定されます。どうも信用ならない奴らだなー。

  確かに事実をそのまま書いても(年配の)読者は盛り上がらないですから、輸入車が好きな読者向けのパフォーマンスなんでしょうけども、まっとうなカーメディアを装って書くならば、素人のブログで叩かれることも覚悟すべき。とにかくニューモデルマガジンXの覆面座談会は「?」ってことが毎回のように出てきます。

  別にM3の方がシビックtypeRより安いケースもあるよ!!ってことではなくて、要は「価格」ってのは市場によって当然にばらつきがあるものだけど、なぜにニューモデルマガジンXのライターは「日本車の原価はホントに安い!!」と執拗に書くのだろうか!?

  まあ実際に日本メーカー各社が使う部品は安いのだと思います。それは決して性能が悪いからではなくて、価格競争が激しく行われているから。カーメディアは誰も言わないですけども、メルセデスやVWに使われている部品の多くはトヨタが提示する基準を
満たせていないと言われています。

  世界で一番厳格な基準を用意するから、トヨタ車は品質において世界の頂点に立つことができるわけです。噂によるとマツダ、スバル、ホンダではOKな部品でもしばしばトヨタの基準はクリアできないらしい。20万キロを余裕で走りぬくトヨタエンジンは決して偶然ではないのです。

  ニューモデルマガジンXのライターが言うように、確かに額面ではニホン車の原価が安い!?と受け取れるケースもあるでしょう。だから間違いではない!!と本人は開き直るかもしれない!!そしてこの記事を読んだ全ての人が、実際にニホン車の原価が安くでも、素材が悪いわけでもなく高品質なクルマを作っていることは間違いない!!と認識して笑い話で済んでいるなら、これをネタにした私は「お門違い」だと認めます。

  しかし一人でもこれを読んで、「ニホン車なんて原価安いからなー、燃費以外は全然ダメだね!!」なんて呟く人がいるならば、やはりニューモデルマガジンXへの抗議を含め、日本のクルマ好きの「良識」をブログを通じて発信すべきだなーと思う次第でございます。


  

最新投稿まとめブログ


  

2017年9月11日月曜日

CX5AWDの性能は『世界一』だとK沢さんが太鼓判・・・

  この前のベストカーでSUV特集が組まれていて、まあとにかく『XV』と『CX5』を絶賛するというヨイショ企画だなーとか思いながら読んでました。どちらもいいクルマなのはよくわかるんですけど、スバルやマツダを持ち上げる時は、なぜかドイツ車はでてこない・・・。

  AWD性能を比べるとなると、ドイツと日本では気候的な条件が違うのでフェアじゃない。トヨタの国内専売モデルをドイツのアウトバーンでの250km/h走行でのテストを行うみたいなもので、「燃費が強烈に落ちる」「200km/hまでしかでない」「接地感なし」とか散々に言われてしまうのが目に見えている。日本メーカーがそれぞれ自社設計している自慢のAWDシステムを持つSUVの中に、メルセデスGLAが参戦したら・・・。

  メルセデスの『4MATIC』はFRベースがマグナ・シュタイアー製(オーストリア&カナダ連合)で、FFベースがハルデックス(スウェーデン)で、それぞれにAWDの需要が高そうな国に本拠を置くサプライヤーに委託しています。ハルデックスのセンサー・オンデマンドは、コーナー手前で雑にブレーキングして滑らせると、リアに急激にトルク配分されアンダーが出やすいとか指摘いう「都市伝説」がありますけど、どーなんでしょうか?

  特集記事の中で、K沢さんは「私は毎シーズン1000km以上も全面スノーを走破するから、AWDの性能にはうるさいですよ!!」と、ちょっと新潟とか富山の人がざわめくような一言。確かにAWDの真価を知りたかったら、もっと雪道をしっかり走りこめ!!ってこと何でしょうけども、わざわざ雪国に走りに行って、幹線道路で走行不能とかに陥ったら相当迷惑じゃね!? 

  数年前に、雪が積もった一本道をスタックしたクルマに塞がれて、泣く泣く引き返したことがありました。まあ雪道なら・・・とは思いましたが、道を完全に塞いでいるクルマがアルテッツァだったので、ちょっとやるせない気持ちになりました。FRで出張ってくんじゃねー。全国の警察に配備された新型覆面がマークXスーパーチャージャーって・・・雪になったら出動できないじゃん。雪道だとスピード違反はいないってことか? じゃあ所轄のクラウンはなんなんだ!!(数年前からレガシィB4が多いみたいですけど)

  もう還暦なのに、「雪道を走りこまない雑魚ドライバー!!」くらいの上から目線を炸裂させる元気なK沢さんが、ス◯ルの大ファンに喧嘩を売るかのように、「雪道走破のAWD性能で世界一なのはマツダCX5」だと断言してます。当然にス◯ルな人々からは、ス◯ル、日産、スズキ、三菱、マツダの『国産AWD五傑』を徹底的に乗り比べた上での話なんだろうな!!って疑問が出てくるわけですが・・・。

  確かにス◯ルのAWD性能検証動画では、必ずと言っていいほど相手はトヨタとホンダばかりだなー。あとはメルセデスとかBMWとか。下の動画もそうですが、とにかくス◯ル(のファン)による情報操作はどーなんでしょうか!? AWD性能以外にもSNGPを使ったインプレッサが出てくるまでは衝突安全性とか低かったんですけども、数年前のアイサイト発売とともに「衝突安全性も高い」かのような誤認をさせる情報が氾濫し、日本車ではスバル!!みたいにいうオッサンが私のブログのコメント欄にしばしば現れました。USNCAPを見ればホンダ&マツダが上だとはっきりわかるんですけどねー。



  K沢さんの今回の特集は、そんなス◯ルにやや嫌悪感を感じていた人々にとっては「なかなかいいこと言ってるかも!!」・・・なんですが、せっかくだったら、雪道を毎シーズン1000km以上走っていると豪語するならば、そしてマツダCX5が『世界一』だと断言するならば、ジープ、ランドローバー、ボルボ、BMW、メルセデス、アウディを含めた日本で販売される主なAWDを一堂に会して、「モーターファンイラストレーティッド」も真っ青になるくらいの『AWDシステム論』を完成させてほしいですねー。今後のK沢さんのさらなる奮闘にちょっぴり期待したいです。


最新投稿まとめブログ

↓この号「AWD特集」は別格に内容が充実!!今もブログ書くときに重要な参考文献にしてます。

  

2017年9月3日日曜日

沢村慎太朗著「午前零時の自動車評論13」

  沢村さんは相変わらずの通常運転なんでしょうけども、読み手が頭に描いている自動車業界の概観をあっさりと変えてしまうくらいの「深さ」がありますねー。このライターの鋭い面が如実に現れた1冊だと思います。

  カーメディアとは、実際にどれくらいユーザーに影響を与えるものなのだろうか!? 例えば「カーアンドドライバー」という定番の自動車雑誌は、それほどアクの強くない良識派の自動車ライターを動員して毎月20台前後のレビューを掲載しています。読んでもそれほど印象に残ることはないですけどねー。この雑誌の味噌は、レビューではなく国内外の自動車業界に起こる出来事を淡々を解説するコーナーが充実している点で、他のカーメディアとは一線を画した「業界新聞」的な雑誌として安定した人気を誇っています(日経的な視点なので純粋なクルマ好きにはあまり響かないかも)。

  それとは真逆の「ゴシップ」雑誌のアプローチで発行部数を維持しているのが「ベストカー」で、こちらの方が寝ても覚めても「クルマ」という人種にとっては読んでいて心地がいいかも。とにかく書いてある内容が表面的で薄っぺらいので頭を使わないでスラスラ読める。またカーアンドドライバーがあらゆるブランドに対してフェアーな姿勢を貫くのに対して、ベストカーでは徹底して「フィルター」をかけ、これによって自動車業界を『ヒーロー&ヒール』に区分してエンターテイメントに仕上げています。一言余計なことを付け加えると、その『区分』が還暦のオッサンたちの脳裏に淀んでいるノスタルジーに塗れているので・・・読んでるだけで寒気がする。

  沢村さんの評論の素晴らしいところは、「カーアンドドライバー」の健全でワールドワイドな視点を常に念頭に置きつつも、「ベストカー」のように、複雑な自動車業界を「単純化」してわかりやすくエンターテイメントに仕上げる強引さも持ち合わせているところです。カーアンドドライバーのように「為になるけどつまらない」とか、ベストカーのように「笑えるけど薄っぺらい」とか、そんな中途半端なジャーナリズムでは満足できなくなってしまった末期的な人にはオススメです。




  自動車のジャーナリズムってのはもちろんどんな読み手を想定しているかによって、大きく変わるものですが、沢村さんがその『本気』とやらを届けたいコアな層ってのは、もはやリアルな私生活では、殻に閉じこもった存在なんじゃないかと思います。クルマへの憧れと理想像を捨てないで持ち続ける・・・そんな情熱を内側に灯しつつも、周囲にはそんなそぶりは見せない。もはや日本市場で販売されるクルマの99%は自分の理想とは程遠い存在に過ぎない。そしてベストカーを読んでK沢さんのレビューに同調してクルマに熱くなっている輩は・・・もちろん軽蔑。

  週末の早朝や深夜に近隣のワインディングに繰り出して、いくらか自分の理想を具現化できている(納得できる)愛車を転がして、その絶妙なフィールを絶えず追求しつつも、「この前乗ったレ◯サスのアクセルフィールはカスだったなー」とか余計なことを思い出します。・・・そんな世捨て人はどんなクルマに乗っているのか!?

  P10プリメーラ、S13~15シルビア、RX7FD3S、RX8、Z33、Z34、スイスポ、GGアテンザ、GHアテンザ、BLアクセラ、NA~NDロードスター、S2000、FTO、インテR、シビックR、アコードR、86/BRZあとはE46、406、407、156、159、ブレラ、147くらいですかねー。もちろんポルシェ、ロータスってのもありかも。

  調子に乗って列挙し過ぎましたけども、『AWDターボ』というフィールも何もすっ飛ばして速さを強調するマシンはスルーして、『日本的なRWDスポーツカー』と2000年頃に華開いた日本のハイソカーとドイツのGTセダンが合体したような、手頃なサイズで、車体感覚がつかめて色々な走り方ができる、『王道スポーツセダン/クーペ』の2種類です。

  「この頃のクルマは良かったなー」とかいう単なる回顧趣味ではないですよ。P10作った水野さんや、GG作った金井さんが、日本メーカーのプライドにかけて「世界最良」のクルマを作る!!と力強く語っていた・・・そんなひたすらにカーガイの「情熱」がクルマを育んだ時代は、もう完全に終わったんじゃないか!?・・・そんな自らが点てた仮説を、沢村さんの科学的なレビューを読むことで、ある種の『確認作業』ができるわけです。

  上にあげたような一時代前のクルマは、カーアンドドライバーではすでに振り返ることもないですし、ベストカーに至っては相変わらずに「欧州車の真似」「欧州車の下位互換」という安易な結論で終わらせるんですわ・・・。読者のために単純化しているんだろうけど、1日かけてドイツブランドを全部回ったって、理想に近いクルマには会えないのもまた事実なんだよなー。

  ドイツ車も日本車もダメ・・・という今の流れはどこかの時点で変わってくれるはず。アルファロメオ・ジュリアとシビックtypeRがいよいよ発売になったし。来年にはポルシェのより手頃なサイズの4ドアスポーティセダンが登場するとの情報も。感覚的にはどれが本物で偽物か、薄々はわかるんですけども、カーアンドドライバーにその答えを求めるのは酷ですし、ベストカーは相変わらずF30系が「ベストカー」だとかいうミスリードをしてますし、変化の時代だからこそ沢村さんの「感性」にまだまだすがりたくなるんですわ・・・。次も楽しみにしています。


最新投稿まとめブログ












2017年8月17日木曜日

東洋経済オンラインが・・・ランエボを語る

  ネットユーザーってのは良くも悪くも『なんでもあり』なんですよね。『東洋経済』という看板を掲げたお堅いメディアが、まるで2チャンネル掲示板並みに下世話なニュースを垂れ流す、このギャップがそれなりに地殻変動を起こしています。『ビジネスリーダーのための高級誌』イメージが。今では典型的な『庶民のネットメディア』の代表格といった感が定着しつつある天下の『東洋経済オンライン』。

  このウェブメディアで流れるニュースの中で目立つのが、社会的な問いかけがスッポリ抜け落ちている『貧困ルポ』。やばい人を晒してみんなで嘲ることで、社会はどんどん浄化される!!そこに下手な正義感を出した『問いかけ』は不要(読者がシラケる)!!バカに手を差し伸べても無意味ってのは、日本の政治的な世論が決断しつつあることですから、特別にネットメディアが世相を乱しているということではないと思います。下手に上から目線で問題提起を行うと、しばしば『偏向報道』と罵られる始末・・・。社会正義を気取って『体裁』を取り繕ったテレビや新聞といった既存メディアのあり方に限界が出てきているのか!?

  それとは全く別の話ですけども、単に読者の優越感を煽るだけのクソみたいな内容が多い=『低俗』という批判は当然だと思います。ネットの末端で恋愛経験ゼロの人々が、有名人の色恋やら破局やら不倫やらをあざ笑うだけの世の中ってちょっと寂しいよなー。ネットが作る架空の『優越感』に浸って自分が見えなくなっている人に対しては、ネットによる浄化作用は期待できないかも。電車にやばい格好で乗ってくるやばいオッサンだってネットくらい見ているはずなんだけどなー(何も起きてない)。女性はひと昔前と比べてかなり綺麗な身なりの人が増えた気がしますが・・・。これは偏見ですけども『東洋経済オンライン』もおそらく読者層のほとんどが『社会的』に底辺だと思われる『SPA!』とほぼ同じ層(ネットを見ても意味がない層)が見てるウェブメディアだと思われます。

  ちょっと前置きかが長くなりました。ヤフーのトップに『ランエボ復活』の話題が出ていたので、発信元がどこかはわからないままにクリック。どーせオートックワンかクリッカーじゃないの!?と思っていたら『東洋経済ONLINE』のロゴに思わず失笑です。どーせ、「クルマに興味ある」程度の一般ライターが、調べてきたどーでもいい誰でも知ってるレベルのこと書いているんだろーな!!と、なんとも失礼な先入観がむくむくと膨らみます。

  が・・・読んで2、3行でしたかね。あれ?これは案外にマトモだぞ。ちょっと期待がいい方に裏切られます。福野礼一郎さんや沢村慎太朗さんのレビューだと思って、高いハードルで読んでいたら、平凡だなー・・・くらいの印象だったかもしれないですが、なんと言っても『東洋経済オンライン』ですからねー。

  このウェブ版の読者を増やした初代の編集長は30代の若手で、私と同じ年齢の慶應卒のエリートの方なんですけども、その人の成功体験を綴った本が、何を言っているのか全くわからないし強烈につまらなかった!!それこそ「ジャンプ」しか読んでこなかったんじゃねーの疑惑が浮かぶレベル!!これじゃあ30歳前に出世街道を外されてウェブに左遷されちゃうよなー・・・そこだけ妙にリアリティあった!!

  しかし能力が必ずしも出世に結びつく訳ではない!!のいい例ですね。ビッグウェーブに乗れ!!世の中で威張っているバブル世代なんて丸々ビッグウェーブに乗っただけですから、そんな輩が舵取りしている企業の株なんて怖くてなかなか手が出せません!!Tみたいな安定志向の製造大手だって今後は泡のように消えていくよきっと。

  なんか話が脱線してしまいますが、『東洋経済』ってだけでもはや『読む価値なし』に分類している人も多いんじゃないの!?私もそんな一人です。なのでロゴを見た瞬間にブラウザーを閉じたくなりましたが、もしかしたらブログのネタにでもなるかなーと閲覧した次第です。どーせ間違いがボロボロ出てくるんだろーな。三菱がルノー日産グループ入りして、幹部がエボの復活に言及!!それからルノー・メガーヌRSの2Lターボが使われるのでは!?という憶測が広がっています。ベストカーやらニューモデルマガジンXやらでもダラダラと書いてあったりしますが、ネットメディアでは読者の反応もあって、『三菱のエンジンじゃないと意味がない!!』と真っ当な意見も・・・。

  つーか、ベストカーもニューモデルマガジンXもヤフーにコメントしている自称エボ好きもさ・・・お前ら別に三菱のこともランエボのこともなんとも思ってないだろ!?なんで2007年のエボX以降は開発が止まってしまったのか!?ってことを考えれば、単純に三菱の車体に三菱のハイパワーターボを積んてAYCがあればランエボ復活!!ってことにはならないことわかるだろ!!

  結論から言うと、ベストカーにもニューモデルマガジンXにも言及されていないレベルの話が、『東洋経済オンライン』の記事には書いてありました。もっともクルマ好きにとってはほぼ常識レベルの話ではありますけど。東洋経済オンラインが、自動車専門メディアと偽エボファンに対して、『4B11が載ればそれでいいのか!?お前らアホだろ!?エボって言った4G63なんだよ!!』と中指を突き立てています!!

  『4B11』はFCAやヒュンダイ・キアとの共同ライセンスの汎用ユニットだ・・・って話が出てきたあたりから、この記事誰が書いてんだ!?これは物書きは業界にはあまりいないレベルだぞ!!とざわめきが止まらなくなり、先にクレジット見るために文末へ。そこに書かれていた名前は・・・『森口将之』。

  やっぱりなー!!これだけバランス感覚に優れた記事かける人なんてほとんどいないよ(プロでは)!!しかもよりによってナンバー1の森口さんかよー!!東洋経済は、カネにモノ言わせて一流ライターに仕事させてやがるなー!!

  ちなみに独断と偏見で私が選んだ『バランス感覚に優れたライターベスト5』はこちら!!
森口将之さん・大谷達也さん・渡辺敏史さん・山田弘樹さん・武田公実さん
信頼できるライターと言ってもいいかも。5人中4人が『ティーポ』だな・・・。ただし『信頼できる』ライターのレビューってのはあまり面白くない・・・真面目過ぎるから。

 

最新投稿まとめブログ

↓こういうお仕事がバックボーンなってバランス感覚が優れているようです!!

2017年8月12日土曜日

清水草一と渡辺敏史・・・やっちまったな。(ちょっと過激です!!)

