2015年11月21日土曜日

小沢コージ氏が 「日本だけがVWは48%減! 日本人は神経質だ」という暴言

  毎度毎度偉そうな上から目線で恐縮ですけども、CARVIEW(yahooと提携してる自動車専門の大手ネットメディア)から、「日本人は神経質すぎ!」といった記事を書いてました。要旨をまず書いておきますと、

①10月の日本でのVW販売台数が前年比48%減だった!
②ドイツでは前年比0.7%減だった!
③アメリカでは前年比で0.2%の増加だった!
④ご存知の通り日本には問題のエンジンは正規輸入されてない!
⑤つまり、日本人だけが過剰に反応しちゃってる!

というものです。・・・この人は本当にプロの評論家ですか?と早くもツッコミどころを見つけてしまった人も多いと思いますが、失礼ですが日本で活動しているプロの評論家なんて大体がこのレベルといってもいいんじゃないでしょうか? なぜアメリカやドイツでVWの売り上げが落ちないか ? そんなことはアメリカとドイツのクルマの販売価格を一覧にしたものを見れば、素人でもすぐに理由はわかると思うのですけど・・・。

  小沢コージさんも実際はアメリカやドイツでVWが大きな影響を受けていない理由はわかっていると思いますよ。それでもその事実をひた隠しにして、まるで「日本のユーザーだけがバカ野郎!」みたいな記事を書いたということならば、これは日本のクルマ好きに対して宣戦布告したようなものです。小沢コージさんは「日本でVWを買っているヤツは総じてバカだ!」とこの記事を書きながらほくそ笑んでいる・・・ということに意図せずして?なってしまったわけです。とりあえず「日本でVWを買うヤツがバカかどうか?」は置いておきますが、小沢コージさんはハッキリと「日本人は神経質すぎ!」と断言しています。

  これに対してヤフーと提携する大手ネットメディアですから、当然ながら多数のコメントが寄せられているわけですが、とりあえず100あまりを見た限りだと、どれ一つとして小沢コージさんの記事には「大きな破綻」があることを指摘できていませんでした。ただ単に「このライターはレベル低過ぎ」といった中身の無い煽り文句ばかりが連なるだけです。こんなザマでは小沢コージさんが「日本のクルマ好きはやっぱりバカだな!」と余計に思い込むだけじゃないかと・・・。

  まず小沢コージさんの記事の大きな誤りは、「VWはドイツでもアメリカでも最廉価で売れているから、生活必需品と同様で外部的要因でダメージを受けにくい!」という経済学の初歩が抜けて(隠して)いる点にあります。日本に住んでいるとなかなか想像できないかもしれないですが、VWゴルフのドイツでの価格は11000ユーロ〜となっていて、同じクラスのアクセラやオーリスは16000ユーロ〜、インプレッサに至ってはAWDモデルのみということで25000ユーロ〜となっています。つまりCセグメントで最も安く購入できるのはVWなのです。これはアメリカでも全く同じで、VWゴルフはアクセラ、カローラ、シビックのどれよりも安い価格からスタートしています(アメリカでの販売台数は日本勢の足元にも及ばないですけど)。

  さらに小沢コージさんが今回の記事でやってしまった一番の過ちは、本来は「提灯記事」を上納するはずのVWのユーザーに対して、やや間接的でわかりにくい表現とはいえ、「神経質(=バカ)」と扱き下ろしてしまった点です。本人はVWジャパンの業績がこれ以上悪化しないように書いたとは思いますが、どう解釈しても日本のVWユーザーを限定してバカにした内容になってしまっています。どう考えても48%減少した原因はVWに興味津々な人々が今回の一件で態度を急転したことであり、他のブランドのユーザーにはまったく関係のないことです。書いている本人は、まるで素人の輸入車ユーザーが日本車のユーザー全体を小バカにするときのようなノリで「これだから日本は嫌だね・・・」と書いてますが、その内容は「VWが好きなヤツはクルマの事がわかっていない低能」をいうものに変わってしまっています。(ブーメラン記事!!!やっぱりこの人は「レベル低過ぎ」なのかな・・・)

  ドイツやアメリカのVWは、牛乳や卵のような「生活必需品」的存在で、外部環境の変化の影響を比較的に受けにくいのですが、日本のVWはちょっと豪華なデザートや外食みたいなものでいくらでも自粛できる「ぜいたく品」なので、ちょっとでも信頼が崩れればすぐにガタ落ちするわけです。無理にVWを買わなくても、安くて性能は同等以上という国産車がたくさんあって、信頼が揺らいだVWよりも今では価値が高いとも言えます。ブランドは信頼が全てであって、VWに乗っていると街中で後ろ指さされて恥ずかしいと思われるクルマにブランド価値などあるはずもありません、もはやドイツやアメリカと同じく価格競争の元でした存在価値を発揮できなくなります。そんなクルマに300万円以上も払ってしまった人が、すでに納車されたVWもすべて返品に応じるべきだ!と無茶なことを考えるも一理あります。

  それにしても48%も下がったというのはやや意外でした。VW車はなんだか冴えないな・・・スズキと一体どこが違うのだろう?と前々から疑問に思っていた人がやはり多くいて、今回の一件によってメッキが剥げたVW離れの「引き金」になったとも考えられます。そもそも小沢コージさんとそれに類する提灯ライターを大量に動員して、お手軽にブランド価値を作り上げようとしたVWにも根本的な問題があります。こういう偽善的で薄っぺらい人々に提灯記事を書かせれば書かせるほど、記事にボロが出てこのブログ記事のように晒された結果、悪い意味で注目されてしまった結果、ブランド価値はあっと言う間に奈落の底へと低下していくのが、現代のネット社会の持つ脅威だと言えます。

  あのメルセデスやBMWだって販売価格を目一杯低く設定して、さらにそこから大幅な値下げまでして、なんとか日本でクルマを売っているのが現実です。ネットが無かった頃は、メルセデスやBMWのクルマというだけで無邪気に憧れる若者は今よりもずっと多かったと思います。当時はこれらのブランドのクルマを批判することなんて許されない!みたいな空気さえありました。しかし今では、普通のサラリーマンがネットで堂々と愛車のベントレーやランボルギーニを写真付きで自慢する時代です。専門誌など買わなくてもそんなセレブなカーライフを切り取った光景がインスタグラムに無数に転がっています。10代でGT-R乗ってます!とか20代でロールス乗ってます!とか・・・もちろん少数派ではあるのですが、ネットでひとたびその存在がわかってしまうと、40歳になってBMWを買った!とはしゃぐ自分がとても惨めに思えてきます・・・。

  そんな時代ということを承知の上で、メルセデスもBMWも一生懸命に値下げしています。400万円を越えると途端に売れ行きが悪くなるので、かなり幅広い車種が乗り替えで300万円台まで下げてもらえるようです。そんな非常に世知辛い世の中で、VWだけがBMWやメルセデスよりも高い価格で殿様商売していること自体が「異常」です。小沢コージさんを始めとした「提灯ライターズ」にカネをバラまいたところで、ネットの破壊力の前には無力です。今回の一件があってもなくても、VWが日本市場で行き詰まるのは時間の問題だったと思います。ちなみに小沢コージさんはゴルフ7が日本COTYを獲ったときに、選考委員の多くが事前に示し合わせてゴルフに高い得点を入れることに決めていて、自分はその中心に居た!とすぐ後で記事でバラした前科があります(直後にネットでゴルフのイメージが大幅ダウン!)。VWさん!小沢コージさんは実はスパイですよ!即刻「提灯」契約を解除した方がいいですよ!