  少々敏感に反応しすぎかもしれないですけど、『これは無いわー』っていう連載記事に遭遇してしまいました。出所がそもそも悪名高い『ベストカー誌』なので、何が出てきてもとりあえずは驚かないですけど、かなり名の通った清水草一&渡辺敏史の両氏によるジョイント連載となると話は別。カーメディアにおいて一流ライターとされる人々は、それぞれに『コンプライアンス』があると思うのですが今回は思いっきり飛び越してます。

  ビッグネームの2人ですから、月2回刊行のベストカーにおいておそらく2番目にファンが多い『連載』だと思われます(一番は高い契約金を払っている元日産のあのオッサン)。タイトルは『エンスー解放戦線』というんですけど、まあとにかく懐が深い渡辺敏史さんと、頭のネジが一本ぶっ飛んでいる清水草一さんの組み合わせも絶妙で、どこまでも飽きさせない予測不能な対談はさすがです。

  こんな天衣無縫なクルマ談義をブログにでも収録して公開したら相当に人気出るはず!?メルマガ化して月300円くらいで毎週3台くらいダラダラと語ってくれたら多分購読します。清水さんが面白いのか!?渡辺さんが面白いのか!?は、読者の間でも評価が分かれますが、どちらも単独で単行本を出しているくらいに文章力のあるライター。どっちも気持ち悪いくらいに『カーキチ度』が伝わってくる。逆に巻末のカラーで扱われるテリーさんのコラムは『カーキチ度』が0%の偽物。

  で・・・清水&渡辺の両氏が何をやらかしたのか!?ちょっとこれは腑に落ちないな〜って回が。8月26日号の『ダイハツ・ミライース』・・・おいおいエンスーカーの企画に、国内で最も廉価な部類に入る軽自動車が登場ですかい。まさか、夏場で適当なクルマがないから穴埋めに軽自動車を軽く小馬鹿にしよう!!とかいうゲス企画なのか!?そーいう『BPO』抵触レベルの汚れ仕事は国沢、鈴木、渡辺(陽一郎)あたりの『なんでもやります』系の『当て逃げ炎上ライター』連中に任せておけばいいんじゃねーの!?

  いやいや、先日私も体感したダイハツの『本気』を、清水&渡辺の両氏もいち早く認識して、この企画に抜擢したのかも!?・・・という期待はあえなく裏切られ、
「(清水) エンスーな部分でミライースかアルトを選ぶユーザーって、たぶんいないよね」「(渡辺) 絶無でしょうね。」

  これは頂けないです。スズキ、ダイハツ、ホンダ、三菱がどんな思いで軽自動車を作って売っているか!?一流ライターなら絶対にわかっているはず。エンスーな輸入車の長所を強調するために、インフラ用にコストを考えて設計された日本製の廉価モデルの欠点(高速安定性とか)を並べ立てる『社会常識が通用しない人々』と同次元の馬鹿さ加減になってる。「日本車だと〜だけど、BMWは〜だ!!」みたいな、国沢及びクソオッサンライター連中が常套句として使っていて、そして全国の偽カーマニア達が真似して使っている、日本のクルマ文化の発展を決定的に阻害しているクソコメントと同次元になってる!!

  私が書いているクソブログにも、「日本車は燃費ばかり・・・」などなど現実が全く見えていないクソガキ(推定還暦前後)から、アホみたいなコメントをしばしばもらいますけど、こんなバカが偉そうにクルマブログなんて読んでんじゃねー!!認知能力が決定的に不足している輩がクルマに物申してんじゃねー!!まずは自分の頭で考えられるようになってからクルマのブログを読め!!バカども!!っていつも思ってます。

  清水草一さんはともかく、渡辺敏史さんはおそらくカーメディア業界きっての常識人だと思っていたのですけどね。・・・なんだろなー。特にミライースに思い入れがあるわけでもないのですが、なんか寂しい、裏切られた気がするんですよ。まだ国沢、鈴木、渡辺(陽一郎)が同じこと言ってたら、「この人達には社会構造が見えて無いんだな〜」って笑って流せるんですけども、清水草一&渡辺敏史クラスの一流ライターが声を揃えて『軽自動車はショボい』とか言っているのを見ているのは辛い。あーあ、これじゃあクルマ文化なんてなかなか育たないよなー。

  先日、ちょっとばかり丹後半島を観光した時に、先代のミライースをレンタカーで借りたんですよ。これが普段乗ってるクルマとは全然違うから、面白いのなんのって!!全く期待していなかっただけに、ダイハツってこんなにいいクルマ作ってたんだ!!って見直しましたよ。まずびっくりしたのが、壮大に入ってくるロードノイズ。エコタイヤってこんなにうるさいんだねー。確かにこれに比べればBMWのディーゼルなんて確かによっぽど静かかも。まるでシャシーに大きな穴が空いているかのように、外の音が入ってくるから、もうクルマというよりはバイクに近い!?

  それでも軽自動車って新しい『スマートモビリティ』の一種だと思えば、大抵のことは許せてしまうんですよね。ランニングコストも安いし、レンタカー代が抑えられるのも魅力。2人で高速道路を使わない地域を移動するならこれで十分だと思いますよ。・・・でそんな『用途が決められた乗り物』をわざわざエンスーなクルマを語るコーナーに持ち込んで、あれこれ余計な品評を加えるなんて、あまりにも鬼畜すぎるだろ。一流ライターとしてのポリシーを持てくれよ!!批判するならメーカーが『高性能』を売りにするクルマ(Cセグ以上)だけでやってくれ〜。シビック、アクセラ、インプレッサ、レクサスCT、オーリス、アテンザ、レガシィB4、スカイライン、アコード、カムリ・・・いくらでも輸入車の比較対象はあるだろうが!!



最新投稿まとめブログ

  


2017年8月1日火曜日

スイフトに『大きな拍手』という立派なタイトル、あれ!?やっぱり上から目線ですか・・・

  『web CG』でスイフトのフルHVのロングレビューが出てました。タイトルは「大きな拍手を送りたい!」だそうです。これまでのスイフトのイメージと逆行するHV化が、そもそも正直言って感触が全く良くない、と言うより食わず嫌いのレベルで敬遠されそうな新型スイフトを、どこぞの偉いライターさんがじっくり乗り込んで良い部分を存分に打ち明けてくれるのか!?そんな背景もあってタイトルからはとっても名レビューのオーラが漂っているのですが・・・。

  ほぼ理解されることはないであろう新型スイフトを、現在の苦境から救い出して、その状況を一変させることができる「インフルエンサー」は、日本のクルマ文化においてはプロ・アマチュア問わず、まずいないと思います。もし我こそは!!と思う人がいればチャレンジしてみる価値はありそうですけど。

  そしてさらにややこしいことに、新型スイフトはノートe-POWERを頂点に競争が過熱化しているコンパクトカー市場に置いて、その性能&コストパフォーマンスにおいて一級品にあるってことです。単純に『いいクルマ』という観点においては、同じBセグの欧州王者ルーテシアや、日本に愛好家が多いVWポロといったクルマさえも軽く上回っています。走りに関してはどれも甲乙つけがたい出来ですが、200万円以下でHVを投入してくる日本車のクレイジーなまでの『メカ主義』には欧州車が日本市場で立ち向かうのは無理です。

  『そんな事はない!!スイフトはまだまだ輸入車に及ばない!!」と反論したい気持ちもわからんでもないですが、それってやっぱりフェアではないです。『ミヤネ屋』で不倫&隠し子の宮根さんが今井絵理子議員の不倫を批判するくらいにフェアじゃない!!そもそも男性の国会議員だったら愛人の一人くらいは囲っているはず!!愛人を囲う人生をずっと送りたいと思うから、めんどくせー選挙活動で、頭の中空っぽの有権者とイヤイヤながらも握手なんかできるんじゃねーの!?そして中川氏みたいな連中は必死に議員ポストにしがみつくんだろうよ(考え方が古いか?)。

  ここ数日の報道を見ていて嫌悪感を覚えるのは、若い女性が国会議員を務めることに対するオッサン達の嫉妬。テレビに出ている人々は、あくまでテレビ用のコメントですから本心ではないのかもしれないですけど、報道の仕事でもなくヤフーに批判コメントを送ってしまう頭の中が超絶ダサいオッサンがたくさんいますよねー。これって自動車評論家が日本車に対して上から目線でモノを言いたがるのと同じ精神構造なんだろーな。ちょっとわかりにくいかもしれないけど今井議員=スイフトです。(一緒にすんじゃねー!!とおっしゃるスイフトファンは正論です!!)

  さてご立派なタイトルを思いついた森慶太さんですけども、レビューの中身はがっかりさせられっぱなしですわ。まったく悪意もなく内容を要約すると、
 『そもそも日本車は輸入車にはかなわないものである、だけどスイフトはその超えられない壁を必死で渡ってきている!!それはエンジン&モーターによるユニットの仕上げであり、CVTの質的向上であり、フラットな乗り味に置いて顕著である、新型スイフトに拍手!!』

  いやもちろんガチンコが信条だとおっしゃる森さんのレビューに『嘘』なんてあるとは思っていません。おそらくこれが本人がお感じになった全てであり、スズキとスイフトに向けた『大きな拍手』何でしょうけども・・・。しかしこれを読んでスズキの開発者は泣いて喜ぶと森さんは思っているのだろうか!? もしかしたらスズキの開発者は全員がドMで、これくらいに控えめな賛辞を送ってあげた方が喜ぶのかもしれません。あれだけのワンマン社長の元で仕事しているわけですから・・・全員がオサムさんの靴を舐められるヤツばかりなのかも。

  スズキの開発者はともかく、このレビューを読んだ一般人はスイフトという新型のクルマにどのような印象を持つだろうか?このレビューを読んだ直後に、試乗もなしですぐに注文を入れる人がいるだろうか? いや・・・むしろこのクルマが気になっていた人々の前向きな気持ちを折ってしまうケースの方が多いのでは。『大きな拍手』と言うタイトルを見れば、スイフトが好きなら思わずクリックしてしまうはず。そういう無防備な人々に浴びさせるレビューとしてはあまりにも猟奇的な内容だと思う。森さんのスイフトやスズキへの愛情がそもそも全くないことだけが明らかになった・・・『俺のアイデンティティは輸入車だ!!』という、その他大勢のポジショントークが大好きな自動車ライター業のオッサンと同じ主張以外の何者でもない。ガチンコライターの名が泣いている。


森さんのインプレッション


最新投稿まとめブログ


  

  

  

2017年7月17日月曜日

斎藤慎輔さんが辛口じゃなくなった!?

  イタリア・フランス車を中心に扱う月刊雑誌『ティーポ』が絶好調です!!面白い!!新型モデルが続々で話題に事欠かないようで、この数ヶ月の各号では『アルファロメオ・ジュリア』『アルピーヌA110』『アバルト124スパイダー』のニッチな話題をどの雑誌よりも多い情報量で伝えています!!去年の今頃にはベストカーかSPA!みたいな、編集部員が冴えない男目線で世の中のニュースを語るゴミ企画がけっこう多かったんですけども、世の中に不満だらけで『カネをくれー』とか言っているクズ野郎の記事じゃ雑誌にならない!!とやっと気がついたのかなー。

  PSAからは『プジョー3008』と『シトロエンC3』が相次いで発売されましたが、これまた最新の日本車が全て『鈍臭く』思えてしまうくらいに、作り手の情熱・センス・才能がほとばしるような見事な出来栄えです。このティーポもそうですが、とにかく輸入車を見境なく褒めちぎって、輸入車オーナー兼読者を一生懸命に気分良くさせるのが日本のカーメディアの仕事ですけども、やはり書いてる本人達が実際にそのクルマをどう感じているかは、さすがにテンションなど文面に滲み出てきます。中には憤りに耐えられずに、広告スポンサーの商品に苦言を呈する不逞な輩も!!(そしてスポンサーからNGを喰らう!?)

  それが『3008』と『C3』に関しては、複数のライターが揃って大絶賛です!!とにかく目新しいし、フランス車らしく柔らかいスタイリングが心地良いですね(日本車やドイツ車をディスっているわけじゃないです)。それでいてBMW、ボルボ、マツダが使っているトルコンATが装備されていたり、3008には上質なディーゼルエンジン搭載車も間も無くリリースされるようですし、C3はマツダやスズキに負けないくらいに軽量化をしてキビキビした走りができるように配慮されていて、しかも1830mmの車幅ゆえのフラット感もあるなんて!!なかなか素晴らしい個性の持ち主です。

  しかも価格は日本車よりもコスパがいいくらいです!!数年前に『黒船』とか言われたVWup!というモデルがありましたが、この3008とC3こそが本物の『黒船』じゃないですか!! up!はVW車というブランド的な価値だけで、機能面では日本の軽自動車にも完敗してしまうような「出来損ない」装備がたくさん見られました。なんて言っても『3Kカー』(3000ユーロの原価)ですから徹底的なコストダウン!!いやいや日本市場ではありえないくらいのコストダウンに走っていました。インドで40万円くらいで売っているのに、日本では150万円って!!流石に無理あるよ。

  VWの茶番はともかく、『3008』と『C3』は本当によく日本車を研究していてかなり『優位性』を意識していると思います。日本で勝てれば世界で勝てる!!日本とEUのEPA締結を見据えたかのような高いモチベーションを感じます。日本の大手サプライヤーを使っているから、スバルやマツダを相手にしてもコストも性能も引けを取らない!!むしろデザイン力の分だけユーザーには好評で、狙い通り『優勢』なんじゃないですか!?この2台はトヨタ4系列のディーラー網で『販促全開』で売ったら一体どれくらい捌けるんだろう!? 

  そんな幸せなオーラに包まれているティーポですが、雑誌の『顔』とも言える辛口コーナーを担当する斎藤さんが、どうも変調気味です(顔色が冴えないですよ!!体調が悪いのかなー!?)。最新の8月号ではランドローバー・ディスカバリー、VWゴルフGTI、スマート・フォーツー/フォーフォーと合計3本も斎藤さんのロングレビューが読めて『豪華版』なんですけども、この3本が何とも「気が抜けたコーラ」のようでした・・・。残念だなー!?読者は予想もしないようなところから降ってくる斎藤さんの激辛批評が読みたくティーポを買っているんですよ!!『マツダ・NDロードスター』や『BMW318i』を完膚なきまでにボロクソにした時のような抜群の切れ味を期待しているんですよ!!

  どーせつまらなくて誰にもオススメできないので、簡単に要約すると
『ディスカバリーは燃費が良くなったよ!!』
『ゴルフGTIは最もオススメのゴルフだよ!!』
『スマートは小さくて回転半径も3.3mですよ!!』
・・・なんじゃこりゃ!?ヤフーCAR VIEWの一言オーナーレビューかい!?
動画の達人(編集うまいですよねー)のK口Mぶさんでも、もっと中身のあること書くって!!

  ちなみに8月号にはテイーポが国際ジャーナリストであるK口さんから買い取った『アウディRS5』の試乗記が乗ってますけど、名言(迷言)が飛び出しています。450ps/61.2kgmの出力/トルクに最新バージョンの速く走る『クワトロ』が組み合わされ、GT-Rよりも100kg以上も軽いゆえに『体感加速』は相当だったようで、軽く『チビり』そうになった!?ようで次のように記載されています。(以下本文抜粋引用です)「そのパフォーマンスゆえ、アクセルのひと踏みでワープするかのように目の前の景色を歪ませるのだ。」(引用終わり)

  これはK口さん渾身のジョークでしょうからマジレスするのはどーかと思いますけども、それって日常的に高速道路で起こる『視界が狭くなる』現象じゃねーの!?一般道なら前方の複数車線に散らばる先行車のポジションをかなり先まで読んで、車線を選んだりしますけど、高速道路では2台前くらいまでしか『無意識』につかめなくなるのと同じ生理現象じゃないの!?これは伊勢湾岸道や新名神を何度も走って修行しないと克服できないですよー。

↓これだけ屈託なく喋れれば世界中のブランドから重宝されますねー。
 

最新投稿まとめブログ

2017年7月13日木曜日

ベストカーは覆面素人ライターによる詐欺的記事を使うのやめろ!!

  日本カーオブザイヤーの選考委員になっているライターがたくさん登場する業界ナンバー1の発行部数を誇る『ベストカー』。月刊のクルマ雑誌が相次いで消えている中で、唯一『月2回発行』を維持できるのは『講談社』の力が大きいようです。それでも出版不況の影響もジリジリとあるようですね。毎回読むたびに気になるのが、ある程度名前の通った有名ライターのクレジットが入っているものの、わかる人が読めば私のようなド素人が書いんじゃないのー?という『詐欺的』な記事が出てくることです。

  例えば最新の8/10号では、新型カムリ発売に合わせて、セダンに脚光を当てた特集が組まれていましたが、その中に出てくる「セダン復権のキーワードは『ここ』にある!?ベンツやBMWがセダン主流の理由」という記事がひどい!!「(欧州は)保守層が多いからセダンの人気が続いている」だってさ。ライターのクレジットには「片岡英明」とある。片岡さんといえば、複数の雑誌で仕事をしていて第一線で活躍する自動車ライターです。日本COTYの選考委員も務めておられます。そんな『超』がつくくらいの一流ライターがですよ!!欧州の「カンパニーカー制度」を知らないはずがないと思うんです!!

  片岡さんのような日本COTYの選考委員ともなれば、ドイツメーカーなどから国際的な試乗会への招待がたくさん舞い込んできて、毎月のように欧州や世界各地へ出かけて新型モデルに乗っているはず。セダンに関してはもう20年以上前から、欧州よりも北米や中国がメイン市場ということも当然にわかっているはず。これはもう完全に覆面素人ライターの仕事と断定せざるを得ません。ベンツもBMWも最新のセダンは中国で開発しているのに・・・。

  他にもプロライターでは絶対にありえないような内容が並びます。
『上質なセダンを生み出すのは簡単そうで難しい。〜中略〜ベンツやBMWなどのブランドは長い時間をかけ、名誉と信用を勝ち取ってきた。最近は進化の幅も大きい。』
・・・プロの自動車ライターだったらまずこんな抽象的な説明で済ませることは絶対にしないでしょう。もはやクルマ好きな小学生が言ってそうな内容です。アルバイトの大学生が書いてるのか!?一体どこの部分に『上質さ』を感じているんでしょうか!?

『日本のお家芸だった快適装備と安全装備も、(ドイツ車は)グレードに関わらず標準だ。』日本車では安全装備が標準では無いと言いたいのか!?北米IIHSの評価を見る限りでもトップセーフティの23車種の内で日本車は16車種でドイツ1車種ここまで徹底的に差がついています。セダンではアコード、シビック、アテンザ、アクセラ、カムリ、アルティマ、ジェネシスG90など、日本車と韓国車しか出てきませんけどねー。

  まるでドイツのセダンが世界で人気で、日本のセダンはどんどん販売台数が低下しているみたいな誤解を与える記事ですが、グローバルでのセダンの販売台数ならば、ドイツ車なんてハナクソみたいなものですよ。圧倒的に人気なのが日本のセダン。『セダンが人気』と書いてある欧州市場ではセダンよりもワゴンが売れてます。車種別の販売台数では、ゴルフ、クリオ(ルーテシア)が上位。欧州で一番よく売れるセダンとしてはVWパサートがありますが、販売比率では80%以上がワゴンなんですけどね。・・・もうここまでメチャクチャだともはやプロのライターが書く文章ではないですわ。

  さらにこの記事では『高品質』だとされるドイツ車のセダンは、例えば『メルセデスEクラス』だと、衝突安全基準でVWの小ぶりなSUVであるティグアンに負けちゃっているし。『ポルシェパナメーラ』は自動ブレーキはオプション対応なんですけどね。これはもうどっかの老人が小遣い稼ぎにろくに調べもせずに、20年以上前の記憶に基づいて記事をせっせと書いて納品しているんでしょうね。それでいてタイトルには『徹底研究』とか書いてある。読者を馬鹿にしてんのか!?片岡さん!!あなたの名義でとんでもない文章が書かれてますよ!!

  ベンツはともかく、BMWの『5シリーズ』なんてちょっと前までは、セダンとは名ばかりの『邪道』を極めた『輩』なクルマでしたよ!!4ドア車なのに300km/h出すボデーと足回りを用意すれば、そりゃ当然に乗り心地が犠牲になるでしょうし、とにかくクレイジー過ぎる(アリストターボを意識したのかな!?)。300km/hって相当ですよ!!全盛期のスーパーカーだってなかなか達成できない数字でした。それを4ドアで達成してしまうのは「イカれた」ドイツ車セダンだけです。

  4ドア&300km/hは、M5、アルピナB5とアウディRS6/7。それから最近発売されたばかりの新型パナメーラだけ。速さに誇りを持っているポルシェだって最高速度が300km/hを超えるのは上級グレードの「パナメーラターボ」だけってことを考えると、まあとんでもないクルマなんです。これを伝統のセダンと称するのはどうでしょうか!?ちょっと前の5シリーズは、ホンダレジェンドや三菱ディアマンテのデザインに、P10プリメーラの乗り味をパクっただけの単なる『機械バカ』だったと思うんですけど。

↓こんな真面目な人が、こんなめちゃくちゃな記事書くはずがない!!
  

最新投稿まとめブログ


  

2017年7月6日木曜日

『スライドドアは商用車のイメージ』だってさ・・・。

  全く記事の内容をチェックしていない(?)かのような、クルマ専門のキュレーションサイト『オートックワン』。このサイトのコラムの執筆陣がなかなか憑依していて、毎回毎回やたらと『ザワザワ感』を助長するタイトルが出てきます。これこそネット時代の戦略なのでしょうけど、よくこれだけ『エグい内容』が思いつくものですね。感心します(ぜひ真似してみたい)。今回は桃田健史さんというライターが『日本では人気のスライドドアは海外ではダサい』という中身が空っぽの『出オチ』記事を飄々と書いておられます。要約すると『ミニバンを好む日本人はセンスが無い』となりますけど・・・。

  確かにおっしゃる通り、スライドドアってのはかなりイケてないかもしれないですが、ヒンジドアだったらカッコいいという安直な判断は、ドイツ車を中心に通用しなくなってますけどね。特に最近のメルセデスSクラスのドアがダサい。王道の高級車なんだから『ドア』くらいまともに作りそうなものですが、乗り込んでドアを閉めた瞬間に『なんか違うよなー』という違和感が、あまりに音が安っぽい。正直言うとジャガーなどもドアがダメですね。プリウスや86の方がずっといい音しているって。

  桃田さんの主張はもちろんそういう余計なことは省いていて、ストレートに日本人の『スライドドア好き』にメスを入れたい見たいです。『北米や欧州ではスライドドアは商用車っぽくてダサい』っていかにもバブル期の軽薄な価値観だけでモノ言ってやがる・・・。そもそも日本人だってスライドドアがかっこいいから喜んで選んでいる!!なんてことはないんじゃないですかね。ミニバンは商用車っぽいって思ってるけど便利だから使っているだけ。ヒンジドアの方が見た目は様になるかもしれないけど、ドアがパシャン!!ってショボい音立てるようなアルミボデーのクルマはダサくないですか!?

  『商用車っぽいからダメ』と言われてもなー。警察車両、タクシー、教習車に使われるセダンだって相当にマイナスイメージあると思います。例えばクラウン、レガシィ(先代)、マークX、アクセラなどなど。それなりにリーズナブルな価格設定なんですけども、あまり買いたいという気分になりません。中には警邏車が好きで最終型のセルシオが好きなんていう人もいるでしょうけど。

  セルシオに限らず『商用車っぽいから好き』っていう意見は無視しちゃうんですかね!? 桃田氏が『日本人はスライドドアが好き!!』と断じる根拠は、日本にカングーファンが多数存在することかもしれません。フランスじゃ単なる商用車なのに、日本ではカングーのイベントが開かれて、その規模は世界ナンバー1といっても過言ではないようで、ルノーの役員が実際にそれを目撃してぶったまげたとか。

  桃田氏によると『日本のスライドドアブームの火付け役はシボレー・アストロ』とのことです。なるほどと感じる部分もありますけども、カングーじゃないのか〜・・・。果たして今の日本のミニバンがアストロやカングーの影響下にあるのか!?『日本のミニバンの価値を認めようとしない』この辺が最も日本のカーメディアが痛いところだよなー。ヴォクシーをドイツで売ったら絶対に大ヒットするって!!くらい言い切ってしまうライターがいてもいいんじゃないの!?



  なんと言ってもマクラーレンの責任者が『日本市場は最も厳しい眼を持っている!!』と評してして、日本で売れているクルマならば、海外に持って行けば問答無用で売れる!!とまでおっしゃっているのですけども、なぜかトヨタはオーリスやアベンシスのような、日本では不人気のモデルばかりをドイツで売っています。日本のミニバンを持って言っても相手にされない!!と決めつけているようですが、最近のミニバンは走りで売っている感もあります。ミニバンに限らず日本で売られているクルマはどれも走りの水準が高くなっている。軽自動車もコンパクトカーも全体的に良くなってきていて、さらにキビキビ走るグレードが特別に用意されているモデルも・・・。もはや250km/hで走ることもほとんどなくなった今のドイツ人なら、日本のミニバンに出会ったらさぞかし驚くんじゃないですか!?

  

最新投稿まとめブログ

2017年6月29日木曜日

「ホンダは途方もない夢ばかり追っている」とオザーさんが仰ってますが・・・

  NIKKEI STYLEとかいうウェブメディアに『小沢コージ』クレジットの非常に『?』記事が出ています(下にリンク有り)。またまた最近流行りの『名義貸し』のようですね・・・。現役のモータージャーナリストしかも第一人者でもあるオザーさんが『最近のホンダはF1にしろずいぶん途方もない夢ばかり追いかけていて(無謀すぎる)』なんて素人くさいことを絶対に書くはずがないですよ!!これは自信を持って断言します!!カーメディアではゴースト素人ライターが流行ってますね。そんなクソみたいな仕事が横行しているから発行部数がどんどん下がっているんじゃないですか・・・。ちゃんと小沢さん本人が書かないとダメですよ。

  それにしても担当したゴースト素人ライターは相当にお粗末な仕事っぷりです。新卒でホンダに入った小沢コージさんなら、これまでのホンダがどれだけの途方のない夢を実現してきたかはよくわかっているはず。1972年のCVCCシビックが世界最速でマスキー法をクリアし、慌てた技術自慢の東洋工業(マツダ)がズルをしてこれに追従した(燃料に細工した)という『ホンダ伝説』に始まり、『現地生産』『Vテック』『F1』『NSX』『HVスポーツ』といったホンダがやらなかったら世界のどこのメーカーができるんだ!?みたいな快挙を次々と達成します。今では堂々の時価総額6兆円。研究開発費は7000億円超を計上しています。開発費で比較すると、トヨタは1兆円、日産5000億円、スズキ、マツダ、スバルが1000億円、三菱が700億円程度ですから、トヨタと比べるとまだまだ販売台数は半分のホンダですが、これだけ開発費を計上していればスポーツカーもどんどん作ってくるでしょうね。ちなみに米国メーカーではテスラが800億円、GMとフォードは非公表。

  いくらオザーさんでも『なんでシビック売るんですか!?現状が見えてないんですか!?』なんて間違っても言わないだろうよ。さらに『2000年代のミニバンブームに火をつけたのはホンダが白白しい』とまで言ってますけど、なんでホンダのミニバンが他社に先行し、トヨタが本腰を入れて市場を奪還したか!?っていう見解が完全に抜けているんですよね。そもそもゴーストライターは『ミニバン』という言葉にどんな意味があるがわかってないんじゃないの!?スライドドアを配したボックスタイプの一般向け車両は、まだホンダが4輪を発売してまもない1966年にマツダが8人乗りの『ボンゴコーチデラックス』を作ったのが最初です。

  『ミニバン』という表記が一般的に使われるようになったのは、日本メーカーが北米市場を攻略した1990年頃に発売された『マツダMPV』と『トヨタエスティマ』がオリジナル(北米ではクライスラーのタウン&カントリーが最初)で、どちらも日本ではかなりのサイズなのになんで『ミニバン』かというと、北米市場では1800mm程度の車幅のボックスカーを『ミニバン』と呼んだからだとか・・・。MPVとエスティマのコンセプトは、普通乗用車のシャシーを使って高速道路でも優れた走行性能を発揮することでしたが、このジャンルから1994年に爆発的なヒット作が生まれました。それがホンダ・オデッセイです。

  このクルマは『CVCCシビック』『NSX』『シビックtypeR』『S2000』と並んでホンダが世界を撃ち抜いた名車と言っていいんじゃないでしょうか。普通車並みの走行性能が売りだった従来のミニバンをさらに進化させ、当時欧州で大ヒットしていた『ランチアデルタ』とその直系の後継車となる『アルファロメオ155』(その後さらなる大ヒットの156が誕生)や、E30からE36へと順調に市場を拡大するBMW3シリーズなどを好むレベルのユーザーをも納得させる走りを実現させました。

  当時のオデッセイは現在のジャンル分けではワゴンのクロスオーバー(アウディA4オールトラックみたいなクルマ)ではありますが、ミニバンにスポーツカーのような4輪ダブルウィッシュボーンを使いVテックの高回転自然吸気エンジンを配置する強烈なクルマです。これが残念なことに日本でその凄さがあまり認知されていないです。お笑い芸人の有吉弘行が4輪DWB時代のオデッセイを乗り続けているそうですが、この人の車歴にはなんとアルファロメオの旧型モデルが並ぶんだとか。最近のアルファロメオはどうもアレですからね・・・。

  小沢コージさんの仮面を被った素人ライターは、2000年代のミニバンブームを仕掛けたのはホンダだと断定していますが、ホンダが意図したことは、BMW並みに走るミニバンを作って世界を驚かそう!!という『途方も無い夢』なんですが、実際2003年の英国カーメディアにも『ミニバンと定義するにはあまりにも走りが良すぎる!」と書かれています。『ホンダの凄さを理解できない音痴はクルマを語るな!!』とは言いませんけども、とりあえず『走り』でクルマを選ぶならば、自然とホンダ車に帰結する・・・これは2017年の現在も世界共通の認識です。旧型オデッセイのコンセプトを引き継いだジェイドなんて、マツダ、スバル、BMW、メルセデスと比べてもなんら引けを取らないキビキビした走りをします。欲をいえばCVT以外のミッションとVテック自然吸気の復活が欲しいところですが・・・あと4輪DWBも。

  カーメディアで執筆するベテランライターのほとんどは、ホンダの走りの凄さは嫌というほどによくわかってます。だいたいどんなライターでもホンダの走りを『悪い』と書く人はまずいないです。でもあまり積極的に『良い』とも書かない・・・。良いのは十分にわかっているけども、『ホンダが世界の頂点ですよ!!』って書いてしまってはカーメディアの商売は成り立たないからです(複雑な事情)。嘘はつかないけど、印象操作はしてます。これが表立って『ホンダの走りは劣っている!!』などとはっきり書いていたら・・・これはもうゴーストライターさんの仕事と断定して間違いないと思われます。もしくは本物のクルマ音痴か。あのS下さんでさえ、2012年版『間違いだらけ』でオデッセイの走りは絶賛してましたから・・・。

NIKKEI STYLE『小沢コージのちょっといいクルマ・本当にシビック売れますか?』

↓印象操作の第一人者ですけども、さすがにホンダにはコメントしづらそうだなー。

最新投稿まとめブログ

2017年6月20日火曜日

相変わらずのゴルフと3シリーズかい。 (ベストカー7月10日号)

  日本で人気の輸入車といえば『ゴルフ』と『3シリーズ』だそうです(ベストカーによる(。5年前と同じ・・・。変わりばえがしないなー。いやいや、今では『MINI』と『Cクラス』の方が売れてますけどねー。1000万円以下の輸入車なんて、日本製モジュラーパーツ満載の『気分だけ』のクルマばかりなのに、世界最強の日本車に勝てると思ってんの〜・・・。まずはゴルフも3シリーズも北米のIIHSクラッシュテストのトップカテゴリー(現在23車種)の中に入ってからデカイこと言いましょう。日本車は16台も入ってるけど、VWやBMWはどちらも0台なんですけど。

  ベストカーが誌面を面白おかしく埋めるための『茶番』であることは重々承知してますけども、『日本車 対 輸入車 ガチンコ12対決』とかいう、自分で考えないバカ読者向け企画で、ゴルフと3シリーズが『無双』していたのでちょっとディスりたいと思います。

  『日欧定番の1台対決:トヨタプリウス VS VWゴルフ』・・・もちろんゴルフの圧勝!!やばいプリウスの良さについて一言も触れることなくゴルフの完全勝利が宣言されています。採点表でプリウスが勝っているのはコスパだけ。え?最近のプリウスちょっと高くない!?標準でついてくるダサダサホイールを変更するオプションだけで10万円以上って・・・しかもまともにグレードを選ぶなら『Aプレミアム・ツーリング』になるし。たくさん走っているから差別化のためにエアロを奮発するとすぐに400万円突破!!ゴルフGTIが買えるじゃん!!ってなりますけど、やっぱりコスパなんですかい!?確かにVWが同じクルマを作ったら500万円じゃ済まないだろうけどさ。性能の良し悪しを判断しないでコスパで片付けるこのライターの神経がわからん。

  そもそもプリウスとゴルフという2台縛りで、『ドライブフィール』『ハンドリング』『乗り心地』『内外装の質感』といった高尚な基準でクルマ比べるな(どっちも失格レベルだから)!!この2台だったら、『見切りのよさ』『ラゲッジスペース』『静粛性』『ミッション』などより基本的なことを比べなさい!!この2台はこの辺の項目に美点や難点が隠れているんですけどねー。・・・とマジレスするだけアホ臭い。

  ただし『それを言ったらオシマイだー』ってなりますけど、この2台のうち1台は、クルマとしての前提に大きな疑義があります。トヨタのミラーサイクル1.8Lエンジンは問題ないですけども、VW1.2L/1.4Lの『EA211』型エンジンは、本国ドイツでは環境基準未達のまま廃止されていて、日本の2017年NOx規制にも完全に引っかかるモデル(FMCしなければOKみたいです)なんですけども、ゴルフ7.5になってもまだまだ売り続けるってどういう神経してるんだー。全国の駐車場で『VW1.2L/1.4L 車お断り!!』っていう締め出しをやってもいいくらいなんだけどなー。トヨタ車50台分のNOx排出なんて・・・もう売るのやめてよ。

  『450万円ならどっちが買い? クラウンアスリート2.0ターボ VS BMW318i』またまたえげつない対決だね。450万円あるなら・・・とりあえず貯金。K沢さんは絶対に318iを買う!!ってことなので、だったらクラウンターボでいいや(どっちでもいい)。まず疑問なのが318iの『乗り心地』が10点満点って・・・(クラウンターボは7点)。F30系・3シリーズは残念ながら『ミッション』と『サス』の急所2箇所を両方とも患っている『満身創痍』のBMW車なんですけどねー。どっちも不良品!?とまでは言わないけど、450万円のクルマについているシロモノではないっす。

  別にBMWのやり方をディスっているわけではないです。このブランドは『ダブルスタンダード』でクルマを仕上げているので600万円くらい払えば、本来のキビキビでフラットな走りをするモデルが買えますからご安心を!!。F30系・3シリーズの非Mスポは、誰が乗ってもわかりますけど、日本の高齢者向けに『トヨタっぽい誂え』が施されていて、いちいちそれが鼻に付くんですよ!! BMW車の常識を打ち破るソフトな乗り味にはむしろ新鮮ですらあります。簡単に言ってしまえば『クラウンになりたい3シリーズ』みたいな企画です。ただし静粛性&ソフトさを基準にシビアに判定するならば『熟成ソーセージ』と『魚肉ソーセージ』くらいの違いがあります(3シリーズのバネ感にはリッチさが不足している)。だから3シリーズはクラウンより大幅に安売りするんだろうね・・・。

  走りに関しても、車重やホイールベースが違いすぎるので安易に比べるべきではないですけども、ごくごく普通にダブルレーンチェンジをすれば、フロントノーズの入りこそF30の方が軽い分だけシャープですけど、そこから逆位相にハンドルを切るタイミングで伝わってくるフロントサスからの安っぽい応答が・・・この時点で勝負あり!!『高級車』と『偽物』の違いがあっさりと露呈します。マツダとかスバルも同じ走り方で結構あっさりボロが出ますよ!!フロントがストラットのクルマだから挙動がピーキーで破綻しやすいということはないですけども、やや粗めにハンドリングすると何かが引っかかったような手触りが現れてとってもハンドルフィールが悪いんです。ABSがうっすらとかかっているような手触り!!(というよりかかっているんだね・・・おそらく)

  そもそもクラウンはそんな下品な乗り方をすべきではないのですが、案外そういった無理気味の挙動の時の予想以上の滑らかな身のこなしで、クラウンはやっぱり高級車だなーって気づく。同じことをトヨタのCVTのFF車(アクアやシエンタ)でやったら、もう腰砕けになって『やっぱり日本車はダメだなー』となるんですけどね。むしろ限界領域に近づくとF30系の方がクラウンより先に破綻すると思います(未確認)。

  K沢さんによると、クラウンの旧式8ATと318iのZF8ATでは変速スピードが違って、60km/hからの中間加速に関してクラウンに難がある!!としています。それミッションのせいじゃないですよ!!ターボエンジンをむやみに回さないような制御がされちゃっているんです。320iでもほぼ同じような現象が起こります。緩やかな上りで60km/hから加速しようとしても全然伸びない・・・BMWジャパン青山スクエアの試乗コースにちょうどいいベタ踏み坂があるのでぜひ試してみてください。そもそもミッションを比べるならば・・・始動時とキックダウン時の挙動で完全にアイシンAW(クラウン)の勝利なんですけどね。・・・ったく都合のいいデータ並べてテキトーなこと書いてますね。

  

  
最新投稿まとめブログ 
徳大寺有恒の「間違いだらけの輸入車選び」 (2006年上半期編) (ビッグマンスペシャル―ベスト・カー・ガイド)

2017年6月14日水曜日

『ベストカー』とかいう雑誌があまりに難し過ぎて意味がわかりません。

  普段は買わないけども、深夜に行ったコンビニでついつい購入しちゃった自動車雑誌。内容は色々盛りだくさんですけども、メイン企画の『日本車VS欧州車』という企画が、ブログの参考になりそうなのでじっくりと読ませていただきました。プロが書いた文章だからさぞかしわかりやすいと思ったのですが、ヤベー何これ!!もう意味不明!!何がなんだかわからな過ぎました(勉強不足を反省しております)。

  『日本車と欧州車 本当はどっちが勝っている!?』・・・なんで集団同士を比べるんだろうか。なんかよくわかんないけど、日本車チームと欧州車チームでそれぞれメンバーがある程度は決まっているのかな!?売上上位5台同士を比べたら、日本チームは『プリウス、ノート、フリード、アクア、ヴィッツ』で、欧州チームは『ミニ、ゴルフ、3シリーズ、Cクラス、CLAクラス』になりますね。このメンバーを見る限りでも日本チームに勝ち目はなさそうで比べるまでもないですけども、この雑誌はあくまで企画を推し進めます。

  一回戦は『ハンドリング』対決。まあこのメンバーなら企画にならないくらいの大差は間違いないな・・・。せめて日本チームはメンバーチェンジをさせてあげたい!!急遽ハンドリング自慢の選抜チームを選んでみたら『ロードスター、S660、86、スイフトスポーツ、レクサスRC350Fスポ』と言ったところでしょうか、これならば欧州チームにも勝てそう!!どれも英国やドイツのメディアが絶賛してましたし(S660はTOP GEARにも登場して『日本が羨ましい!!』って書かれてた)、まさかの日本チームの勝ち!?になってもおかしくないけどなー。たとえ欧州チームが『ケータハム、4C、ケイマン、エリーゼ、A110』ガチのフルメンバーを揃えたとしても結構いい勝負するんじゃないですか!?