リンク
最新投稿まとめブログ

2015年11月3日火曜日

岡崎五郎さんが示す「カーメディアはプロレスだ!」

  岡崎五郎さんのコラムが毎月読める雑誌といえばカートップ。このコーナーでは毎回おだやかな論調ながらも、かなり自動車業界あるいは自動車社会のタブーな点にズカズカと入っていくので、毎月真っ先に読んでいます。この方は地方局とはいえ自動車専門番組のMCも務めているくらいで、業界ウケは抜群なようで(父が大御所)、どの自動車メーカーともいい関係を築けているようです。トヨタ車に対してはちょっと手厳しいかな?という印象もあるのですが、トヨタは評論家に対して広い心を持っていると沢村(慎太朗)さんが著書に書いていたので、岡崎五郎さんは相手(ブランド)を選んで批判することで上手く処世しているようです。

  さて今回のカートップのコラムでは、「VW問題に対する日本の世論」に対して苦言を呈されています。「ちょっと問題が起こったからって、掌返しはよくないよ!」ってなんとも岡崎五郎さんらしい主張だと思います。「らしい主張」とはどういう意味か?というと、この方の評論の特徴はいい意味で「世間とズレている」ところを指しています。正確にはズレているのではなく、岡崎五郎さんのキャラに合っている「善良な日本のユーザー」目線に徹しています。これを天然でやっているのか意図的にやっているのかはわかりませんけども、ある種のクルマ好きからは全く共感されない評論・・・それが芸風です。

  この人の冠番組であるTVKの「岡崎五郎のクルマで行こう!」という番組名に変わった初回の放送は日産GT-R拡大版スペシャルでした。サーキットでリミッターが解除される仕組みのGT-Rに乗ってサーキットで300km/hで走る!という想像するだけでハードな内容で、本人にとっては記念すべき放送なのに、終始表情が固く・・・「ひーひー」言いながら引きつった顔でアクセルを踏んでいました。こんな仕事はドリキンか清水さんにやらせておけばいいだろ!!!とか思ってそうでしたね。スタジオでは「ぼくはもっとのんびり走れるスポーツカーがいいな!」みたいなことを言い出す始末で・・・。

  当時777万円で発売された「夢のスポーツGTカー」を、凄いクルマが出てきました!と口では言いつつも表情では全く別のことを訴えるMC・・・。これはこれで凄い芸当です!しかしクルマ音痴というわけではなく、マツダが自信を持って送り出したクリーンディーゼルを体感した時は、ハッキリと「僕はやっぱりガソリン派だな」と宣言するなど、オンリーワンなコメントを発していたりします。マツダの資料の言葉を言い換えただけの解説がここ数年あらゆるカーメディアで氾濫していて、読む価値もないな・・・と思っているのですが、番組でのこの一言は非常に刺さりましたね。GT-Rもダメ!マツダのディーゼルもダメ!BMW3シリーズもダメ!・・・と沢村さんもビックリのブッタ切りを独特の口調で隠しながらも発信しています。

  そんな岡崎五郎さんが何を思ったか、今回の一件で日本のクルマ好きが一斉に「VWは地獄へ落ちろ!」と言い出したと錯覚したようです。そして気でも触れたのか、「これまで優等生として持ち上げられてきたVWへのコンプレックスが爆発している!」みたいなことを書いてます。え?え?え? 優等生? それはカーメディアが作った虚構だと思うのですけど・・・。クルマが好きならゴルフの出自もわかるし、それでも300万円払っても欲しいという人はよっぽどの変わり者です。そもそもゴルフを新車で買っている層ってクルマにそれほど興味が無い人が多くないですか? なので今回の事件があっても多くのユーザーは「え〜そうだったの!けどまあいいか・・・」とほとんど気にしていないと思われます。

  そもそもVWって報道されているディーゼルよりも直噴ターボを使っているガソリンの方がよっぽどヤバくて、同じクラスのトヨタ車の約50倍の有害物質が出ていることがすでに日本の研究機関で明らかになっています。なのでマトモな情報収集能力があるクルマ好きなら日本で売られているオール・直噴ターボのVWは全部ダメだってことは、とっくにわかってます! ディーゼルだから日本には関係ない!じゃなくて、日本で売られている現行モデル全てがすでにダメ!なんです。それでも買う人はバカなんです! そして今さらのように「VWはひどいメーカーだ!」と憤慨している人もマヌケです。

  北米でのVW報道では、このメーカーが拡販を狙って日本を含む東アジア地域に巨額の広告費を投下したことが暴かれています。つまり多くの自動車ジャーナリストの生活をここ数年支えてきたのがVWです。しかしインターネット時代ですから、カーメディアが市場を左右する力なんてほぼ無くなってきています。カーメディアで全くといっていいほど評価されてこなかった、アクア、ノート、ヴェゼルといった日本車が難なく大ヒットしています。カーメディアにどう書いてあるか?なんて誰も参考にせず、検討している車名をネットで検索してユーザーの生の声を聞いて判断すれば事足りてしまいます。カーメディアはあくまで評論家のプロレスを楽しむ場に変わりつつあります。

  福野礼一郎さんが2014年に最近発売されたクルマについて書いた本が出ましたが、その年にヒットしたクルマは1台も入っていませんでした・・・。その本の中で大絶賛したゴルフも本の発売を境にして売り上げが伸び悩みました! その後、福野氏は読者から「ゴルフがいい!って本気ですか?」という問い合わせが殺到して困ったと、別の雑誌の連載で明かしていて、本人が仕掛けたプロレスの結果までネタにしてくれています。

  「カーメディアはプロレスだ!」と岡崎さんが本気で思っているかどうかわかりませんが、ここまで自作自演で全てをやり遂げるなんてもはやVWと同じで確信犯としか思えないです。
①カーメディアがVWをアゲる! 
②カーメディアがVWは日本や世界で人気という虚構を描く!(中国でしか・・・)
③カーメディアはVW問題でユーザーは困惑していると過剰に報道!(実際は・・・) 
④カーメディアはVWに対する掌返しがユーザーの中で起こっていると報じる。(実際は?)

  とりあえずVWの実情がまったくわかっていないアホな人々は無視しますけど、今回の一件があったからといってVWに対する考えが大きく変わった!なんてことは無いです。もしVWがゴルフGTIを半額で売るというなら買ってもいいかな?とすら思います。むしろ前よりも応援してあげたいという気持ち(あんまり虐めると可哀相!)が強くなりました!