  しかしこの企画の論調は意外な方向へ進みます。『ハンドリングとはダンパーで決まる!!』という豪快かつ明快な結論で話を終わらせます(なんだなんだどーして!?)。要はショックアブソーバーのサプライヤーの『ネームバリュー』でハンドリングの絶対性能は決まる!!ということらしい。ショーワ、エフテック、KYBとかいったサプライヤーのダンパーを使っていたら絶対に欧州車には勝てない・・・ということなんですが、ショーワは電動ステアに関連してZFと提携をしてましたし、KYBはドイツ、オランダ、チェコ、スペイン、フランス、イギリス、イタリアなど各地に拠点を設置して、広く欧州車にも使われているんですけどねー。

  ややこしい話を抜きにして『ハンドリング=ダンパー』で納得させてしまおう!!って、いくら日本のユーザーがクルマに詳しくないからってあまりにもバカにしすぎじゃないですか!?一体どんな人が書いているんだろうと思ってクレジットを見ると・・・「国沢光宏」!!嘘だー!!あの国沢さんがこんな安易な文章なんて絶対に書かないって!!これは間違いなく国沢さんの名義を借りて代筆の人が適当に書いているんだと思います。国沢さんも内容すらまともにチェックしてないんじゃないですかねー。こんな記事に名義を使われているって知ったらきっと激怒するんじゃないでしょうか。

  二回戦から出てくる「鈴木直也」というライター・・・申し訳ないですが存じ上げません。本人なのかゴーストライターなのかわかりません。特に本など書いていないようなので、失礼ですがわざわざ代筆するほどのネームバリューは無いと思うので直筆だと断定したいと思います。テーマは『乗り心地』。Eクラス、5シリーズ、A6に勝てる日本はいないよ!!との趣旨ですが、私の経験ではその3台がフーガに勝っているようには思えないのですが・・・。アメリカではこの3台よりも高い価格でフーガが売られてますけど、なかなかの人気でインフィニティの売り上げをスカイライン以上に押し上げているモデルなんですけどねー。『どういう基準なのか!?』なんだか話のレベルが高すぎて全く理解できないです!!次回もベストカー買うので、鈴木さんはもっと丁寧に理屈を説明して欲しいです。

  四回戦の『デザイン』対決では清水草一さんが登場です。この人知ってるー!!さすがはブロンディーさんですねー!!この対決はとってもわかりやすいぞー!!『デザインのいい日本チーム:ロードスター、ハスラー、イグニス』『ダサい欧州チーム:GLS、2シリーズAT、ティグアン』。なるほどねー。このメンバーを単純に比べれば確かにデザインに関しては『欧州>日本』であることがはっきりわかりますね!!素晴らしい!!

  でもやっぱりカッコいい日本車チームのメンバーがちょっと不満かも。3台選ぶなら『レヴォーグ、GT-R、アテンザセダン』・・・普遍的な美を誇る3台だと思いますよ!!発売から年数が経過しても風化しないし。そしてダサい欧州チームのメンバーは『ポロ、Bクラス、ミニクラブマン』・・・この3台はなかなかの『異臭』を放ってます。これに乗るくらいならプリウスの方がいい!!なかなか日本車にもいないタイプの『フリークス』ぶりを発揮してます。清水草一さんの選ぶ基準にはちょっと『意図』があったんじゃ・・・。

  そして五番目に登場するのが『こじつけ』の大好きな渡辺陽一郎さん。毎度毎度ネット記事(オートックワンなど)で、意味不明の論調でコメ欄を炎上させる芸風です。今回も得意の『こじつけネタ』を披露してくれています。テーマは『お買い得』。趣旨はスカイラインの2Lターボモデルよりも、Cクラスの2Lターボモデルの方がよく出来ているから『お買い得』ですよ!!(・・・211ps版のCクラスの価格には触れず) そしてSクラスはレクサスLSの最上級モデル(LS600h)よりも安いグレードがあるから『お買い得』ですよ!!(V8とディーゼルでは意味が全然違う!?) メルセデスのセダンに関しては高級なイメージのありますけど、注意して選べば十分にお買い得なモデルがあるよ!!ってことらしいです。ハイハイ(もう突っ込むのに疲れた)・・・。



↓鈴木直也さん。『プジョーの規模のメーカーがさー』・・・言ってることが難しすぎてよくわからない〜。
  

最新投稿まとめブログ

2017年6月9日金曜日

ルボラン7月号を読んで『日本車への偏見』をもっと高めよう!!

  さすがは輸入車専門雑誌『ルボラン』ですねー。7月号は複数のモデルでMCが行われたアウディの『大特集』と『世界に挑戦する日本車』。なんで日本車が世界に挑戦しなきゃいけないの!?アメリカ人が日本生産の日本車を欲しがるから、せっせと太平洋を越えてまで輸出してると言うのに。世界ナンバー1・メジャーなアメリカ市場では、グローバル販売1000万台を『公称』するVW&アウディグループが、グローバルでやっと100万台突破が見えてきたSUBARUにまさかの完全敗北をしているというのに、これはなんてメチャクチャなタイトルなんだろう!!

  先進国市場においては『世界最強』で、総合メーカーとしては最高の利益率を誇る『無敵のスバル』が、わざわざ『動的質感』において世界の頂点に君臨することを、世界のスバリストに確約をしてから発表したインプレッサ。このクルマがさ、アメリカ市場に上陸すらできていないプジョー308に『挑戦』するというのは、あまりにもナンセンスで、ありえない構図・・・。シビックが『レアルマドリード』だとしたら、インプレッサは『ユベントス』くらいかな!?。インプレッサが308に挑むってのは、ユベントスが済州ユナイテッドに『挑戦』するみたいなものだと思うのですが・・・。

  せめて済州ユナイテッドではなくて、世界最高峰の同じ土俵で戦っているヴォルフスブルク(=ゴルフ笑)に挑戦させればいいのに・・・と思う。ニヤリ。しかし今号のルボランはどうもいつも以上に『臭う』んです。きな臭い感じがあちこちからしています。どうやら編集部が細心の注意を払って誌面をチェックしているのが伝わってきます。ゴルフはちょうど『7.5』とかいうエアMCの真っ最中で、おそらく取材時にはまだ新型が調達できなかったのかな?。この雑誌にとっても最上級のVIPクライアントはVWであり、今回はゴルフを出すのはちょっとタイミングが悪いのでは!?と編集部が『忖度』したのでしょう。

  ちょっと余談ですが、本国では華々しくゴルフに1.5Lターボへの載せ替えが行われているものの、なんで日本仕様は載せ替えないの!?どうやらこのエンジンも!?日本のさらに厳しくなった『NOx』への対策が施されてないのかな!?(だから導入できないのでは!?) 2016年以前に認証を取っている(2017年基準では完全アウト)1.2L&1.4Lターボでしばらく引っ張るつもりみたいです・・・。この予測が正しかったら、VWは本当にクズメーカーですな。

  いやいやこの問題は本当はもっと根深いのかも。2017年になって新型のガソリンターボを搭載した新型モデルがまだほとんど発売されてないみたいです(2L以上は除く)。第一号はシビックになる!? VWに加えて、去年の終わりに慌ただしくターボを発売したトヨタとスズキにもちょっと懐疑の目が・・・。この疑惑を率先して晴らしたかったらさっさと新しいバージョンのガソリンターボで新型車を発売して証明してみて欲しい!!BMWやメルセデスも同罪(ってことはないかな)!?それよりも日産のVR30DETTが日本で発売されないのもこの理由なのでは!?

  ルボランの名物コーナーといえば福野礼一郎氏の『三原則』ですけども、今月号はBMW・X1とVWティグアンの比較でした。なんといつもより1ページ少ないぞ!!あれさりげなく採点表がない!!これもVWグループへの配慮が働いたのか?なんだか最近は『大人な事情』がしばしば登場する同コーナーですが、先月は5シリーズとEクラスが採点上で奇跡的に全くの同点。小数点以下2桁くらいまで細かく計算しているくせに、どちらも100点とかありえるのか!? 正直言ってそれだけはやって欲しくなかった・・・。

  さて他にも『世界に挑戦した』日本車がたくさん掲載されてます。特に『爆笑』だったのが、レンジローバー・イヴォーグに挑んだマツダCX5。このレビューの担当はFF車にも相当に詳しそうな嶋田さんですけども、さすがにぶっちゃけはしなかったですね・・・この両者の素性もよくわかっているはずなのに。非常にナンセンスな戦いだとは思いつつも『無難』なレビューを展開されておられます。これはつまんねー。これってさ!!簡単にいえばクライスラー300にメルセデスEクラスが挑むみたいなものでしょ!?あるいは、ジープグランドチェロキーにメルセデスGLCが挑むでもいいけど。マツダにしてみたら、なんで?負けるはずないじゃん・・・ですよ。

  そして極め付けは・・・メルセデスSLCに挑むマツダロードスターRFだってさ。完全にマツダはコケにされてますね。挑戦するも何も『SLC』って何者だよ!?こちらの担当は萩原さんですが・・・誤魔化すのが上手いですね。『リトラクタブル・ハードトップを先に導入したのはメルセデス!!』と明言してルボランの見解を伝えつつも、ロードスターのユーザーもきっと読んでいるだろう状況から、後半はロードスターのストイックな乗り味を一生懸命に『よいしょ』して緩和しています。いやー実に見事!!ロードスターがパクった!!というちょっとあり得ない『緊張』からの・・・『緩和』でなんとなく満足させられます。

  レクサスLCやホンダNSXならば『世界に挑戦する』という表現でもいいとは思いますが、それ以外の大多数のクルマに関しては全く見当はずれじゃないでしょうか。さらにこんな企画があったら大爆笑なんですけどね。マセラティギブリに挑むクラウンマジェスタ。メルセデスGLAに挑む三菱RVRとかさ・・・。

  


↓この人の動画を見ると日本車が嫌いになるね(バ◯な人は特に)!!さらに日本車の時はアクセルをあまり踏まないという黒い噂も!!(プロのくせにスバルCVTのロケット・ラウンチのやり方を知らないのかー)
  

最新投稿まとめブログ
ル・ボラン 2017年7月号 [雑誌]
  

2017年6月5日月曜日

トヨタC-HRとレクサスLC・・・国沢光宏氏絶賛のディープな世界。

 

  国沢光宏さんがまたまた無邪気に動画ではしゃいでおります。『C-HR』の次は『レクサスLC』ですかい。さぞかしいいクルマなんでしょうね。『シビックは絶対に売れない!!』からと、その良い点などあまり触れようともしないですけど、C-HRの時はどーでもいい些末な情報まで垂れ流してましたね。ショックアブソーバーがトルコ製だからこのクルマはいい!!とか言われても、ど素人には何がなんだかさっぱりわからないですよ。300万円の予算で新車を選ぶ人にとっては、CH-Rもシビックも候補になりうるわけですが、どっちにします!?

  ユニットの出力、キャビンの広さ、静粛性などおそらくシビックの方がことごとく優れているような気がするんですけどねー。C-HR自慢のハンドリングに関しても、おそらくシビックの方が上回ってくるんじゃないかと。あとは『トルコ製』の実力がいかほどか!?ホンダの基準をジェイドに置くとするなら、それほどトルコに負けているということもないはず。国沢さんは、ホンダ系サプライヤー(ショーワ)の力を完全に見くびっているみたいですけど、フィットやシャトルといった軽量級シャシー車も含めて、ホンダのFF操舵と足回りの完成度は、シビックの日本不在の時期にだいぶ変わったと思うんですよ。メルセデスのFFなんか(・・・といったら失礼ですけど)より断然にスムーズに車体が上手く巻き込んで曲がる。

  トヨタの1.5LエンジンにCVTを積むようなFFモデルでは、突き上げへの対応の良さと引き換えに、アクセルフィールもハンドリングも『ボヨヨーン』と間延びした乗り味は、はっきり言って苦手です。ただしあの『ボヨヨーン』はとっても安全な乗り物だと思います。ホンダ、マツダ、スバルでドライブすると、フロントタイヤからスキール音が鳴ってもリアが安定していてそれほど怖くはなく、「おーヤベーヤベー」とアクセルを戻しますが、トヨタだとスキール音が鳴るよりも前の段階で、ステアリングの応答遅れなどから『恐怖感』が降りかかってくるので、そんな走り方をする人はまずいないはずです。

  そんなトヨタも、レクサスISや86辺りから、横滑り装置が介入するゾーンまで当たり前に走れてしまう車が出てきました。FF車もいよいよそんな車が・・・2000年前後のヴィッツやカローラランクスではその領域までは確実に行ってなかったです。コントロールが怪しくなる速度域がスバルやマツダよりも20km/hくらい低かったですけども、その分乗り心地というか突き上げに対するソフトな当たりは良かったです。しかしC-HRはスキール音出ますねー。わざわざトヨタ車を選ばなくてもいいんじゃ無いの!?って気はしないでも無いですが、国沢さんが日本車の中では一番!!と『ここまで』絶賛するわけですから、凡人にはいくら乗ってもわからない何かがあるんでしょうね。アウトランダーPHEV・Sのビルシュタインダンパー車では絶対に越えられないトヨタのザックスダンパー車。86やオデッセイのザックスは偽物だってさー。

 


  レクサスLC・・・イカツイですね。もう1800台受注したらしいです。200台くらいは試乗車だったり広報車、さらに200台くらいはトヨタの系列の社長が買う!? ちょっぴり高級なタワーマンションの地下駐車場に収めるには『ちょうどいい』クルマなのかも。高級住宅地向けの『地域限定モデル』。走りが好きなだけの貧乏人はレクサスRC-Fでも乗ってろ!! エンジンはほぼ同じですから・・・。やっぱりクルマは走りよりもボデーが大事!!ラグジュアリーというかどれだけ特別に見えるかが大事なんですね。レクサスに期待するユーザーが求めるものをそのまま形にする『能力』これが今の自動車メーカーに求められる姿勢なんだと思います。

  蛇足ですが、日産ならGT-R、ホンダならNSX。それぞれに求められているものを形にしてますね。日本メーカーのセルフイメージを認知する力と、マーケティング能力は改めて素晴らしいですね。とは言ってもこれは恵まれている3大メーカーだから可能なことであって、中堅のマツダ、スバル、三菱はなかなかファンの期待に応えられていないですが・・・。

  ポルシェは・・・。いえいえちゃんとありますよ!!4Lフラット6自然吸気を搭載する『911GT3』が。2115万円だそうです。ポルシェがわざわざ残した自然吸気ということを考えたら、それほどメチャクチャな価格では無いのでは!?中古車価格も相当に高くなるでしょうし、ランボルギーニやフェラーリのカタログモデルなどよりもよっぽどプレミアが付くのは必至です。レクサスLCは10年経ったら200万円でしょうけど、GT3なら最低でも1000万円以上で取引されるはず。幻の自然吸気モデル『911R』なんて市販価格の倍ぐらいの流通価格になってますし・・・。

  私のようなど素人が率直に考えると、もし買うならば・・・『C-HRよりシビック』、『LCより911GT3』じゃないのー!?なんて思ってしまいますが、そういう時に限ってメディアに大々的に登場して、全く逆の結論を導き出してくれるのは、いつも国沢さんなんですよねー・・・なんとも『ディープ』な存在です。さてさて次はどんなクルマを猛烈プッシュしてくれるのか!?楽しみです。


最新投稿まとめブログ
THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h (CG BOOK)

  

2017年5月30日火曜日

『プレミアム!』を使いたがるライターってさ・・・

注意:この記事はBMW、メルセデス、アウディなどのプレミアムブランドのファンを『クルマ音痴』だと中傷する意図は毛頭ございません。あくまで『プロ』ライターの3人の言い分に対する反論に過ぎません!!


  『自動車の未来』をクソみたいな視点で語る人々が湧いていますねー。あと10年で『コモディティ』化が進んで、テレビやエアコンのように中国が世界の99%を供給するようになる・・・なわけねーだろ。『3C』カー、カラーテレビ、クーラーはほぼ同時期に日本で普及が始まりました。テレビとエアコンがとっくに『コモディティ』化しているならクルマも同じ運命を辿って良さそうですけどね。自動車メーカーのビジョンが優れていたという意見もありますが、トヨタやホンダ、日立やソニーよりも圧倒的に優秀だったのか!? トヨタやホンダのような人材が白物家電メーカーに揃っていれば『コモディティ』化は防げたとでも言いたいのでしょうか?

  クルマ自体にテレビやエアコンとは決定的に違う点があったとしたら、それはクルマにはたくさんの『本』が出版されていること。故ポールフレールさんや沢村慎太郎さんが、自動車評論を単なる『製品紹介』から、クルマとは人生を徒して向き合うべきものだという『哲学』へと昇華させています。ポルシェ、ジャガー、ロータス、ルノースポール、ホンダ、マツダ、ニスモ・・・とは何か? 『技術』『歴史』『市場』など様々なファクターを使ってメーカーとモデルの現実を『再構築』することは、現実のクルマとは切り離された、全く別個の大きな意味がそこにあります。・・・例えば多くの若者にとってクルマをより身近なものにしたのが漫画の『イニシャルD』だったりするわけです。

  1980年代の初頭、販売市場には後発メーカー・ホンダの旋風が吹き始めましたが、バブルへと突き進むトヨタにとっては小型車の開発は重要ではなく、後回しにされたこともあり、カローラ派生のトレノやレビンは小型車としては遅くまでFRのまま残されました。トヨタとしてはアメリカで立ち上げるレクサスの旗艦モデル(セルシオ)の設計など、それどころではなかったので、『AE86』は完全に放置だったと思うのですが、これが後年になって『再構築』された結果・・・今ではプレミア価格がつく『誰もが知っているスポーツカー』となりました。年配のクルマ好きの人が『当時のハチロクなんて全然イケてないクルマだったけどなー』と不思議に思うくらいに『歴史修正主義』も真っ青になるほどのプロパガンダを、日本の自動車産業の根底に打ち立ててしまいました。・・・こんなことテレビやエアコンではまず起きないことですよね。

  最近のイケてない自動車ライターがこぞって使う言葉が『プレミアム』ですね。アメリカの自動車販売統計では、『大衆向け』と『プレミアム』でカテゴリーが分けられていたりするので、彼らが使う『根拠』は一応あるのですが、これを日本市場に適用する意味ってなんですかね。ライターによってはVWやプジョーも『プレミアム』にカテゴライズにしてたりするので、(これらのごちゃ混ぜ状態は)単純にそれらは読者(ユーザー)にとっては不利益な情報になりますけど、そんなことは全く意に介していない様子。今時インターネットを使えば、大体の情報はわかりますから、カーメディアごときに騙されるのがバカではありますけど・・・。

  先日見かけたのは、内外装&乗り心地、静粛性を『レクサス越え』の水準で施してきた『マツダCX5』に対する、西川淳さん、斎藤慎輔さん、高平高輝さんの3人体制の座談会@ニューモデルマガジンX7月号です。とりあえず『ほぼレクサス』だけど、マツダは勘違いするな!!プレミアムはそんなに甘くない!!・・・という過激な論調で進み、このコーナーはページ数もかなりあるので、これは!!御三方の考える『プレミアムの定義』が聞けるのか!?と思いきや、そんなリスクを冒すはずもなく・・・。もし『プレミアムは偽物を使わない!!』みたいなことを口を滑らせたら、もう大変なことになります。だって現実に偽物だらけだし。『禁句』ですねライター人生は終了ですからねー・・・え?カーメディアなんてとっくに終わってるって!?

  かれこれ4年近く前になりますが、メルセデスAクラスの『素材』がフェイクだらけだー!!なんてカーメディアのあちこちで囁かれた時期がありました。島下さんも、西川さんも、福野さんも、沢村さんも。今思うと、とんでもないことに言及してたよなー・・・もしかして?Aクラスにあまり売れて欲しくないメーカーからの『依頼』でもあったのかな!?あのスズキに対してネガティブキャンペーンをやったことが明らかになった実績のあるあのメーカーが。

  さてAクラスの内装なんてどーでもいいことです(安物は安物でしかない)。西川氏が『マツダはアウト・オブ・眼中』と言ったプレミアムってなんなのよ!! 『ハチロクはもうダメだ!!4WD&ターボじゃなければクルマじゃない!!』とフリーザ様みたいなノリで言った須藤京一@イニシャルDのつもりなんでしょうか・・・。須藤京一はハチロクに乗る主人公に最終的には返り討ちにされるものの、最初の対戦では『絶望的』な差を見せつけるから、その言葉にも納得できますけども、西川さんの『放言』は根拠が示されていないぞー。これでは『再構築』にならないんじゃ?

  そもそも『プレミアム』って言葉が超絶にダサい。この言葉を使うヤツは『クルマがわかってない!!』でも過言ではない。本当にいいクルマってのは、ドアを閉めただけで良さが『伝わってくる』。その『素性の良さ』は到底に隠しきれるものではなくて。とても眩しくて感動的だ。『プレミアム』なんて言葉で飾らなくても人々に伝わるんですよ。これがテレビやエアコンとの決定的な違いと言ってもいいかも。もしかしたらテレビやエアコンも『感動』のレベルまで作りこむことは可能なんだろうけど、どのメーカーもそういう売り方はしていない。とにかく低価格で『普及』させることを第一に作っています。

  そろそろわかってきたかもしれませんが、『プレミアム』という冠詞は、『コモディティ』化と密接な関係があります。すでに『コモディティ』に片足を突っ込んでいる製品に用いられるのです。だから・・・『プレミアムとはフェイク品質』だという真理を、豪快にも肯定したメルセデスAクラスは『裏表がないクルマ』として売れました!!『プレミアムは甘くない!!』じゃなくて『プレミアムは徹底的に甘い!!』んだよ!!なんで盛んに『プレミアム』を強調するアメリカ市場では、自動車産業が伸び悩むのか・・・。アウディ、レクサス、アキュラ、キャデラック、リンカーン、インフィニティ、メルセデス、BMW。どれもかつてのパッカード、スチュードベーカー、ナッシュのように『屍』になる日をじっと待っています。つまらないクルマに明日はない・・・。

  マツダも『プレミアム』なんて言われるようでは、いよいよ広島陥落へのカウントダウンが始まっていると・・・いう『考え方』もできます。マツダがフィアットの協賛を得て、4代目ロードスターを作りましたが、『マツダの決断』には、広島の産業を守るだけでなく、世界の自動車産業全体の『コモディティ』化を食い止める非常に重要な意味が含まれています。どこぞの輸入車乗りブロガーが、718ボクスターやZ4と比べて、ロードスターを上から目線で品評しておられましたが、『プレミアム』が大好きなコモディティ人間にクルマなんて理解できるわけねーよなー・・・なんて悪態の一つでも言ってみたくなるんですよね。・・・で『プレミアム』の条件ってなんなのさ!?

↓一生懸命語ってます。

  
注意:この記事はBMW、メルセデス、アウディなどのプレミアムブランドのファンを『クルマ音痴』だと中傷する意図は毛頭ございません。あくまで『プロ』ライターの3人の言い分に対する反論に過ぎません!!


最新投稿まとめブログ
ニューモデルマガジンX 2017年 07 月号 [雑誌]

2017年5月24日水曜日

国沢さんがマツダのロータリー復活!?をスクープ!!そして生まれたいくつかの疑問。

  こういうネタを『フカシ』っていうのかな。国沢さんが今週突然に「マツダロータリー復活!!」の特ダネをオートックワンで公開していました。東京MSで先行試作車が登場する!?という憶測なのか?関係者から裏を取っているのか?ちょっとよくわからないネタです。いよいよマツダも腹をくくって、メインユニットとしてのロータリーを復活させるのか!?なんて変な期待をして見てみると、すでに報じられている規定路線の『ロータリーによるレンジエクステンダー&EV』という枠組みでの話なんだとか・・・詐欺だな。

  空前の新車ラッシュが予定されて2017年なんですけども、発売のタイミングがやや微妙で、いまいち流れに乗れていないマツダの関係者が、ちょっと焦って情報をリークしてしまったんですかね。それにしてもよりによって国沢というライターに漏らすなんて、これは百害あって一理なしだろ・・・。軽自動車や廉価なコンパクトカー、あるいはSUVの類ならまだしも、高級志向の新型スポーツカーの概要なんて絶対にスクープさせてはいけないライターじゃないですか!?

  マツダというブランドの意義なんて、センスがない人にはとことんわからないものみたいですね。『最近のマツダは良くなっている』とか訳知り顔で語るやつは、99%クルマわかってないです(そう断言したくなる)・・・まるで誰かの言葉がそのままステレオタイプ化したかのような無邪気すぎる発言ですよ。『日本メーカーではマツダが一番優れている』・・・私はマツダは結構好きですけど、こう感じたことは一度もないですね。おそらく過去のブログにもそう書いたことはないです。マツダはまだまだ日産やホンダの域には達していないし、開発資源を考えるとこれからも追いつくことは難しいと思います。なので下の動画に出てくるような『乗り心地は日本車の中では特上。ドイツ車の中では普通ぐらい。まあドイツ車の普通が日本車の特上ですから。』という発言の趣旨はよくわからないです。



 
  メルセデス、BMW、アウディの看板モデルにはほぼ乗りましたが、マツダより完全に優れた乗り心地ってのは無いです(悪くも無いけど)。どのモデルに乗ったらドイツ車の「特上」に辿り着けるのだろう!?もしかしてVWゴルフのことを言っているのかな?ゴルフ7は確かに一定の条件下ではかなりの好結果を出す独特のサス設定がされてますけど、先代モデルと比べると明らかにトヨタのしかもプリウスの雰囲気に寄せてるので、運転そのものは『つまらない』ものになりました。新しいマツダも似たようなものですけどね。

  お尻をシバかれるような硬いアシからスタートして、どれだけトヨタ的な柔軟性のあるアシに近づけているか?で競っているなら、『BMW3er非Mスポ』も国沢さん的には評価が高いのかな。ストローク量を増やして、バネ・レートをトヨタ水準までは下げないけど、中ぐらいの当たりにする。これがドイツ車とマツダのトレンド。今まではストロークを減らしてフラットな乗り味を良しとしてきたのに随分な変わりようですね。ただしドイツもマツダもなんだか挙動がすっきりとしない不自然な感じが否めません(嫌というほどでは無いけど)。

  それに比べてホンダや日産はハンドリングこそ迷いがあるものの、アシに関しては「自信」を持っていて、どのモデルに乗ってもクラスの上限をぶち破るような「驚き」があるのはこの2メーカーなんですよ。とりあえずこれはスゲーってモデルは、Nワン、ヴェゼルHV、ジェイド、アコード、オデッセイ、レジェンド、シルフィ、ティアナ、スカイライン、フーガ、セレナ、エルグランド。どれも『巨大メーカー』らしい自信満々の出来栄え。VWゴルフと同等のシビックやパルサーが日本に無いので比較できないので、その辺の実力はまだ未知数ですが・・・。

  国沢さんの考える『ザックス基準』=ザックスの生産工場が欧州に近ければいいクルマ!?に照らし合わせた結果、トルコ製ザックスに最も近い乗り味が「特上」なのかいな? 率直にいいクルマが欲しいという人には、まずはホンダと日産をたたき台にして考えたらいいですよ!!って思います。そしてマツダの魅力は日産やホンダをキャッチアップするだけでなくて、独特の味わいを出すところです。どんな味わいか?ウイスキーに例えると、日産がバランタイン、ホンダがシーバスリーガルなのに対して、BMWがジョニーウォーカーで、マツダはラフロイグかボウモアくらいかな(マツダだけシングルモルト)。

  今回の国沢さんは読者を引き込むために急遽スクープを仕掛けたので、ちょっとばかり内容にほころびがありました(もちろん先ほどの動画でも「特上」を定義しない手落ちがありますが)。国沢さんは「ロータリーはレンジエクステンダー」だと断言してしまいました。これはマツダと綿密に打ち合わせた前フリなのか!?もしそうだとしたら、指摘した私が完全に野暮なんですけども、もし国沢さんはレンジエクステンダーと言っていたけども、実はロータリー・ハイブリッドで、ロータリーで駆動もするんだよ!!みたいなサプライズがあったなら、これは完全に「マツダ劇場」ですね。

  おそらく復活を願う多くのファンも『ロータリー駆動と補完するモーター』という組み合わせを期待して待っているんじゃ無いですか!? 単なる発電プラントとして使うのであれば、重量と発電効率で最も優れたポジションを取った『電源』を搭載すればいいだけの話です。マツダもそんなことは百も承知でしょうから、国沢さんのスクープ通りならば、そう簡単には商品力MAXな新型スポーツカーの誕生!!とはいかないでしょう。よっぽどぶっ飛んだデザインだったり、ポルシェ918級の走行性能を示せば話は別ですが・・・。国沢さんは一体何を考えてこの記事を書いたのだろう!?長年業界で活躍している重鎮ライターにもロータリーのレンジエクステンダーにほとんど意味がないことくらいはわかるだろうに。


最新投稿まとめブログ
決定! 最速のハイブリッドハイパーカー

2017年5月18日木曜日

新型5シリーズの『毀誉褒貶』 その2 なんだか絶望的な気分だ

  前回はG30型の先代モデルF10型から『高級車になった』BMW5シリーズを巡る評価について、その変貌に置ける価値観の変節を辿ってみました。理論上はE39の復活とはなりそうもないですけど、もしかしたらE39・M5が2000年頃にみせた圧倒的な全能感を、G30・M5が再び取り戻してくれるかもしれない!!アラフィフ〜還暦のオッさんがGT-Rに大興奮するように、『M5』の再生・・・それがわずかな可能性であっても期待してしまうんですよ。そして福野さんのレビューに注目します。

  まず最初に読んだのが、モーターファンイラストレーティッドvol.126の「ニューカー二番搾り」でしたが、なんか福野さんの機嫌が悪かったということはないのでしょうけど、あまり『ウェルカム』な雰囲気を感じないレビューでしたね。もう書く側も読む側も、ある程度は「5シリーズは過去のクルマ」という共通認識がくすぶってしまっている・・・そんなリアルな現実には敏感に反応して、決して「さむい」レビューは書かない福野さんのセンスは素晴らしいなーと常々思うのですが、ここは多少はバカになってでもG30系5シリーズを盛り上げるようなレビューにして欲しかったなー。カーメディアがこぞって喝采したマツダ・デミオのレビューの時くらいにテンションが低かったです・・・マツダとBMWって今は最も「さむい」ブランドなんですかね。

  その後に発売されたルボランでは「三元則」ではメルセデスEクラスとガチガチの比較です。あれれー今度はMFIとは全く違う結論だな。さすがに詳細は書きませんけども、短期間のうちにこの両極端の2つのレビューはどうしたものか・・・。BMWがルボランになんらかの圧力をかけたのか? なんかよくわかんないですけど帳尻が合ってさ、優劣が全くつかないという「大人な決着」は、この数年の連載の中でも見たことがないですね。メルセデスとBMWのユーザーを読者に多く持つであろうルボランですから、5シリーズとEクラスを比べるなんて最初からやらなければいいのに。適当にフーガでも噛ませ犬にしておけば・・・けどこれ逆に噛まれちゃうパターンだよな。

  英国メディアではいよいよG30系・M5の詳細スペックが出てます。先代と基本設計は同じのV8ツインターボ(S63)ですが、現行の日本仕様では560psですが、これが610psまでアップするようです。BMWは欧州仕様と日本仕様では一定のスペックデチューンを行なっているので、日本仕様は595psくらいに収まりそうですね。FRながらも0-100km/hは3.5秒まで上がるようです。とても日本で走るスペックではないなー。現実問題として540iMスポくらいが満足度高いのかも。

  あまり触れたくはないですが、ニューモデルマガジンXの西川淳さん、斎藤慎輔さん、高平高輝さんの3人があのコーナーで5シリーズを「大絶賛」しています。3人の平均点が90点くらい、今回はいつに無く得点が高いなー!!でも詳しく読んで見るとアホなことになってます。523dしか試乗車が用意されていなくて、西川さんなどは露骨に不満を漏らしているのに、別の機会に乗った540iは良かったよーってことで高得点なんですよ。カーメディアって本当にしょうもないなーと思いますが、今回はそんなどーでもいいことはスルー。やはりあの西川さんにはっきりと「良かった!!」と言わせた540iですねー。

  この『ひと言』があったからもうこのコーナーは価値があった!!と思います。斎藤さんが相変わらずマツダ嫌いを表明していて、「523dのエンジンはマツダを圧倒している!!」「だってコストが違いすぎるから!!」みたいなこと言ってます。まあ3年くらい前に別のブログで「日本を走るレベルにない!!」と批判を展開しましたからねーBMWの幹部もこれを読んでくれたのかな(笑)。BMWもメルセデスもマツダやPSAをベンチマークして静かなディーゼルエンジンを仕上げてきました。

  メルセデスなんて、先代Eクラスの直4ディーゼルが、Cクラスで改良されて、さらに新型Eクラスでさらに一気に改善されましたね。相当危機感あったみたいです。まともな感覚の評論家ならばマツダが引き起こした「ディーゼル革命」と賛辞を送るべきだと思うんですけどね・・・。それを毎度お馴染みの「日本車はコストの壁が・・・」みたいな余計なことを言ってせせら笑っておられます。斎藤さんはどうも好きになれないですね。毎度毎度マツダに恨み節をぶつけてます。もうマツダは新型アテンザでさらにスマートなディーゼルエンジンを作るしかないですね。

  さて何はともあれG30系5シリーズです。「スポーティ&ステータス」「ビジネス&プライベート」これ一台で縦横無人に活躍できるモデル。M5もしくは540i。あと欧州にはある530dという直6ディーゼルもいいみたいです。問題は・・・イニシャルコスト。いよいよ540iは1000万円。しかも3年乗ったら300万円に急落するのが見えています。レクサスLSでも同じくらい落ちるけどさ。GT-Rやポルシェ911なら700万円くらいは残るみたいです往年のファンがたくさんいるシリーズはやっぱり強いですね。カーメディアもあまり真面目に扱わなくなっているG30系・5シリーズですが、これからどう進化していくのか? カー・アンド・ドライバー5月号の岡崎宏司さんのレビューも中身空っぽだったなー。誰でもいいから真面目なG30系5シリーズのレビューを書いて!!沢村さん、小沢さん、渡辺敏史さん。

最新投稿まとめブログ

↓740iの46000km走行で、なんと250万円 BMWの大型モデルは軒並み激安ですね。



  

  

  

  
  

  

 