  そもそも掌返しをしているのはカーメディアの方ではないですか? これまでVWが広告費をバラまいたおかげで、ジャーナリストを廃業せずに続けてこられただろうに、まるでテレビのコメンテーターのように「国民(ユーザー)の理解が得られませんよ!」みたいな偉そうなことを書いてます!(そもそも彼らは読者に信用されてませんから!あくまでプロレス!)。特にニューモデルマガジンXとかモーターマガジンに書いている胡散くさい輩がやたらとふてぶてしいですね・・・。特にモーターマガジンの木村好宏さんの「掌返し」には本当に「ぶったまげ」ましたよ(笑) 痴呆?

リンク
最新投稿まとめブログ

  

2015年10月25日日曜日

VWに世話になったはずの伏木悦郎さんが暴露!

  一夜にして日本の自動車評論の根底をひっくり返してしまった「VW問題」。その日を境に輸入車好きやカーメディアは人格が変わったように振る舞いはじめています。日本人らしい!のかもしれないですが、ポツダム宣言受諾が発表されて「鬼畜米英」から「アメリカ大好き」に変わったみたいなものですか・・・。これまで日本人は幾多の転換点を迎えてそれを乗り越えてきましたが、そんな日本人の「柔軟性の高さ」をカーメディアの皆様の変貌ぶりに見ている想いです。

  この前も早朝の254号線を長野県佐久から群馬に向けて走っていると、前方に黒煙がモクモク・・・。野焼きでもしているのか?それともSLの試運転か?と思いきや、排ガス装置がぶっ壊れているトラックが1台・・・。アクセルオンのタイミングで黒いものが右後方からドバっと噴き出してます。これの後ろを走るのはまっぴらゴメンなんで、タイミングを見計らって2速全開でぶち抜きました。こんなトラックが日本中にいくらでも走っているのに、あまり日本には影響がないVWの問題をどうなんでしょう・・・。毎週ドライブを趣味にしていると、ネットやメディアの議論なんて実態のないまさに「机上の空論」です。

  そもそもVWなんて見た目そのままの大衆車・・・。これまでもクルマの本質を重要視する人(価格ではなく良いものを! という人)ならば、よっぽどの事情がない限りは選択肢には入らないブランドだったと思います。とても環境面にまで手が回っているメーカーには見えませんし、こんなことが起こることも想定済みかと・・・。「デザイン屋」フィアットのミッションがイカれる、「エンジン屋」BMWの電装がショボいのと同じで、「安物屋」VWに一体何を期待してんのやら?

  多くのカーメディアもこれくらいのスタンスでアメリカ連邦政府の暴走を傍観しておけばいいわけですが、クルマ雑誌の読者には「VWは高品質」という1950年代から時間が止まったままの人も多いですし、あらたにメディアに洗脳された「VWゴルフ信者」(30~ 40代の一流企業のサラリーマンに多い?)に支えられていますから、そんな「ドライ」な対応もできないようです。

  さてVW問題がいよいよ月刊雑誌メディアでも語られることになりますが、先行するネットによる論調からどう変化をつけてくるか?が注目されます。先陣をきったのが20日発売の「ドライバー12月号」。この雑誌はここ数年は広告費を多く計上して攻勢をかけているマツダとタッグを組んでいて、他誌にくらべて輸入車一辺倒な論調ではなくなっているのが特徴です。今月号もひと際写真が大きいのはマツダ車ばかり。そして本編は当然ながら開幕直前の東京MS特集がメインです。北米ですでに市販モデルにごくごく近いプロトで試乗会を行っているホンダNSXの記事は無し(マジか!)。シビックtypeRの国内価格こそメーカーからリークされているようで「428万円」と小さく書いてありましたが・・・。

  誌面を適当にパラパラ見ると、やはりマツダ車ばかりが眼にとびこんでくる誌面構成。ついてにメルセデス、アウディ、ボルボ、ジャガーも登場しますが、なんだか写真が小さいとどれもマツダに見えてきますね。とにかくディーゼル頼みのマツダとの関係を頭にちらつかせながらも、主筆を務める伏木さんが、なんだか「もやもや」のよくわからないこと書いてます。簡単にまとめると「欧州は実はディーゼルの限界を知っていた(暴露)!だからこれからはPHVだ!けどマツダのディーゼルは大丈夫だよ!」といったなんとも歯切れの悪いものでした。

  別にマツダとの関係が内容を複雑にしている!というわけではなさそうです。そもそも・・・なんですが、最低限のコンプライアンスを守り一定の排ガス処理機能さえ装備しておけばVWの問題は起きなかった!という単純な結論を避けるところに、なんとも日本のカーメディアを覆う「闇」が存在しています。そしてディーゼルか?PHVか?・・・日本の高校で物理を勉強していれば「エネルギー効率」とは何か?なんて誰でもイメージくらいは掴めます。エンジン開発者の本を読むと最先端の自動車エンジンでもその「エネルギー効率」は30%台に留まります。

  これはモーターを積んでHV化したからといって改善できるものではないです。せいぜいバッテリーの重量増と回生エネルギーを天秤にかけた時に、日本の道路環境においては効率がいいからトヨタやホンダは普及させているに過ぎません。そもそもエンジンで発電する段階で大きなロスが発生しています。これを外部電力に頼ることができるPHVに置き換えたとしても同じで、最もコスト面で優れる火力(原子力は総費用で割安とは言い切れない)を使ったとしても同程度のロスは起きます。さらに送電距離が長ければ長いほど効率は悪くなります。PHVこそが欧州の本命!とかプロとして言ってて恥ずかしくないのですかね?誰もが自宅駐車場に太陽光パネルと給電設備を持てればいいですけど、充電待ちでイライラするのが目に見えている(=インフラ不足)のクルマがこれからの大本命ですか?アホ???

  マツダのエンジン開発者として知られるようになった人見さんの本を読むと、後処理の工夫さえできればディーゼルはガソリンよりも「エネルギー効率」を追求できるので、そこがマツダの着眼点だと断言しています。それと同時にガソリンターボによる「エネルギー効率」の改善はユーノス800の開発を行った当時にすでに理論的に否定された!とも言っています。マツダが今後ガソリンターボを出すのはあくまで最大出力を誇る2.5Lエンジンの最大出力を底上げするためであり、これ以外にガソリンターボの需要はない!という立場です。

  「エネルギー効率」を高めるという日本の教育水準に相応しい視点で日本メーカー(特にトヨタ、ホンダ、マツダ)だけが40%に近い高効率のエンジンを開発しているのに、それを「欧州勢から遅れてる!」と断言するバカライターがまだまだたくさんいます。「エネルギー効率」を極限まで高めることと、その地域の道路状況を考えた仕様を突き詰めることが「望ましいクルマ」の条件なんですが、そもそもドイツ車を日本の走行環境においてでも「すばらしい!」と論じようとする所に「無理」が発生しているわけです。


  おそらく多くのライターは確信犯でこんなことはとっくにわかっています。今回の伏木さんの記事を読んで、この人は欧州車のダメさに気がついていたんだな!ということがいくつかわかる部分が露呈してしまっています。なるほど・・・カーメディアで仕事するってのはこういうことなんだな!と妙に納得させられます。彼らはみんな悪人(ジャーナリズムへの背信という意味で)です!輸入車好きの読者(つまり究極のバカ)の心を掴むために曲解した議論をひたすらに展開しているだけです。バカな読者がいなければそんな議論は淘汰されるわけですから・・・。バカが多いからライターもバカになる!(失礼極まりない表現についてお詫び申し上げます!)