2017年5月10日水曜日

新型BMW5シリーズの「毀誉褒貶」 福野礼一郎氏の場合。

  「世界で最も重要なモデルってなんだ!?」・・・累計販売台数という古典的な数字を持ち出すならば、カローラ、シビック、ゴルフなんでしょうけども、ちょっと目線を変えて考えてみましょう。日本の若者がなんとなく知っていてあこがれている自動車ブランドといえば・・・BMW。その中で最も重要なモデルといえば、販売台数ならば3シリーズなんです。それでもやはりブランドのイメージを背負った看板モデルといえば5シリーズ。

  私が免許を取得したのは2000年頃で、その当時(私の脳裏で)最も輝いていたクルマは、R34GT-R、NSX、RX7FD3S (記号と数字ばっかりでどこの車かわからん) ではなく、996でも360モデナでもなく、なんとBMW・M5(E39)。学生の頃に入手したとある雑誌の特集を見て、大まかな世界の高性能車の実力がわかり一気に世界が広がりました、最強の公道車を決めるというありがちな企画なんですが、5部門あるうちの2部門の『メンツ』がなかなか凄いです。

  4WDスポーツ部門の顔ぶれは、アウディRS4アバント、三菱ランエボⅥ、日産スカイラインGT-R(34)、スバルインプレッサWRX-P1 なんだこの「粒ぞろい」な感じは!!スーパーカー部門(360モデナ、Z8、エキシージ、TVRタスカン)よりずっと熱い!!というか暑苦しい!!当たり前だけど、コーナーの立ち上がりならポルシェにも完勝レベルの4台です。ちなみにこのグループの1位勝ち抜けはRS4アバントでした。

  そしてグランドツアラー部門はポルシェ911ターボ(996)、アストンマーテインDB7ヴァンテージ、ジャガーXKR、BMW-M5の4台。これもかなりの「密度」ですね。現在もそれぞれブランドの後継モデルによって脈々と伝統が続く(=世界中にファンが多い)力作ぞろいとなっています。良い車・正しい車を作りさえすれば、ファンがブランドを支えてくれるんですね。

  各部門は4台中2台が決勝進出するグループリーグになっているのですが、ヘナチョコのスーパーカー部門すら勝ち抜けないBMW・Z8ではなくて、激戦の死のリーグだったグランドツアラー部門を911ターボとともに勝ち抜いたBMW・M5こそが完全に当時のBMWの「顔」といっていいと思います。しかも選考を行っているのはイギリスメディアです。イギリス人に「アストンとジャガーではとてもポルシェ、BMWの影も踏めない」とまで言わせる圧倒的な実力。輝かしい5シリーズの歴史です。

  あくまで2000年頃に免許取得という「最も多感な季節」を過ごしたゆえの見解でしかないのですが、いまもその熱は冷めやらずで、本当にE39のM5を買っちまおうかな〜・・・ちなみに中古実勢価格200万円〜くらいです。まだ発売から20年も経ってないですが、タマ数もどんどん少なくなっているし、このまま絶滅したらちょっと後悔するかもなー。当時のM5はまだMT車が主流。これなら3年乗って売却してもほとんど値落ちしないでしょうから、よっぽどの不具合でも出ない限りは、大抵の日本車よりもコスパもいいはず。(コスパがいいBMW!!とても素晴らしい響きだな!! 他にもM240iとかさ!?)

  やべー・・・新型5シリーズの話でしたがすっかり脱線しました。2000年以降の私が知る限りに関してはBMWの「看板」は5シリーズです。そしてフルモデルチェンジで、G30系になりました。E39(1996年)→E60(2003年)→F10(2010年)→G30(2017年)と見事に7年おきにフルモデルチェンジされています。E60で「顔」が一気に変わって、F10で足回りを変えて、G30では7erと別のシャシーになりました、デザイン面ではE39の面影が少し戻ってきたような「奥ゆかしさ」を感じます。

  そして福野さん得意の決まり文句が炸裂します。このライターは私のようなド素人にもクルマのキャラがよくわかるような『格言』・『至言』を作ってくれます(言葉が車を育てる!?)。その1つがこれ・・・『BMW5erはF10(先代)から高級車になり、メルセデスEクラスはW213(現行)からやっと高級車になった。』・・・この何気ないこの一言に含まれる意味は果てしなく深いです。貴族的で華やかな英国サルーンに対して、いかにも社用車然としていた5erとEクラスに一体どんな変化があったとおっしゃるのか?

  長ったらしい前振りは全てはこの格言を解釈するためのものなんですけども、E39の時分には5シリーズは、911ターボのように全開でコーナーを抜けていけるくらいに、乗用車のレベルを超えた前輪操舵性能があった!!アストンやジャガーの2ドアスポーツですら前輪フィールが怪しくなる領域で、フルサイズの4ドアセダンの重量ボデーを搭載した改造乗用車が、圧倒的な旋回性能を見せるなんて!!現代の乗用車のエンジニアリングレベルにおいてはありえないことだと思います。どっちも。4ドアに遅れをとるスポーツカーにも問題があるし、スポーツカーを軽く出し抜くフルサイズ改造セダンにも問題がある!!

  マジェスタの改造車が、フェアレディZを超える旋回性能を発揮するなんて一般的にはありえないことですよね。もし実現したとしたら・・・おそらくそのマジェスタには、あのトヨタ独特のエアサス仕込のフワフワ感などあるはずもないです。エアサス=高級車という短絡的な結論もどうかと思いますが、高級車の素養としては定番の機構ではあります。エアサス的な乗り味とは真逆のキャラを示されてもなお「高級車」と断じるのは、全方向に対して失礼なことじゃないですかね。

  つまりE39・5シリーズは、そのキャラに照らし合わせると「高級車ではなかった」わけです。そもそもMTでガシガシ動く段階で意味合いが違うよなー。「4枚ドアのMT」くらいしか共通的はないですけど、スカイラインGT-Rに近いコンセプトをフルサイズセダンで実現しました!!ドイツ自動車産業の「魂」は、アウグスト=ホルヒやヴィルヘルム=マイバッハの時代から一貫してスケールのデカさにあると思っていますが、1999年に発売されたE39・M5は世紀末になってもそれを体現していました。

  続くE60・5シリーズですが、これも今改めて乗ってみると、良い点も悪い点も含めてちょっと笑っちゃいます。「堅牢なドア」と「盛大なロードノイズ」・・・これはセダンの皮を被った装甲車か!?。程度の差こそありますけど、なんだかランボルギーニ・ウラカンの雰囲気に似てるかも「スポーツカールックな戦車」。これまた程度の差がありますが、トヨタ86の「硬質感」がちょっと近いです。ハンドルの奥には何やら鎖かチェーンで繋がれた「重厚感のあるギミック」が潜んでいそうな不気味さ。CVTのトヨタ車しか乗ったことがない人にとっては「強烈」だと思いますよ。

  そして福野さんが「高級車になった」「史上最強の5シリーズ」と断言するF10になります。まず違うのは「だいぶ静粛性が上がった」ことですね。しかしこれで5シリーズに納得した福野さんみたいな人がいる反面で、なんだか「物足りない」と感じる人も多かったように思います。せっかくの「セダンルックな装甲車」が、「BMWのバッジがついたマジェスタ」になっちまいましたから。「なった」はさすがに語弊があるので「近づいた」くらいにしておきましょう。トヨタと日産がバブルの頃に競って開発した、静粛性と乗り心地を極めるために開発した前ダブルウィッシュボーン、後マルチリンクのサス配置からも、BMWの動揺ぶりが伺えます。

  なんで変化したのか?BMWに詳しい人にとっては愚問でしかないですけども、やはりアウディの躍進にBMWが飲み込まれたのが相当にショックだったようです。北米レクサスとして展開されていたセルシオの静粛性に対抗するために、アウディが「ホルヒ」の精神に立ち返って「ザ・高級車」を開発しました。特に2005年の3代目アウディA6の登場はあまりにもセンセーショナルでした。デザイナーは和田智さんです。ドイツ本国では一気にアウディに追い抜かれたBMWのショック!!引責辞任したアメリカ人デザイナー(クリス=バングル)に責任を全て擦りつけたのは・・・人種差別!? 

  日本のデザイナーとアメリカのデザイナーが競えば、なんとなく日本が勝ちそうな気もしないでもないですけど、アウディA6に引っ張られて個性を『溶かした』BMWのやり方には「賛否両論」ありました。BMWがアウディやレクサスみたいな「高級車」を作ったところで、700万円も払う価値あるの!?・・・けど福野さんは決してアウディのコピーとは言わないです。BMWの「看板」として新たな付加価値を持って登場した!!そう「定義」されました。・・・ちょっとややこしいですけど、この「定義」って非常に貴重だなと思うんです。「◯◯と同じだな・・・」で結論するのは『定義』ではなく『同類項』。

  リーマンショック&大震災という厳しい時代にぶち当たって、日本では存在感自体が薄れてしまったF10・5シリーズですが、このクルマの引退に『史上最高傑作』と「餞け」をする福野さんは最高にかっこいいと思います。そして新たに登場したG30・5シリーズの評価ですが・・・これがなかなか難しいみたいです。続きは次回にしましょう。


 
↑高級車というプラットフォームは完全に狙っていないスタイリング。だから美しい!!

最新投稿まとめブログ
↓『セダンの皮を被った装甲車』が170万円(35000km走行)です。もちろん直6NAです!!


2017年4月29日土曜日

マツダはやっぱり嫌われているな・・・。

  「オッサンの、オッサンによる、オッサンのための自動車情報誌」ことニューモデルマガジンXですが、今月もSPA!かアサ芸みたいなヘタレな記事が満載です。一番笑ってしまったのが、「信号無視の歩行者に注意したら顔面を殴られた!!」って怒っている記事。毎月交通ルールを偉そうに語るコーナーがあるんですが、今回はどうも「怒り」に我を忘れちゃっているのか、もはや人様に交通ルールを説く立場とは思えない内容です。

  「交差点ではいつでも停止できる徐行で通過する」が正しい交通ルールですから、そんなデリケートなスペースに無茶なスピードで突っ込んでおきながら、急ブレーキ回避を余儀なくされたとしても、それはあくまで「自己責任」なはず。このライターが右折する時だそうですから歩行者信号が赤になったくらいのタイミングだったと思います。たとえ相手が信号無視だろうが、このケースでは運が悪ければ自動車運転者が注意義務違反で収監される案件です(むしろ殴られただけで済んで良かったね・仕事のネタにもなったし)。

  確かにその歩行者の暴力行為は決して許されることではないですけども、路上で他人を頭ごなしに怒鳴りつければ、それ相応のトラブルはつきものじゃないですか? 高速道路で歩行者に遭遇した!!というなら「クソ野郎!!死にてーのか!!」くらい怒鳴りつけても世論は味方してくれると思いますけど、横断歩道や交差点を通る歩行者を怒るのは違うだろ?

  幹線道路を走れば赤信号ギリギリで通過していくクルマなんて名古屋や大阪に限らず全国にたくさんいるのに!!そいつらには文句は言わず歩行者に対してはルールを守れ!!という身勝手な主張(オッサン特有のダブルスタンダード)・・・には少々呆れますけども、これを読んで多くの読者であるクルマ好きなオッサンが「そうだ!そうだ!」って言うとでも思っているのか!?

  さて先月号(5月号)の覆面座談会では、過去数年出ていたかった「★2つ」が、何とこともあろうにマツダ渾身の力作「CX5」に対して飛び出しました。あまりの出来栄えに有頂天気味だったマツダ関係者とマツダのファンの顔面にパイを投げつけたい気分だったのでしょうか? 新型CX5を素直に評価するならば、ちょっと表現にとげがあってマツダに失礼かもしれないですが、「レクサスRXのジェネリック」みたいな静粛性に優れたクルマができたんじゃないですか? 「安全で快適なクルマ」をレクサスがカバーできない人々にも乗ってほしい!!というマツダの情熱は十分に伝わってくるパッケージ&価格設定ですけどね。

  今まであまりにもメーカーの顔色ばかりを伺ってしまって「★3つ」を連発していたこのコーナー。当該メーカーやライバル車メーカーのことを考えると「★3つ」以外は付けづらいようで、特定のライバルがいない「ボルボS60ポールスター」や「ゴルフGTE」みたいなモデルには「★5つ」出してましたっけ。マツダの傑作モデルに「★2つ」を突きつけて、さあこれからはアグレッシブな路線で行くぞ!ってことなのか!?そんな予感を持たせた「ざ・総括」に今月号(6月号)では話題を呼んでいる「トヨタC-HR」が登場。今月も過激に人気モデルをぶった切るのか!!と思いきや・・・結果は満場一致で「★4つ」の絶賛ムード。なんだかなー。

  ちょっと引用させてもらいますけど、
「ごく普通に、燃費のいいクルマに乗りたいというひとには全く関係ない選択肢だと思います。しかし、自動車はこういうキャラクターにもなるのです。C-HRには立派な存在意義がありますよ。それを認める世の中であってほしいと思いますね。」
これだけ読むと、なんだかコルベットかマスタングのレビューに使われそうな「定型文」をそのまま使っているんじゃ!?って感じでなんかズレてないですか?HVはモード燃費30km/L以上ですから、燃費を意識したユーザーばかりが基本的には集まってんじゃないの? 実際のところC-HRってちょっとデザインがポップでエキセントリックなコンパクトカーじゃないですか? かっよくてワイルドな(非日常な)SUVを買うぞー!!って意気込む人の需要を満たせてないんじゃないですか?

  似たようなクルマとしてはホンダ・ヴェゼルがありますけど、ヴェゼルの方がキャビンが立派で、ベース車のフィットを想像する人はほとんどいないくらいに作りこまれている気がします。ヴェゼルに乗ると感じるのが手に触れるハンドルやレバー類が高照度プラスチックで作り込まれていて、アウディ、メルセデス、マツダ、スバルのクルマくらいの質感があること(1世代前のBMWの内装よりも立派に見える)。プラスチックのハンドルなんだけど、コラム周りが重厚で太くなっていて、昔ながらのステアリング「ホイール」というよりは、航空機の操縦「桿」みたいな雰囲気。コンパクトなモデルをクイックに操作するイメージを演出しているんでしょうね。マセラティのハンドルがこれだったらちょっとな・・・。

  ヴェゼルとAクラスは悪い意味で「デジャブ」で、座った感じが似ているだけでなく、ハンドリングの仕上がりがどちらも今一歩でした。C-HRも握るまではほぼ似ているんですけども、そこから先が確かに違ったなー。CVTのトヨタ車なんてハンドルもアクセルもブレーキもある程度は応答遅れが当たり前でしたけども、その常識は確かに変わった・・・どういう風に変わったかって?VWゴルフGTIみたいです。 C-HRをトヨタが作った意義は、VWゴルフをある程度認めていて、それに対抗できる乗り味を作ろう!!ということだと思います。ゴルフは249万円まで値下げされ価格の適正化が進んでいますが、C-HRがそれより高い265万円〜にしたのは、ゴルフのベースモデルは相手にしてないからでは・・・。

  ゴルフGTIって400万円もしますけど、それなりに納得はできる「清々しい」クルマです。400万円あればスカイライン、アコード、アテンザ、WRX、アウトバック、ハリアー、508GT、DS5といった満足度高めのクルマが選びたい放題ですから、なかなか「お買い得!!」とまで絶賛はできないですけど、クルマ自体は納得の出来です。日本メーカーが300万円くらいでこのパッケージを盗めば、人気は出ると思います。

  マツダ・アクセラXDはエンジンのタイプが違うし、スバルWRX・S4はミッションと粘っこいAWDの印象で別物。ホンダが今年投入するシビックtypeRは400万円超えるでしょうし、一番近い存在だったのが、三菱のギャランフォルティス・ラリーアートだったですけども、ちょっと前に生産中止になってしまいました。そこでトヨタC-HRにレクサスNXで使っている横置きの2Lターボを乗せれば、かなり良さげ何ですけどもやはり価格は400万円くらいになっちゃいそうです。ゴルフGTIは剛性の高いボデーの良さを味わえるモデルですけども、TNGAのポテンシャルが本当に高いのならば、ハイスペックエンジンのTNGAを是非投入してもらいたいですね〜・・・。

  ニューモデルマガジンXの座談会の話はどうなった? あれはひどかったなー。本当に乗ってみて満足したの?「走り」でしかクルマを選ばないユーザーが試せば、結構ツッコミどころは満載ですけどね。加速時に86みたいなプルプルした挙動を見る限りだと「250km/h対応」の欧州流通モデル(MAZDA、VOLVOなど)とはまだまだ差があるんじゃないかと。読者にもわかりやすいからって、「ザックスだからマツダよりいい!!」という国沢さんの意見をもろにパクった結論はひどいなー。HVもターボもはっきり言ってパワートレインはどちらも不満ですし、欧州輸出モデルですからミシュランを履いてますけど、他のメーカーもブリジストンの欧州ブランド(例えばトランザとか)を装備したモデルも同じようにいい感じですけどねー。この「座談会」本当に大丈夫!?


  

2017年4月26日水曜日

「いま旬なSUVはクーペスタイルで決まり!!」・・・と石井昌道さんがおっしゃってます。

  石井さんには申し訳ないが、すごく勝手気ままなことを書くと、どんな「仕事」にもどーしようもない時ってありますよね。とにかく新型モデルを褒めちぎるといるライターの仕事も、真面目な人がやるとしばしば不自然さしかないレビューが生成されたりします。これも苦しい事情だけがひたすら伝わってくるメルセデスGLCクーペのレビューでした。読者のほとんどは写真9割で文章はまともに読まないから、もう何が書いてあってもいいんでしょうけども・・・そもそもSUVの「クーペスタイル」って何でしょうか?

  まだまだプレミアムブランドが懲りずに作り続ける2ドア「クーペ」は、ベース車のセダンよりも50~100mmほど車高を下げたスタイルが一般的です。1650~1800mmくらいのSUVに対して50~100mmほど下げたのがSUV「クーペ」と言いたいようです。ちなみにメルセデスGLCの車高は1590mm。全長が4735mmもありますから縦横のバランス比で見たら、日本の街中にウヨウヨしている「アノ車」とほぼ同じです。後輪駆動のメルセデス車ですから700万円くらいは常識的なのでしょうけども、日本で走るとちょっと損するデザインなのが残念です。

 

  メルセデスの日本販売の主力モデルがこれになったら・・・。うーん。一時期CLSが大ブームになったことを考えれば、これも案外火が付く可能性があるかも。某大物ライターが世紀の失敗作の烙印を押した旧世代Eクラスと同じ設計を使ったCLSは、次期型はまともな高級車に生まれ変わるのかもしれないですけども、その次期CLS(CLEに改名するらしい)とハズシの「二枚看板」になる可能性はありそうですね。あくまで素人の主観による評価に過ぎないですけども、どんな空疎なアイディアでも「ポテンシャルのあるモデル」としてまとめるメルセデスの集中力は「マジでスゲ〜」と石井さんは言いたかったのか?