リンク
最新投稿まとめブログ

2015年10月14日水曜日

モーターマガジン「2016年はVWのディーゼル元年になる!」

  創刊から60周年を迎えている老舗のクルマ雑誌「モーターマガジン」ですが、今月号(10月1日発売)は、何とも絶妙なタイミングでの「VWグループ大特集」となっています。表紙にはやや小振り?に「いよいよ始まる大攻勢」の文字が・・・。特にアウディはTT、A6、A4と発売が控えているので、まあ確かに期待したい大攻勢なのですが、まずは待望論の中心にあって、日本市場への攻勢を強める切り札と思われていた「ディーゼル」はどうなんでしょう。

  確かにアメリカで問題になったEA189というタイプではなく、アウディやゴルフGTDで使われるのは次世代型のEA288なんでしょうけど、エンジンの型式なんて多くの人には認識できませんから排気量が同じディーゼルは「大丈夫なの?」って感じでしょうし、モーターマガジンにとっても今回の一件はまさに寝耳に水なので、VWのエンジン形式といった細かな注釈は入ってないですから、残念ながらこの大特集のほとんどの記事は大切な前提が崩れてしまっています。

  特に大怪我を負ったのが「W辺T史」という大物ライターで、ハンコックタイヤ(韓国製)を履いた新型アウディA4をレビューの中で、「品質にはうるさいアウディにハンコックが新たに採用されたという事実を重く受け止めろ!」って日本のサプライヤーに喧嘩を売っちゃってます。こんな問題が起こるずっと前から賢いユーザーならば、なんだかんだでアウディよりもトヨタやレクサスの方が品質は上だと分っていますし、あくまでアウディが上だと言い張るのは一部の御用ライターとクルマの良し悪しが分らない音痴な「自称クルマ好き」だけなんですけど・・・。まあ今回の一件で彼らにもアウディのゴリ押しが無理なことがいくらか分ってきたようですが。

  そもそもVWは決して低品質ではないですが、「品質を保証するという意識」に関してはかなり低いメーカーといってもいいです。ユーザーに何の予告もなく搭載エンジンの細部を変更したり、ノックダウン生産でグローバルでの販売台数を増やしていますから、旧型車向けのパーツを大量に新興国に送って生産をしています。しかも組み立て拠点に近いサプライヤーから現地調達する割合が高く、アジア向け仕様には東アジアのサプライヤーのものがかなりの割合で使われています。それでも低価格でそこそこの品質のクルマを供給する能力は非常に高いですし、中国で圧倒的なシェアを誇っていることからも政治力の高さに関してはライバルメーカーを凌駕しています。ドイツ政府、特にメルケル政権が肝いりで中国との蜜月関係を築いてきたことで大きな成長を遂げてきました。

  トヨタの例を見ても2000年代初頭からの急激な拡大期にはクルマの品質において重大な疑義が頻発しました。指数関数的に広がる生産拠点をグローバル単位で切り盛りして、その中で確実に成長が見込める市場を絞り込み、それぞれの市場で適切な台数を年間目標に掲げるといった「ジェットコースター的な成長」を伴う経営環境では、とてもじゃないですがどこよりも高品質なクルマを作り続けることは不可能です。逆に年間に1万台以下しか売らないからこそフェラーリのクオリティが維持できるわけです。当然ながら中古車価格が下落しないから、新車価格がかなり強気でも世界には年間1万台以上の予約が舞い込みます。そんな環境だからこそスーパースポーツを作りつづけられます。

  1970年代にランクルが、1980年代にセルシオが、そして1990年代にプリウスを完成させてきたトヨタの実績があっても、年間1000万台を生産するメーカーでは品質低下が避けられなかったですし、だからこそ100万台そこそこしか売らないメルセデス、BMW、マツダ、スバルといったクオリティカーで勝負するメーカーが成長が止まった成熟市場で21世紀になっても予想以上に健闘していると言えるかもしれません。

  さてさてVWのクオリティカー部門・アウディの新型車はどんなもんだろう・・・と読み進めたところ、アウディの新感覚のインパネの素晴らしさが、どうも年配の執筆陣に伝わっていない気が・・・。日本メーカーがまず採用しないであろう結構思い切ったことをやってきました。インパネに内蔵されたナビといえばセンターに位置するのが常識ですが、新型のアウディはなんと助手席から見えないところであります! 本来は速度や回転数を表示するメーターが配置されるところにナビ画面が表示されるようになりました。

  普段は運転中にナビ操作とか苦手なので、一人で乗るときは地図表示しか使わないですし、連れがいるときは専ら操作に慣れた連れがやってくれます。「ナビなんて要らない・・・」とか思うのですけど、連れが得意げにナビ操作をやってくれるのも、まあいいかな〜・・・って感じですね。こんなやり取りって結構ごくごく当たり前だと思うのですが、なんとアウディはそれに疑問を投げ掛けたわけです。これは決して皮肉などではないのですが、正直言って「アウディいいかも!」って思いましたね。

  どんなクルマにもナビがちょこんと付くようになってから、普段ドライブしていて道に迷ったらどうしよう・・・なんてドキドキすることもほとんど無くなってしまいました。免許取りたての15年くらい前に乗っていたクルマにはナビは無く、知らない道を進む度にドキドキしながら走ってましたけどね。わからなくなったらクルマを停めてスーパーマップルを開いて・・・ちょうどいい休憩でもありますし、迷った場所って不思議ととても風情のある景色だったりすることも。そんなドラマチックなカーライフがこのアウディの新機能を見てふと甦りました。

  センターにナビ画面の無いクルマに彼女を乗せて、目の前の画面もメーター表示にしておいて、「いまからどこ行くの?」「え〜ナイショだよ・・・」とかいいながら、先日見つけたビーナスラインを走るクルマがオモチャのように見える展望台にでも連れていきたいですね。「うぁ〜すご〜い!」なんて言ってもらえればそれだけで満足かな。ナビシートから見えないナビとは・・・今回のアウディはなんだかとってもいいと思いますよ〜!パッと見で価格的にも気になってしまうのが「TTロードスター」ですね。MTモデルがあればもっと真剣に考えたいですね。

リンク
最新投稿まとめブログ

  

  

2015年9月29日火曜日

今月号でもディーゼルをゴリ押し中 カートップ&ニューモデルマガジンX・・・

  アメリカで問題となっているVWのディーゼルエンジンのことは、やっぱりカーメディアにとっても完全に「寝耳に水」だったようですね。毎月26日の発売日が差し迫った中での大スクープでは内容を差し替えることも出来ずに、「(VWは)早くディーゼルを持ってきてガツンとやるべき!」といった内容がそのまま掲載されています。BMWやマツダが日本でディーゼルを発売した2012年から、延々を言われてきたディーゼルの長所に関する一般論を焼き直しただけで、どちらも内容ゼロのコンテンツだったのですが、今回の一件を踏まえて読む分には・・・面白過ぎます。

  マツダ、BMW、BMWミニ、メルセデス、ボルボ(もう乗れます!)とディーゼルを試してきましたが、どのモデルも基本的に直線番長なので、楽しむためには道路を選びます。なのでプライベートのファーストカーでの選択は無いな・・・と思っております(つまりディーゼル嫌い)。やはりレスポンス抜きでクルマの良し悪しはないですね(ディーゼルはかったるい)。確かにディーゼルの記事はカーメディア的には非常にタイムリーで価値が高いでしょうけど、ジャーナリストがなんとか引き出しを増やそうとして、レスポンスが命のディーゼルにはCVTは絶対に合わせられない!とか書いてましたが、それは限界トルクの問題が立ちはだかっているだけの話で、そもそもディーゼルエンジンをレスポンスで持ち上げるジャーナリストが現れるとは思いもよりませんでした。

  レスポンスに関して言えば直4ディーゼルの中では一番違和感が無いであろうマツダのものでも、やはり同ブランドのガソリン車とは大きな差があります。マツダのガソリンは今のところ自然吸気ばかりになっているので余計に大きな差を感じるかもしれませんけど。新たのメルセデスとボルボのディーゼルに乗ってみると、BMWのディーゼルは騒音を除けばそこまで酷くないのかな?という気がします。BMWのディーゼル(直4)は、マツダ以外と比べる分にはレスポンスなどフィール面に関して特に魅力を感じます。ただしクドいですが騒音が煩わしいです。アイドリングストップからエンジンがかかる時の音はもう少しどうにかならないのでしょうか?

  メルセデスとボルボはそれぞれに「道具としてのディーゼル」として好敵手と言えるかもしれません(A、CLA、GLA、B、Cにディーゼルが載れば・・・)。それぞれに日本のデリケートな騒音感覚の中での使用に耐えうるだけの水準を追求しています。出力よりも静音性なのでとにかく回りません(笑)!低速トルクで全て済まそうという方針なので、どちらも欧州車にしては中速域からの伸びが鈍いです(車重か?)。それぞれにボッシュとデンソーが参入していてトップサプライヤー同士の開発競争という側面もあり激しく火花が散っています。BMW(ボッシュ)を相手にマツダ(デンソー)が快勝しての第2戦なのでボッシュ陣営も気合いが入っているようですが・・・。

  主戦場である欧州ではもちろんボッシュ系のシェアが絶対なのですが、トヨタ系列の筆頭サプライヤーとしてデンソーはマツダで実績を積み、トヨタでもランクルプラドでディーゼル復活を果たしました。メルセデス直4とボルボ直4同士を比べたときに、静音性に関してはデンソー系のボルボが優位かな?と予想していましたが、メルセデスもEクラスに搭載されている為でしょうか、かなりジェントルな騒音で、現時点ではハッキリとボルボの負けだと感じました。おそらくこのディーゼルがXC70といったEクラス相当のサイズに搭載されたとしても、無理に回すとかなりざわめくエンジンなので「メルセデス越え」とまではいかないかもしれません。

  さて今月のカートップはとってもタイムリーな「新型ディーゼル比較」です。マツダCX5、BMW218d(直3)、メルセデスE(直4)、ボルボXC60、トヨタプラド、三菱デリカの6台を比較です。この6台で燃費や騒音測定をするのですが、メルセデスとボルボは騒音で思いのほか大きな差がついてました。データによると騒音に関してはメルセデスはマツダと同水準まで低減しており、これは完全に予想外の結果です(そんな静かだったけ?)。EクラスとCX5ではCD値(空気抵抗)が違うからでは?とも思いましたが、アイドリング時でもほぼ同じ水準ということなので、エンジンとマウント&消音・吸音の総合力が相当の水準に達しているようです。ボルボはBMWの直3にも負けるという散々な結果・・・。BMW直3はBMWミニと同じエンジンですから、どう考えてもボルボが優位だと思ったのですけどね。・・・まあカーメディアなんてこんなもんです。

  そんな実力不足を暴かれてしまったボルボのDEモデルですが、ニューモデルマガジンXのV40D4の覆面座談会による評価ではなんと☆を4つ獲得しております! カートップは客観的な測定値を示してそれに基づいた記事を編集しているのに対して、ニューモデルマガジンXはあくまでオッサン4〜5人による主観判断です。けどこのコーナーの常套手段として、主観の判断に説得力を持たせるためにとりあえずある程度の評価を得ているクルマを引き合いに出して、「こっちの方が優れている!」という相対的な表現を多用します。今回も試乗車が輸入車&ディーゼルということで、当然ながら日本のあのメーカーのクルマが引き合いに出されて、「レスポンスはボルボがいい!」とまるで鬼の首を獲ったかのように何度も連呼しています。

  マツダのディーゼルのレスポンスは、ブレーキの効きと踏み込み量との相関グラフと合わせ鏡になるように、踏み込んでからグイグイとトルクが出る人間工学に基づく設計なんですけどね。ブレーキもアクセルも踏みはじめは全く手応えがありません。もしかしたらボルボのDEの方が実際に回転数がすぐに上がるという意味での反応速度は早いのかもしれないですけど、10~30km/hくらいの低速加速時のレスポンスなんてどうでもいい気がしますけどね。本国でMT車に乗ってマツダよりもレスポンスがいい!ということなので、ボルボはさっさとMT車を持ってこい!ということにしておきましょう。けどね・・・ボルボのDEではハッキリ言ってドライビングは楽しめません!期待はしていたのですが、他のDE同様にあまり欲しくなりませんでした・・・。

  さてタイミング的に今月号はもう不回避でしたが、来月以降でディーゼル特集は組まれるのでしょうか? それとカートップはカラーページの「ディーゼル特集」に加えて、編集長以下、清水和夫、島下泰久、石井昌道の4人による「ゴキゲンワーゲン・VW首位奪還への道」なんてコーナーもあります(笑)!・・・そしてこの4人の中では明らかに言ってることに重みもないし、思想もないし、記事はブレブレでチャラチャラの石井昌道氏が、冒頭に出てきた「ディーゼルを持ってきてガツンとやるべき!」という大クラッシュを起こしています。失礼ですが、ディーゼルの1件でガツンとやられたのは本人だったようです・・・。

リンク
最新投稿まとめブログ


  

  

2015年9月2日水曜日

VWの1.8Lエンジンはいい!ってどの口が言ってんだこらぁ!