  1980年代には「2ドアで車高が低くてリトラクタブルヘッドライト」のデート専用車をほぼ全ての日本メーカーが作ってました。日本市場のユーザー全体をそのアイコニックなスタイルの前に思考停止させた!!という意味で自動車産業史に燦然と輝く瞬間だったと思うのですが、それ以後に全メーカーに横断的な実績を示すほどの「絶対的」なスタイルは誕生していません。・・・いやいや「ミドルSUV」と「コンパクトSUV」のコンテンポラリーなスタイルはあっという間にほとんどの日本メーカーで共有されました。日本をはみ出してVW、ルノー、プジョーへも拡大中です。

  ミドルSUVのスタイルを定型化したリーダー格は「マツダCX5」でしょうか。ハリアー、エクストレイル、アウトランダー、さらにティグアンやプジョー3008もFMCによって「CX5」スタイルに寄せてきました。コンパクトSUVの先駆車はもちろん日産ジューク。ヴェゼル、CX3、XV、C-HR、プジョー2008、キャプチャーなど、4200mm前後のサイズながらスタイリッシュな内装や足回り(ホイールデザインなど)で高級感を演出する趣向が流行っています。

  そんな日本発の潮流をぶった切る「メルセデスGLCクーペ」・・・日本メーカーの色には染まらない!!というメルセデスのプライドを感じます。ベースとなっているGLCは安易に「CX5」スタイルを踏襲していて、メルセデス価格で売るには差別化が不十分で日本ではちょっと苦しい気がします。「クーぺ」として日本メーカーがとりあえず考えないスタイルを模索したら、プリウスに寄ってしまった・・・これを「旬」と言い切る石井さんの深謀遠慮は素人には全く推し量れません。一体どこを見ているんだろう!?
お!?続々来てるかも?(ちょっと違う?)



  プレミアム&ラグジュアリーブランドとなると、やはりどこも安易に日本の「大衆SUV」のデザインを真似したりはしないようです。・・・いつまでもCX5に似たようなSUVが売れると思うなよ!!マツダは慌ててFMCをしてましたけど、キープコンセプトなデザインはちょっと危機感無さ過ぎかも。グローバルで年産40万台を突破したCX5ですけど、せっかく獲得したユーザーは似たようなデザインの2代目にそのまま乗り換えてくれるのか? 次はちょっと変り種に乗りたい!!って人もいるのでは。マツダも年内にはCX6が立ち上がって、CX7、CX8と増えていく予定なのかもしれませんが・・・。石井さんに「時代遅れ!!」と烙印を押された日本勢のSUVがどう変化していくのか?楽しみです。


2017年4月20日木曜日

小沢コージさんをいじめるなー

  「日本市場は今度こそ変われるのか?」・・・日経の記事みたいな「抽象表現」を平気で使うから嫌われちゃうのかなー。相変わらずですね。そして小沢コージさんというキャラこその変な「ザワザワ感」が・・・。北米市場のベストセラーはビッグ3から発売されるピックアップトラックそれから中型セダン。欧州ではゴルフやルーテシアのようなスモールハッチバックと小型SUV。毎月トップ10の車種がコロコロ変わるのは日本くらいなものじゃないですか?・・・という味気ないツッコミが瞬時に浮かびますが、今回はやめておきましょう。

  とっても「ビッグ」な小沢さんが本当に言いたいのは、「もっと価値あるクルマを買いなさい!!」ってコトなんだと思います。・・・あ、繰り返しますが、「プリウスが最も経済的で価値が高いから売れているんだ!!」というツッコミ自体がスベってますよ!!

   (小沢さんの過去の著書から想定されるのですが)ベントレーからアルディTTまでをこよなく愛するという小沢さんの守備範囲の広さ・・・大きいのも小さいのも好きなんですね。そして「硬派なクルマ」はちょっと苦手なのか? ス○ルみたいな絶対に「モテない」ブランドには、ストレートに「用はない・・・かな」と伝える。そういうチャラい兄ちゃん風のキャラ設定のせいか、敵がどれだけ増えていくかを想定しない言動のせいか、自動車ライターを語る掲示板では、ちょっとした言動ですぐにボコボコにされる一人になってます。

  小沢さんとほぼ同年代の西川淳さんは、スーパーカーのオーナーから、ラグジュアリーセダン派まで幅広く支持されてますけども、小沢コージさんはなんでそんなに人気がないのか? 考えられる理由の一つが「顔」ですね。小沢さんのようなイケメンな自動車ライターってどうもダメみたいです。同じ車種のレビューでも、読み比べると西川さんの方がそのクルマとより真摯に向き合っているように感じちゃうんですよ。西川さんと同じようにいいことを小沢さんが書いていたとしても、それは「モテたい」目線なんじゃないの?そう邪推してしまう・・・。しかしですよ!!両者の文章をさらによーく読むと、どうも西川さんの方が明らかにモテたい意識は高いんですよ!!色気とかに敏感なのは西川さんだ!! いちいち野暮なことは書かないですけど、もうこれは笑うしかないです。

  そんな小沢さんが新潮新書から10年ほど前に発売した「クルマ界のすごい12人」
という秀作があります。梁瀬次郎さん、星野一義さん、和田智さんなど、自動車業界の「生きる伝説」ともいうべき人々を取材したものですが、これだけのメンツとコネクションをしっかり持っているというのがスゴイ。さすがイケメン。

  小沢さんのウェブ記事やNAVI CARSの連載を見ていて思うのは、メーカーの人にあれこれ聞いてくるのが上手いなーってことです。メーカーの開発担当者に快く受け入れてもらえるタイプのライターさんに分類できます。同じタイプには他に高平高輝さん、岡崎五郎さん・・・あとは島下泰久さんなんかもそうかも。逆にメーカーと絶縁状態な雰囲気が伝わってくるのがF野さん、S村さん、W辺T史さん、N川さん・・・ただしこっちの方が文才があって読んでいて面白い。興味深いことが簡単に書けちゃうだけの強烈な「キャラ」と「見識」があるから、単純でつまんねーことしか言わないメーカー担当者の話なんてさ、まともに聞いてられないのかな?そして水野さんみたいな達者な開発者が出てくると距離を置いてしまうとか・・・。

  小沢さん、高平さん、五郎さん、島下さん。この4人は年季の入ったクルマ好きな人々からは、やや軽んじられるとことがあるみたいです。個人的には4人ともとっても「いい人」なんだと思います。せっかく説明してくれたり取材に協力してくれるメーカーの人の気持ちを最大限に汲んで、好意的に記事を書くイメージがあります。ただしそうすると「八方美人」と見られてしまうこともあるでしょうし、自動車評論家として主体性を発揮する「見識」に欠けるとか見られちゃうんですかね。・・・そういった批判に対して小沢さんがキレて反論している記事を読んだことあります。「俺は評論家じゃない!!」と言ってた。

  手前味噌で恐縮ですけども、「クルマを語る」という行為はなかなか高尚なことだと思っています。クルマのことなんか何もわかってなくても、堂々と語れるのは頭のネジが一本なくなっているのかもしれないですけど、おそらく誰よりも「クルマに対して感動している」から書ける。ブログなどで発信していると、たまに「幼稚だねー」とか「何もわかってないのに書くな!!」とか言ってくるアホがいますけど、そういう「欲求不満なちっこい」輩なんて無視しておけばいいと思います。自分の意見を(自分のプラットフォームで)発信する人間と、発信する人を批判して(貶めることで無意識に自分が上位に置いて)納得するクズとでは、どっちの人生が豊かなのか?って話です。

  小沢さん、高平さん、五郎さんのレビューを読んでいいなーと思うのは、この3人の「感動」がとてもよく伝わってくるからです。F野さんやS村さんは最近のクルマにとことん冷めているのが伝わってきて、たまに読むのが辛い時があるんですよね。面白いかどうか?も確かに大切ですが、クルマに対して建設的な意見や「感動」を発信してくれるライターを時代は求めているんじゃないですか?(K沢やS水K夫のプロパガンダ<日本車への偏見>は論外ですけど)

  高平さんはホンダの歴史と技術に心酔しているのがよくわかります。島下さんはまだまだお若いですけど、この3人のような「感動系」レビューを書ける有望株だと思いますので・・・「間違いだらけ」でもっとハジけてほしいですね。



  


2017年4月14日金曜日

F野氏「最近FMCで良くなったクルマはEクラスだけ・・・」

  カリスマライターのF野氏が某連載で書いてました。確かにEクラスは良くなったでしょうね。Sクラスの設計をCクラスとEクラスにまで押し広げたから良くなった!!という認識でOKだと思います。「Eクラスは先代があまりにも酷すぎたから」・・・これもうちょっと早く言ってくれないとダメじゃないですか?かれこれ4年くらい前に「先代Eクラスは絶対に買ってはいけないレベル!!」みたいなことをブログで書いたんですけど、そのまま2ちゃんのEクラススレにリンクを貼られた後に、「コイツは頭がおかしい」とか「半島人みたいなキレぶりだな〜」とか散々に言われましたけどね。カリスマライターならOKなのかよ!!

  なんで誰も「ダメ」って言わないんだろ?って思いましたよ。単純に日産フーガやレクサスGSと乗り比べれば、先代Eクラスは格下なのが明確で、なんでこんなのが「高級車」なんだ? F野さんは以前の著作で2000年代のメルセデスが劣化した原因は、日本メーカーを安易に模倣したから!!と言及しておられました。あのアルテッツァが北米では「レクサスIS」として売られていたわけですから、まあ言わんとしていることはわからないでもないですけども、日本で200万円そこそこで売られたコンパクトFRセダンを基本とした設計がそのままメルセデスEクラス/Cクラスに影響を与えた!!としても、それを安易に決断したのはメルセデス陣営なわけで、トヨタのアルテッツァを戦犯に仕立てるのは間違ってんじゃないすかね!?(そういう論理ではないかもしれないですが)

  中型セダンとして、そして欧州にも輸出されたトヨタのグローバルモデルとして、アルテッツァのインパクトは大きかったとは思います。2000年頃に出版されている英国のクルマ評を読んでも、このクルマはE46系BMW3erや、アルファロメオ156、あるいは当時欧州で日本車の実力を示していた欧州向けアコードといった名車と同等かそれ以上の喝采を浴びています。欧州も「これが世界のトヨタの実力か!?」って日本市場とは全く違う視点で盛り上がったのは確かなようです。

  好評の新型Eクラスは第五世代でW213系と言いますが、先代(4代目)がW212、3代目がW211、2代目がW210、そして初代がW124です。1985年に登場した初代Eクラスはマツダの操安部の人が絶賛していたりするので、当時としては相当に画期的なモデルだったのだと思います。現行モデルで操縦安定性で比較すれば、マツダは日産と並んで世界の頂点で、レクサス、アウディ、BMW、メルセデスに対して優位な立場にありますが、そのマツダの開発者が褒めるのだからよっぽどいいハンドリングなんでしょうね。

  2代目EクラスのW210系は1995年に登場しますが、これがコストダウンがひどいと叩かれています。アルテッツァの発売が1998年ですから、これはちょっと辻褄が合わないかも。1989年ごろに絶頂を迎える日本車がメルセデスの質に影響した!!ってことなんでしょうね。1989年だけで日本車の新型、FMC、モデル追加が40件ですからね、毎週のようにどこかから新型モデルが出てくる。しかも「レガシィTW」「インテグラ」「ロードスター」「セルシオ」「スカイラインGT-R」みたいな名車がたっぷり入っているわけですから、メルセデスもビビったでしょうね・・・こりゃやられるなって。

  F野さんが言うには(世界自動車戦争論より)、そこからメルセデスの開発タームは恐ろしく短くなってモデルも枝分かれして、開発ソースも分散するからW124のようなクルマが再び生まれる余地はないよーってことらしい。どのメーカーもあまりに忙しすぎて何もできない状況の中で、自動ブレーキだの自動運転だのあれこれ新しいテクノロジーがデフォルトで装備される時代だから、もう「終わってる」とおっしゃられています。・・・某シュツットガルト・メーカーの現行モデルの量販車を「神」って言ってたのは誰だ!?っておもわずツッコミたくなりましたよ。2013年はどうやら最近ではないらしいです。

  ここからはF野さんとは関係ないのですが、現行EクラスがCクラスと同じようにSクラスから下りてきた足回りを使って作られて、走りの質が大幅に変わったのは、やはり将来的に計画されているメルセデスとインフィニティの設計を統合する動きに関係があると思うんです。本当に実現するかわかりませんけども、Cクラスとスカイラインのシャシーが統合され、Eクラスとフーガも同じになるとすると、CクラスとEクラスは相当に頑張って日産のレベルに追いつかないとダメじゃない?と先代までは思ってました。しかし現行になってCもEも一気に差を詰めてきました。全てを日産・栃木の基準で作ったから!?じゃないかと思うんです。

  フーガもスカイラインも現行モデルになってからずっと日本のカーメディアからは無視された存在でしけど、これが実際に乗ってみると相当に衝撃的だったりするんですよ。現行のマツダ・アテンザは、先代までの超絶ハンドリングマシンという伝統は後退しましたが、ハッキリ言って先代のEクラス(W212)や5er(F10系)よりもよっぽどよくできていると思います。しかも価格はEクラスや5erの半額だし!!けどそんなアテンザが完全に屈するのが日産の栃木モデルです。それくらいに現行のスカイラインはレベルが高い。Eクラスも5erも新型になってシャシーを変えましたけど、日産どころかマツダにもナメられるレベルだと当事者も十分に自覚していたんだと思います。

  F野さんの日産車評ってなかなか見かけないですけども、MFIのvol.95で現行スカイラインのターボとHVに乗っておられます。この人らしいなって思うのが、目についた日産の工作レベルの高さを全部あっけらかんと挙げてくれること。これ読んじゃうと比較対象にされているBMWやメルセデスがポンコツなんじゃないの!?ってことがダイレクトに伝わってきます。まだF野さんは優しいです。実際に乗り比べてみると、日産とかろうじて比較できるレベルにいるのは、BMWが意地で改良した「4er」だけじゃないか・・・それくらいに絶望的な差があります。マツダ、レクサスとBMWの4erだけ。あとは周回遅れ・・・スバルとかアウディとかさ。とりあえずF野さんの警告に従うと、現行のアテンザ、4er、RC、スカイラインを末期に買うのが正解みたいです。


最新投稿まとめブログ
↓参考文献はこちらです
世界自動車戦争論 1 (1)
A-cars 2017年5月号
MOTOR FAN illustrated Vol.95 (モーターファン別冊)

  
  

  

2017年4月6日木曜日

マツダよりVWを買いましょう!!はいいけどさ・・・。(VW車オーナーは読まない方がいい!)

  前回、お伝えしたようにニューモデルマガジンX5月号がマツダを「遠慮気味に挑発する」という暴挙に出ています。マツダの国内販売の伸び悩みは深刻で、1車種を除いてはほとんど儲かっていないわけですが、その最後の希望の1台・・・マツダとしては絶対に失敗できないギリギリの総力戦の果てに生み出した新型CX5に対して、血も涙も無い酷い判定でした。ちょっと調べてみると過去1年で星2つのクルマは今回のCX5のみ!!マツダが関与するクルマでこのコーナーに登場したのは、MC後のアクセラ(星3)、アバルト124スパイダー(星3)と新型CX5ですから、マツダだけが平均スコアで3を下回る「2.67」・・・ワースト・ブランド・オブ・ざ・イヤーです。

  同じ5月号にはSUVとしては異例の星4つを獲得したVWティグアンが登場します。ユーロNCAPでは、あの「メルセデスEクラス」を余裕で上回り2016年テスト車ではアルファロメオ・ジュリアに次いで第2位を獲得するなどVWの新たなるスター候補だなー・・・とは思ってましたけど、CX5より上かい? 2016年ユーロNCAPはマツダ、ホンダ、日産、BMWといった強敵が居なかったというのもあるんですけどね。「欧州車=安全」というイメージを守りたいから(実際は日本車の独壇場)、一切ユーロNCAPには言及しない(北米NCAP、JNCAPも)のがカーメディアの常識になって居ますね。そんなチキン野郎にクルマの良し悪しがわかるのか?

  じゃあ一体何が良くて星4つなんだ!?・・・内容を読んでみて唖然。いくら読んでも少しもいや全くわからないMQBの説明にほとんど費やされて居ます。このコーナーの設定ではクルマに詳しい(専門家)5人のオッサンの座談会なんですけど、4年前に散々に行われたような無駄話に参加者の誰もが疑問を感じないんですかね!?つーかこんな内容でお茶を濁していると・・・そろそろバレちゃいますよ。もうゴルフの話はいいからティグアンのいいところを語ってくれ〜!!