  特に誰がということは無いのですが、カーメディアの人間にとって小型車のエンジンなんてのはハッキリ言って「どうでもいい」というのが正直なところみたいです。もちろんカーメディアに限らず、私のような場末のクルマ好きにとっても小型車のエンジンなんてハッキリ言ってそれほど興味はないです。それゆえにここ数年に渡ってVWの1.4Lターボが「時代の最先端!」だと祭り上げられている雰囲気は、違和感ってほどではなかったですけど、とりあえず「俺は騙されないぞ!」と身構えたくなる気分でした。VWの1.4L(ターボ)がトヨタの1.8L(NA)やスバルやマツダの2L(NA)より良いかのような偏向報道に接する度に、一体エンジンの評価基準って何なんだ?と首を傾げたくもなりました。

  そんなに評判の良いエンジンならば欧州メディアでも相当に絶賛されているだろうと、苦手な外国語(英語・ドイツ語)記事を手当たり次第に探ってみると、本国ではVWゴルフのメインエンジンはことごとくディーゼルであり、1.4Lターボは全くと言っていいほどに評価されていません。それなのになんで日本に入ってくるゴルフの基本的なエンジンは1.4Lと1.2Lばかりなのか(コレは本当に欧州車と言っていいのか)? どうやらこれはVWの東アジア向けパッケージなんだそうで、中国・韓国・日本・台湾向けには1.4Lと1.2Lを主体としたラインナップが展開されているようです。とりあえず日本にはゴルフのグローバル上級グレードとなる「GTI」も導入されています。気に入らない人あるいは欧州車としてのゴルフを味わいたい人はGTIを買っとけ!ということのようです。

  実際にGTI(2Lターボ)とハイライン(1.4Lターボ)を乗り比べると、車両価格で100万円近く変わってくるにも関わらず、「買うなら絶対にGTI」と決意できるくらいに乗り味が違います(まるで別のクルマです)。実際に乗り比べれば誰でも解るくらいの差にも関わらず、1.4Lや1.2Lのゴルフばかりがやたらめったら賞賛されていて、当時のカーメディアには確実に「闇」があるな・・・と感じずにはいられませんでした(今もですが)。私も自分の感覚に100%自信があるとは言い切れないので、VWの1.4Lターボがドライビングカーに適した乗り味が豊かなエンジンであるとの主張は、異論を感じつつも尊重すべきなのかな?なんて呑気に考えていましたが、やはりあらゆる使用環境を考えても1.4Lに何らアドバンテージは感じませんでした。

  しかし今年になって発売されたVWゴルフのクロスオーバーモデル「オールトラック」とビッグMCとなったポロGTIには、なんと新たに1.8Lターボが充当されることになりました。あれほどカーメディアがチヤホヤした1.4Lターボはどうした? この1.8LターボはアウディA3(ゴルフベースの横置き)の上級グレードに使われるエンジンですが、北米市場向けゴルフには、1.2や1.4は無く専らこの1.8Lが使われています。ちなみにゴルフやA3セダンと同じMQBプラットフォームで登場した新型パサートにも、この1.8Lを期待したいところですが、とりあえず日本向けは1.4Lの中国向け仕様のみの1グレード制となっています。

  新型パサートはMQBで軽くなったということで、ゴルフGTIに使う2Lターボを搭載すれば、ATでノラリクラリとキレがない走りを見せるC250や320iあるいはスカイラインターボやIS200tといったプレミアム勢を脅かす存在になる可能性があったと思います。4750mm×1850mmくらいのサイズならば、日本の大抵の道は難なく通れます。さらにVWのDCTは改良も進み、ゴルフGTIに乗った印象ではトルクコンバータの付いた多段式ATよりも傾斜に入る際のトルクの変換がスムーズで、アップダウンの多い箱根などでは好印象です。2速固定で登っていくくらいの傾斜となるとMTが最も爽快なんですが、DCTもそれに準じる良さがあります。

  もっとも日本の峠道を行くならば、話題沸騰のアウディS1(MT車のみ)やMTが用意されていて1.8LターボになったポロGTIが非常に適材適所な感はあるのですが、パサートのサイズでも十分に山岳国道を走破することは可能で、同時にパサートくらい車格があれば他の用途にも使えますし、DCTならば高速道路でのクルーズも楽ちんです。アウディA3の1.8Lは乗り出し価格が500万円を越えてしまうボッタくり価格で、A4の2Lターボとほとんど差がありません(ならばA4にする!)。ザ・ビートルターボ(1.8Lターボ)が334万円、ゴルフオールトラック(1.8Lターボ)が347万円ですから、350万円くらいでパサートの1.8Lターボがあれば、高い実用性が話題となりそうですが・・・。しかしVWはそれほど日本での販売に野心をもっていないようで、あくまで平坦地中心な中国向けの1.4Lで間に合わせようという後ろ向きな姿勢を感じます。

  すっかりパサートの評価になってしまいましたが、カートップ10月号で「ゴルフオールトラック」の試乗レビューが載っていまして、そこでは・・・やっぱり1.8Lターボはいい!1.4Lターボとは全然素性が違う!・・・というごくごく真っ当な意見が挙げられていました。「お〜!このライターは正直な人だ!」と思ってクレジットを見ると、アレ!?コイツは以前に1.4Lターボを絶賛して日本メーカーも早く見習え!みたいなプロパガンダを垂れ流すことで仕事を得ていた?ライター失格の烙印を押したヤツじゃないか・・・(名前は伏せますが)。なんだこのあっけらかんとした変わりっぷりは・・・ホンダが1.5Lターボ作ったら「ダウンサイジングターボはもう古い!」ってことですか?


リンク
最新投稿まとめブログ
 

2015年7月19日日曜日

前回批判した舘内端さんがとても「いい事」言ってますよ!

  モーターマガジンと並んで編集部員の文化レベルが低い?ことで有名な「ドライバー」にも連載を持っている舘内端さんが、先月号・今月号とスポーツカーに対してあれこれと自説を展開されています。いや〜今回の話は難解で、私のような凡人には全く理解できない次元の話が延々と続いています。ホンダS660に試乗されたようですが、あれこれ気に入らないことがあったようで、かなりのお怒りモードなご様子です。

  簡単に要約させてもらうと、「S660は基本技術が古いからダメ」ってことらしいです。「私の若い頃は最先端のテクノロジーを満載したスポーツカーに憧れたものだけど、これでは今の若者でも全く食い付かないよ〜」ってことだそうです。そうですよね・・・最初から若者をターゲットにしていない気がします。誰が軽自動車でデートに行くのか?って話ですよね(ちょっと違うかも・・・)。