  「MQBで年産500万台が目前!!」だそうですけども、まあ結構なことじゃ無いでしょうか。ゴルフも現行になってまだまだJNCAPでプリウスに負けているとはいえ、衝突安全性は先代(6代目)よりもさらに上がっています。そしてティグアンも先代とは全く違うレベルまで上がった!!おそらくホンダやマツダの同クラスのSUVを超えたと思います。2.2Lディーゼルターボと1.4Lガソリンターボの違いはありますけども、車重は100kgもCX5より軽いですしこの辺が好結果に影響してそうです。確かに1500kg台ならば150psの1.4Lターボでも十分に引っ張れるでしょうし、そこはトルコンATではなく、VWが日本仕様で使うDCTの「直結」が威力を発揮するでしょう。

  車重とユニット出力のバランスはどのメーカーにとっても課題です。トヨタのC-HRも1.2Lターボではバランスを欠いているように感じます(諸元を見て買う気が失せる!!)。「パワー・ウエイト・レシオ」の適正化という意味でMQBは非常に優秀ですね。ゴルフもパサートもティグアンも、全て先代よりも確実に良くなっています(スペック見て欲しくなる?)。その反面トヨタのC-HR1.2LターボはTNGAの黒歴史になっちゃいそうですね。

  同じくモジュラー設計の「スカイアクティブ・シャシー」を使うマツダでは、VWとは逆の発想で、プレミアムブランドと戦うために車重を増やす傾向にあります。CX5もキャビンの容積こそ小さくなっているのに車重は増加・・・何が違うのか?は乗り比べればすぐにわかりますけど、新型モデルをVWとは別路線へ持っていくことを考えてます。とりあえず想定しているのは「打倒レクサス&アウディ」。その想いだけでメラメラ燃えているのがよくわかります。まあこの辺の事情を完全にスルーして判断すると星2つなんでしょうけどね。

  さらに読み進めるとこのティグアンの記事・・・プロとは思えないほど酷いです。「VWはMQBの500万台を1.4Lと1.2Lのたった2つのボア径だけで済ませる!!」とか平気で書いてあります。これはあんまりだ!!読者をバカにしている!!ちょっと調べれば誰にだってわかることなのに!!「ゴルフは1.2L過給で走らせ、ティグアンは1.4L過給。重量差が大きいのにそこをたった200ccでカバーしている!!」・・・いやいやカバーできてないって。

  なんかツッコミ所が多すぎて困りますね。ちょっと整理しますと、
  ①「ユーロ6に未だに対応していない1.2Lターボはまともな国ではすでにお役御免となっています」 この話は何度か書いてますのでアレですけど、このエンジンは日本の「2017年規制」にも対応していませんから、ゴルフ8になってもそのままのエンジンでは型式認証が取れません。ちなみに日本の政府系研究機関の調査によって、トヨタ・ヴィッツのポート噴射による1.3L自然吸気の50倍のNOxが発生していると告発されたことがあります(一応2012年規制には収まってますけど)。今回のティグアンの記事でも「直噴化」のメリットを滔々と述べておられますけど、どこまでユーザーを愚弄すれば気がすむのか・・・。

  ②「そもそも500万台の中で相当の割合を1.6Lと2.0Lのディーゼルが担当している」・・・北米と欧州で「ディーゼルゲート事件」と騒がれた「アノ」エンジンではなくて、欧州や北米では新型に変わっていますが、渦中のエンジンはまだまだノックダウン生産で西アジアなどでは大量に売っているそうです。ユーロ6にもバッチリ対応しているというディーゼルがなかなか日本には入ってこないですね・・・。

  ③「北米のゴルフは1.8Lガソリン過給がデフォルトで、中国では同じく1.6Lガソリン過給が主流」・・・一体「500万台の全てを1.2L&1.4L」はどこから来た発想なのでしょうか?日本のマヌケなカーメディアとVWユーザーがVWのイメージに騙されて描いた「構図」なんでしょうね。ユーロ5止まりの1.2Lターボが主体で未だに販売が継続されている日本って完全にナメられてますね。だからVWは嫌い。VWを絶賛するヤツに限って本当に何もわかってなくて、ドイツのゴルフは日本とは違って1.0L、1.4L、1.5Lのガソリンターボが展開されていて、インプの半額で買えるとかいう実態を知らなかったりするんですよ(安いから売れるのに)。ドイツ向けの1.4Lはユーロ6対応で、日本向け1.4Lは非対応とかさふざけてんじゃねーよ(マジです)。日本は西アジア市場と同等に扱われています。パキスタンとかトルコで売っているエンジンに250万円払うってさ・・・。

  最近ではVWもパサートに2.0Lターボを復活させるなど、400万円以上払えばまともなクルマを売ってくれるようにはなりましたから、今後は日本向けの戦略もだいぶ変わってくるとは思いますが・・・。その前にメチャクチャな情報を書いて「VWの1.2&1.4は素晴らしい!!」などと意味不明な情報を拡散している、相変わらずクソなカーメディアを徹底的に潰さないといけないですね。匿名ブログで告発&啓発するくらいしかできないですけども、日本のクルマ文化が滅びる前になんとかしたいな〜・・・。


2017年3月26日日曜日

マツダCX5まさかの★2つ!!

  もちろんNCAPのテスト結果ではないですよ!オーナーの方はご安心を!!某クソ雑誌が「ダブルスタンダードだけど」と言い訳をしつつも「マツダならもっとできる!!」とか意味不明なこと言ってますね・・・。どこがそんなに気に入らなかったのか仔細に眺めると、「遮音性が高すぎて(トヨタっぽくて)ダメ」ということらしい。もう呆れてものが言えない。どうやらオッサン連中は、NVHの質感が上がり過ぎてしまってついていけないらしい。高級料理店のこだわりの逸品を「味が薄いな〜」って批判するレビューみたいです・・・。

  先代のCX5は遮音が甘いとかケチ付けていたのもこの雑誌じゃなかったでしたっけ? 要するに日本メーカーは何をやっても「気に入らない」んだろ!? 還暦前後のオッサン達が寄ってたかって語り合っている限りでは、フラットな見解なんて出せやしないと思いますよ。この雑誌に限らず、あっちでもこっちでもダブルスタンダードが横行してます。とにかく日本メーカーがアメリカ市場の為に仕事するのがとても許せないみたいです(オマエらがウザいから日本でクルマが売れなくなっているのにさ・・・)。

  もうこの1年で何度見たことでしょうか?日本メーカーの上級モデルを「ダブルスタンダード」でディスる例を。一番笑かしてくれたのは、カーグラフィックさんでしたね。Eセグセダンの「加速テスト」でブッチぎちのタイムを叩き出した「ホンダ・レジェンド」を反則負けで最下位にしていた!!そもそも「加速テスト」に無理があるんじゃねーの?NSXと同じシステムを搭載したレジェンドと、中国工場で量販するために設計された2LターボのEクラスが同じ土俵で勝負になるわけないじゃん。「加速」「燃費」「静粛性」「安定性」「ハンドリング」で全て上回っているのに、排気量と駆動方式がズルいから「反則負け」って・・・。

  確かに日本メーカーがやりすぎな点は多々ありますよ。わざわざ「ダブルスタンダード」だと明言して言い訳をしてでもオッサン達は批判したいわけです。もう批評されるメーカーも、読み手となるユーザーも完全にほったらかしで、自分達のエゴを通したいわけです。街中を暴虐無人に歩く還暦前後のオッサン達を見ているような書きっぷりですわ・・。しかし物質文化のアメリカで圧倒的に成功する日本メーカーにとっては、オッサン達を置いてきぼりにしてでも、「進化すること」こそが生命線なんですよ、最初から中国で量販しようなんて思ってないから思い切った設計をしますし、日本のサプライヤーと同等以上に優秀な米国サプライヤーのサポートも受けられます。失礼ですがドイツメーカーとは完全に土俵が違う!!

  サプライヤーの実力は、大まかにその国の国防予算に比例します。そりゃそーだ!!市販車向け技術のほとんどは低コスト化に費やされます。フェラーリやランボルギーニのエンジンが9000rpmも回ってすごい!!とか言ってますけど、第二次大戦中の戦闘機用エンジンは、ロールスロイスもBMWも中島も70年以上前にすでに15000rpmくらい余裕で回ってました。ちなみに当時は圧倒的にロールスの性能が上で、1926年まで航空機エンジンの生産を禁止されていたBMWは不利でした。今でもターボチャージャーのタービンを作っているのは戦時中軍需メーカーに端を発する重工業が中心です(三菱、IHI、ハネウェル)。

  現代では国防費が高い国ベスト5は、アメリカ、中国、サウジアラビア、インド、ロシアで、この「5大国」だけが15兆円を超える規模です!!アメリカは50兆円でこれはほぼ日本国内工場における二輪、四輪、サプライヤーを合わせた「自動車産業」全体の売り上げ高に匹敵します。なるほどサウジアラビアはアメリカ企業に20兆円規模の「寄付」をしているから、独裁政のまま残って行けるんですね(アメリカが守ってくれる!! )。

  それに対して日本を含むアメリカ以外のG7国はどこも横並びで5兆円前後です。人口比を考えると国民一人あたりの国防予算は日本が最も低いみたいです。トランプ氏はどうやらこの辺のデータを見て日本政府に対して圧力をかけているのかな?さっさと国会議員を減らして、もっと国防費を増やしなさい!!これまでの日米の国防費の支出があったからこそ、携帯電話やカーナビが民間向けに実用化されているのです!!単なる中間搾取を行うだけのサービス業を行政改革で優遇したところで、何ら効果はないです!!商社や銀行が1つ2つ潰れたところで社会全体に何ら影響はないですけど、トルクコンバータを作っているエクセディが潰れたら、日本車もVWのような劣悪なDCTを使う羽目になりますよ!!(旧陸軍体質で国防費こそ中間搾取されそうだけど・・・)

  もうバカバカしくて真面目に語る気が起きません。同じ日にアコードHVと、BMW530e(F10)を乗り比べると・・・やっぱり防衛費の違いだなーと実感します。アメリカでクルマを売るってこういうことなのか!? パネライの機械式時計(なんでイタリア?)とアップルウォッチ。さあどっちが欲しいですか? くらいの開きがホンダとBMWにはありますね。どっちがパネライだって?そりゃもちろん。

  そして「CX5・★2つ」の次のページには・・・やっぱりパネライが登場します。いやIWCかな?しかも★4つだってさ!!CX5のライバルになる中型SUVです。これはちょっと露骨じゃないですか!?もはや風前のともしびとなっている自動車雑誌に「理性」とか求める方が頭おかしいのかもしれないですけどね。私の知る限りでは過去3年以上は★2つなんてモデルは出てきていないと思います。エスクード、ジェイド、キャスト、フォーカス、エクシーガなどなど、あまりにもエキセントリック過ぎて記録的な販売不調モデルでも★3つだったのに。

  ★2つって一体何者?「ちょっと考えた方がいい」というレベルらしい。つまり買ったら後で後悔する可能性大ってことか?確かに車幅1840mmですし、ちょい乗りNGな「XD」、あるいはパンチ不足なガソリンモデルですから、そりゃ「ちょっと」じゃなくて「よーく考えた方がいい」んじゃないですか。どのグレードを選んでも多少は「ありゃ?」ってなるでしょう。これだけクルマに対して締め付けが厳しい世の中ですから、燃費を全く気にしない金持ちが、V8NAのレクサスRC-FやレクサスLCでも選ばない限りは、多少は不満が出るって。RC-FやLCだって買った後に、やっぱMTにすればよかった!!ってなるかもしれないし・・・。もう全部★2つにすればいいんじゃないの?


2017年3月22日水曜日

スバルの新プラットフォームに0票って・・・。

  モーターファンイラストレーティッドの126号には、「MFI・テクノロジーof the year」という特集があったのですが、なんと!!スバルの「グローバル・プラットフォーム」が0ポイントです。トヨタの「KIROBO」でも1ポイントを獲得したのですけどね。KIROBOとはトヨタが開発した、車内でドライバーとコミニケーションを取るAIロボットで、現状では音声会話機能があるだけだとか。ナビのインターフェースとしての機能はないみたいです。それってクルマに関係あるのか?

  さらにトヨタのプリウス(AWD)用リア駆動モーターは4ポイントを獲得しています。これってコンパクトカーや軽自動車でも既に使われている技術じゃないの?トヨタもヴィッツでこれを使っていたんじゃ? 他にもなんだかわけわかんない技術がポイントを獲得しているのに、なんでスバルだけポイントが入らないのー? スバルが「世界最高レベル」を謳って作ったシャシーなんですけどねー。

  スバルが新型シャシーで目指したものは、おそらく欧州車が好きなカーメディアにはウケがいいだろう!!と思っていたのですが、どうも様子が変です。これまで散々に剛性の高いシャシーを絶賛してきたのがカーメディアだったはずです。そしてそれと同時に人気を博した軽量で気持ちよく走る日本製スポーツカーをことごとく「シャシーが甘い」と一刀両断してきました。餌食になったのはS13~15シルビア、RX7FD3S、MR-Sなどいずれも軽量でハンドリングを重視するマシンばかり。

  1800kgくらいある欧州のGTスポーツに比べれば、1000~1200kg程度の日本のスポーツカーのシャシーなんて剛性が足りなくて当たり前なんですけど、クルマの使用目的などお構いなしに「シャシーの剛性」を単純比較して読者を惑わす低次元なカーメディアをのさばらせてきたのは痛いですね。K沢さんやS水(和)さんがいうならわかるけど、F野さんやS村さんまで書いてますからね・・・。

  そしてスバルが欧州のGTスポーツを相手にしても遜色ないくらいのシャシーを作ってきたら・・・今度は全員で知らんぷりですか。まあスバルもまだインプレッサのみの展開で、しかももったいぶったようにインプレッサは自然吸気、ターボはWRX&レヴォーグと区別してますから、まだまだ欧州GTスポーツと比べて、このシャシーにどれだけのポテンシャルがあるかは不明です。レガシィ用の2.5Lや3.6Lの排気量が大きめの水平対向自然吸気エンジンを搭載するグレードを特別に作って、華々しくデビューした方がよかったのでは!?

  クルマ好きな人ってのは大抵はバカで、「馬力は関係ない!!」みたいなご都合主義な発言を好むくせに、無意識のうちにいいクルマだと思うのは馬力が大きいモデルだったりします。「馬力は関係ない!!」と言えるのは、あくまでクラス水準から見て軽量だと判断されるボデーを持ったクルマだけに許される褒め言葉です。欧州GTカーを名乗るようなクルマにはやはり排気量の大きめなユニットが似合います。新しく発売されたレクサスLCなどはその典型例だと思います。

  スバルも300psのターボエンジンを搭載して堂々のGTスポーツカーとして欧州でも絶大なる人気を誇りますが、200ps以上出る大排気量自然吸気、あるいはガソリンターボ、ディーゼルターボが欧州的なクルマの典型的なスペックだと考えると、現状では1.6Lや2L自然吸気しか積まないインプレッサは、シャシーのポテンシャルを十分に証明する機会をまだ得ていないんですね。

  マツダ・ロードスターやロータス・エリーゼみたいに軽いシャシーも、BMW・M3/M4やジャガーFタイプのような重いシャシーも、トヨタ86やポルシェ・ケイマンのような中間的なシャシーも、全てはクルマの性格と使い道に適合した設計にまとまっていれば「素晴らしい」クルマだと思います。市販されているスポーツカーの全てが「素晴らしい」とは限りませんが、少なくとも「シャシー剛性が低い」というだけで切り捨てるのはやめてほしいものです。

2017年3月15日水曜日

福野礼一郎さんは何が言いたかったのか?(ルボラン4月号)

  福野さんの「ルボラン」の連載といえば「比較三原則」ですが、4月号は珍しくイレギュラーな内容でした。当初はBMW7erとキャデラックCT6の比較を予定していたが、編集長の一声でケイマンとアウディTTになったとのことです。いつもズラズラと書いてあるNVHや操縦安定性などの細かい採点はなく、ひたすらに福野さんの直球なレビューが続きます。

  確かに7erとCT6の比較なんて一体誰得なんだろう・・・いくら福野さんが熱く語ったところで、ほとんどの読者はバスやトラックのレビューを読んでいるのと変わらないですから、編集長の差し替えも納得できます。福野さんがケイマンとアウディTTの批評!!これはクルマ好きなキッズもオッサンも「おお〜!!」と前のめりになるコンテンツのはず!!多くのルボラン読者が「今月はラッキーだ!!」と思ったのも束の間・・・え???な内容にびっくりしました。さすがは福野さんですね。ニヤリ。

  そりゃないっすよ福野さん!!確かに期待する方がバカなのかもしれないけどさ・・・庶民がかなりリアルに「夢見る」ケイマンですよ!!この衝撃は是非実際に読んで体感してほしいですし、ここではネタバレを防ぐために詳細は書きませんけど、ケイマンのレビューでここまでショッキングな内容は、他の凡百なライターでは絶対にありえないと思います。まさかこんな手法でポルシェとVWに中指を突き立てるなんて!!福野さん以外が書いたら速攻でお蔵入りですね・・・。

  果たして狙いはなんなのでしょうか?素人にはその真意はわかりません。水平対向エンジンを積んだスポーツモデルとして登場したトヨタ86/スバルBRZが、ポルシェケイマンを超えることを目指した!!みたいな触れ込みを受けて、このブログでもしばしばネタにさせてもらっている某ライターが、テストで好き勝手に言ってます。 この人は、とにかく結論ありきですから、動画を見るまでもなく、予想通りに「ケイマンとBRZではまだまだレベルが全然違うよー!!」と言う話なんですけども・・・。


  福野さんのレビューが絶対に正義というつもりはないですけども、清水さんと福野さんでは見ているものが全然違うんだなーということがわかります。清水さんはしばしば「二律背反」という言葉を使いますが、この動画の中でもポルシェがケイマンにおいて「魔法」を使って「二律背反」のジレンマから抜け出していると表現しています。それに対して福野さんの評価ではケイマンよりもアウディTTの中に「走り」と「乗り心地」の両立が見られる!!と断じています。思わず「清水さんは間違っている!!」と鬼の首を取ったような気分になりますが、ポルシェの「魔法」について他の人が語っているレビューを見たことがあるので、清水さんにも一理あるのだと思います。

  ポルシェ研究家で知られるポール=フレール(故人)は「乗り心地」と言う表現はしていなかったですし、Top Gearのクリス=ハリスもポルシェのレビューで「乗り心地」という概念を見たことはないのです。これはもしかして日本の評論家に特有の表現?じゃないかと思います。これが原因かどうかわかりませんが、ポルシェと日本人評論家の組み合わせはどうも相性が悪いですね。誰かが「911こそピュアスポーツ」だと言うと、他の誰かが「911の成り立ちはスポーツカーではない」とディスる。「最新のポルシェこそが最良」という建前に対して、唾を吐きかけるかのように「997や991の瑕疵」を指摘する自称辛口が現れたり・・・。そしてまさかの全モデルターボ化に踏み切ったポルシェに対して、突如として口を塞ぎはじめ、「絶対評価」を下さないまま保留して、他の人の様子をうかがるチキンライターが多い・・・(偽物どもが!!)。

  なんだかアンタッチャブルな存在になってしまったポルシェ。これに対してガツンと鉄槌を下した初の日本人ライターが今回の福野さんかもしれないです。しかもドイツ車が大好きな読者ばかりの「ルボラン」で堂々とポルシェをディスるなんて・・・。ドイツ車への畏怖なんて全くない私が読んでも、非常にエキセントリックな内容でした!!けど今も福野さんの意図がハッキリとわかりません。ポルシェの神格化を否定する!!なんて素人ブログレベルの主張ではないと思いますが、「ポルシェ!!バイバイ!!」と時代の推移を保守的な読者に説いたわけでもなさそうです・・・。

  ケイマンなんて何も喋ることないです!!とばかりに、本稿に全く関係ない車がポルシェを圧倒するほどの素晴らしさを持っている!!と延々と語っています!!(なんじゃこりゃ!?)。とにかくケイマンでもTTでもないドイツ車でもない車を大絶賛しています。しかも「ポルシェごとき」がどれだけ頑張ってもこのクルマを超えることはまず無理だろう!!というくらいのテンションが伝わってきます(熱いな!!)。よっぽど癪に触るポルシェユーザーがいて、そいつに対する単なる当てつけなのか!?そこまで疑ってしまうくらいに徹底的に見下されたケイマン・・・手頃な高級スポーツカーだと思ってたのになー。