  それにしても「最先端テクノロジー満載」のスポーツカーってのも、なんだかすごいですね。一体どんなクルマを想定されているのか全くわかりません。私のような70年代生まれのクソガキには、最新のマクラーレン650Sやポルシェ918を想像してしまうのですけど、そんなクルマを作っても買える若者はほんの僅かしかいないような気がするのですが・・・。それともスカイラインGT-Rの時代のツインターボ技術を今さらのように持ち出してきたBMW M3/M4あたりを想定されているのか?(いやプロライターならそんな不始末はしないはず!)このクルマに乗って「やっぱり最新テクノロジー満載のスポーツカーはすごいぜ!」とか厚顔無恥にぶちかますのはさすがに痛過ぎです。

  「S660とロードスターはどっちも古い!」とは・・・。まあ仰りたいことは解らないでもないです。日本メーカーが世界最先端の技術力を持っていると主張するなら、テスラロードスター(約1000万円)みたいなスポーツカーを作って半額で売ってみろ!ってことですよね。GT-Rもいいけどさ、EV開発の先駆者を自認する日産ならばEVのスポーツカーくらい作っておくべきだったですよね。しかし日産が本気で手掛けるとなるとファンの期待も高いですし、これで某ドイツメーカーが作った「愛・無限大(18)」みたいなややコメントしづらいクルマだったらシャレにならないですけどね・・・。

  ちなみにS660を作ったホンダは年内に「最新テクノロジー満載」のスーパースポーツを発表するとすでに予告しているわけですから、「日本の自動車が行き詰まっているのをしみじみ感じる」なんてちょっとヒドくないですか? まあ新型NSXはアメリカで開発されていますけどね。しかし百万歩譲って日本の自動車が行き詰まっているとするなら、もはや専用設計スポーツカーなんて全く作る余裕がないドイツや韓国の自動車は一体どういう状況なのでしょうか? まだスポーツカーを作れるだけ日本の自動車の状況はマシかと思いますね。欧州ではロードスターや86に拍手喝采ですし・・・。

  イギリスなんてまともにクルマを開発する資金がないから、政府からイギリスの工場で生産することを条件に融資してもらって、やっとのことで新型の乗用車(普通のクルマ)を作っている有様です(そんな危機的な体制下でレンジローバー・イヴォーグが生まれたのは結果オーライでしたけど)。そしてフランスの自動車はというと、ルノーは完全に日産の稼ぎを使ってつまらないクルマを作るただの穀潰しですし、PSAは案外あっさりと中国資本に乗っ取られてしまいました。その結果として主に中国市場の為に新しいプレミアムブランド「DS」が立ち上げられたことは喜ばしいですが・・・。

  まあちょっと気になった点を指摘させてもらいましたけど、十分に楽しめましたよ!というか、この「ドライバー9月号」の自動車缶詰はかなりイッちゃってて面白いです。・・・たった1ページなんですけど、私のツッコミなんてごくごく一部で、1ページまるごとボケ倒しています! そこに詰め込まれた言論の数々は、大変失礼ですが完全に「支離滅裂」といって差し支えないくらいです(笑)。

  これを読んで「とてもプロの文筆家の文章ではない!」と憤るのは昭和な人間のやることですね。やはり新しい人種はこれだけツッコミどころ満載の記事なんてほぼお目にかかれないですから存分に楽しむべきです(さすがの私でもここまでメチャクチャ書かないです!)。マジか?って思ったらぜひ書店やコンビニで74ページを開いてみてください。ついでに91ページの熊倉重春氏もS660について書いておられますが、こちらはS660を「新時代のスポーツカー」と表現されていて、クルマが良過ぎて公道では性能が出し切れないし、みたいなことを書かれています。あらら・・・。

  それでもまあ舘内さんのコラムにもキラリと光るところがありましたよ! 大変感銘を受けたので、最大の敬意を持って引用させて頂きたいと思います!

〜ここから引用〜
先日、VWパサートの試乗会に言った。千葉県の富津市で行われたのだが、世田谷から首都高速4号線で新宿へ、そこから新設の環状2号線に乗ると、大井は眼の前だった。千葉がとても身近になった。まだまだ開発が進まない千葉はとっておきの自然のある地域だ。その自然を残したまま開発が進むことを願いたい。
〜引用ここまで〜

いやー実に素晴らしいご挨拶だと思います。というか勝手に想像してしまいました。VWパサートはあまりお気に召さなかったようですね。まあ乗らなくてもわかりますよ!センスがまるでない内外装で、使い古されたエンジンとミッション。そしてMQB。これではゴルフよりも感銘を受けるクルマになるはずもない気がします。おそらく舘内さんはとても正直な方なんでしょうね。S660は古いと思ったから「古い」。そしてパサートは何も感じなかったから「スルー」なんでしょうね。もしいいクルマだったら「良かった!」と一言入るでしょうし、文章の後半には余計な部分が目立ちますし・・・。

  モーターマガジンのコーナーにパサートが登場する時は、一体どんなお話をして頂けるのでしょうか? いまからコメントをあれこれ想像しながら楽しみに発売日を待ちたいと思います!

リンク
最新投稿まとめブログ

  

  

  

2015年7月4日土曜日

モーターマガジンはやっぱりカスだ・・・舘内端はドイヒーだ。

  毎月のように「輸入車優遇」のプロパガンダ記事を連発するモーターマガジンですが、今回のはちょっと分りにくいので、先月号に引き続きスルーせずに噛み付きたいと思います。今回はこの雑誌に見開き2ページカラー写真付きの連載を持つ舘内端という大御所ライターが、絶好調のマツダ・デミオをディスっております。

  つーか「65歳くらい?のライターを日本車に乗せる」という企画そのものが絶望的なまでにクソです。今月のクルマは「デミオXD Lパケ」だそうですけど、読んでビックリすることに、本文全体の3割程度でデミオの話は完全終了です。しかもほとんど褒められてない!欧州のライバル車の方が楽しいよ!くらいのニュアンスが入ってます(まあ想定通りですけど)。そしてその後の7割は、あの石原都知事のパフォーマンスのように、老人特有の質の悪さがプンプンする、ディーゼルエンジン車に対する悪辣な意見が続きます。後半の7割を簡単に要約すると「ディーゼルは環境に悪いから、今やドイツ車はPHVの開発にシフトしたよ」といったところです。いや〜!つっこみ所が多すぎてどこから指摘したらいいのか分らないくらいですね・・・。

  ①「これ見よがしにPM2.5の排出問題に触れるならば、まずは欧州ブランドが日本で売るダウンサイジングターボの実態を伝えろ!」

このライターはホントに酷いですよ!先月号の同コーナーでは「BMWミニ」を取り上げています。このクルマの全く不必要なターボ化直噴化をまずは叩くべきではないですか? 欧州メーカーの内燃機関って遅れていて、高級車ブランドのメルセデスが、スズキの軽でも使っているリーンバーン技術をほんの一部のクルマにドヤ顔で使っていたりします。トヨタやホンダが小型車にもアトキンソンサイクルエンジンを実用化してまで環境と燃焼効率に執心しているのに、それらを無視して「やっぱり直噴ターボを使わない日本メーカーは遅れてる!」なんて愚かな大合唱を1年くらい前までカーメディア全体でやってましたよね?

 こんなナンセンスな風潮(日本のクルマ作りを不当に批判するアホが湧いている!)にメスをいれるべく、某政府系の研究機関から1年くらい前に発表されたのですが、VWポロはトヨタヴィッツの50倍!のNOxを出すという研究結果が出ました。あっさりと尻尾を掴まれてしまいましたね。舘内さんはわざわざご丁寧にNOxは日光に当たるとPM2.5に変わるという講釈を今月号でしてますけど、これはまさに先月号にやるべきネタじゃなかったですか? 1.2L直噴ターボという環境にとって最悪のエンジン積んでいる「BMWミニ」には何らおとがめなしで、デミオXDは特に研究結果も出て無いのにディーゼルだからってだけで批判するのですか?

  ②「NOxやPM2.5の発生は内燃機関ではなく後処理の問題だと指摘しろ!」

じじいライターというのは、VWには逆らわないものみたいですね。VWのインドや中国といったアジア向け車種はとにかく「排ガス処理」という概念は必要ないと思っているわけです。基準ギリギリを突破さえすれば、それ以上精度を挙げる必要ない!というメーカーの酷い開発姿勢が、先ほどの研究結果で明らかにされています。ちなみに現行のゴルフやポロに使われるエンジンは後処理をしないままだと2017年以降は日本市場での販売は出来なくなります。日本や中国の環境なんて知ったこっちゃないから、その時になったらまたやればいいくらいに思っているのでしょう。トヨタの廉価車ヴィッツだって規制値の50分の1以下まで丁寧に抑えているのに、モーターマガジンは一度たりともそれを報道したことがあったのか?

  ③「なぜ恥ずかしげもなくドイツメーカーがHV!と掌返しをするのか?」

トヨタとホンダがHVの開発競争に白熱していたころには、HVなんてエコでも何でも無い!とか息巻いていたカーライターが多かったように記憶しています。マツダがディーゼルを日本で出した頃も、まだまだそんな意見が多かったですよね。それなのに!環境問題に対応するために、HVに取り組むドイツメーカーは偉い!みたいな意味不明なこと言ってて恥ずかしくないですか? トヨタはもうとっくにFCVを発売しているし、ホンダも新型FCVを年内にも発売する時代ですよ? 基本技術まで無償公開して、他社の参入にも広く門戸を開いているのに・・・。トヨタやホンダが20年前に研究した成果にメルセデスやBMWが乗っかっているだけなのに、ドイツが日本よりも進んでいるという論理に持ち込むというクソっぷりは、じじいライターの常套手段ではありますけどね。

  ④「PMの話がしたいなら、トヨタ・ミライでも借りてきてからやれ!」

なんでディーゼルで頑張っているマツダのクルマを呼んだときに、こんな皮肉な議論を始めるのか? 燃料電池車を紹介する回で、CO2やらNOxやらPM2.5やら散々に話をしてあげれば、燃料電池車の有り難みがよくわかると思うのですけどね。さらに欧州でもディーゼルの規制が・・・みたいなことを言ってますけど、PM2.5の主原因は中国でも欧州でも分っていて、その多くは石炭を燃料とする暖房設備によるものなんだそうですよ。だから夏よりも冬の方が観測値が高くなるそうです。中国でバカ売れしている欧州のガソリンターボが原因なのか?と思ってましたけど、とりあえずは最も排出する発生源ではないみたいですね。

  ⑤「じじいライターは欧州の小型車にのるのを止めろ!そしてライターも辞めろ!」

頭の中が全くアップデートできておらず、「ディーゼル=汚い(間違ってないけど)」「VW=偉い」「日本メーカー=アホ、バカ、マヌケ」のまま40~50年ずっとやり続けた結果・・・アホなクルマ好きが増えてしまった。おかげで「クルマ好き=アホ」という世間の固定したイメージすら付いてしまった(なので私はリアルでは絶対にクルマ好きとは公言しませんし、匿名でブログを書き続けます)。とりあえず反省して下さい。

街中で欧州小型車を見かけたら、もう「アホ」が乗っている!でいいと思います。軽量なはずの小型車にわざわざターボを使う意味なんてないのに!欧州車が使う粗悪なスチールのせいで日本車のように軽くならないし、ミッションも安っぽいので壊れやすいし、山道走るとターボのくせに燃費悪くなるし(信号ないのになぜ?)、そして何よりNOxを50倍も振りまいて走っているわけです・・・。

さて舘内さんに、クソな欧州のガソリンターボに負けちゃうエンジンだとか、ギア比がオカシイとか散々に言われてしまったデミオXDは哀れですね・・・。まあこんなクソライターに広報車を貸し出した?マツダが大バカ野郎なんでしょうね。日本の将来などどうでもいい!20年後は環境も経済もボロボロになって若者が苦しめばいい!とばかりに、一生懸命に頑張っている日本メーカーを不当に貶める「じじいライター」をこれからもどんどん糾弾していきたいと思います。


リンク
最新投稿まとめブログ
  

2015年6月15日月曜日

「BMWのすべて」で沢村慎太朗氏が大暴れ!これはヤバい!

  三栄書房から「BMWのすべて」というムックが発売されました。「◯◯のすべて」という名称はこの出版社のいろいろなシリーズで使われているのですが、去年あたりから展開されていて、既に「マツダのすべて」「スバルのすべて」「ポルシェのすべて」「メルセデスのすべて」「フェラーリのすべて」などクルマ好きから支持を集めているメーカーにスポットを当てた「名車アーカイブ」シリーズは、他の三栄書房のシリーズよりも編集に力が入っているようで、非常にお買い得感があります。

  そんな「名車アーカイブ・シリーズ」の最新号としていよいよ「BMWのすべて」が出たわけですが、今回も全く期待に違わぬ内容でして、特に目立っていたのが、3本も織り込まれていた奇才・沢村慎太朗氏のコラムです。たびたびブログで取り上げさせてもらっているのですが、このライターはこの10年余りのBMWのクルマについてかなり厳しい意見を発信しておられます。自身のメルマガを再編集した著書シリーズ「午前零時の自動車評論」では、80,90年代のBMWに関してはしばしば「自動車作りの模範」として引用されますが、一方で2000年以降のBMWに関しては、ほぼ90%以上の割合でその陳腐化したクルマ作りに対して強烈な批判を繰り返し加えています。

  最新作の第9巻でも、「名ばかりのMは道をあける」というタイトルで、BMWの真髄が詰まったはずの「M」のコンプリートカーをボコボコに批判しています。この人の文章は豊富な知識と優れたレトリックを楽しむなかで、あまり顕在化しないですが「結論ありき」として書かれることが非常に多いです(作家はこうあるべきですけど)。そしてその結論とはズバリ「M3/M4とM5/M6以外は存在価値無し!」で、見事なまでにハッキリ言い切ってしまっています(あらま・・・)。第1巻の「BMWの懺悔」からしてかなり強烈で、要約すると「2000年代のBMWはただの直線番長に堕ちた・・・E60系、E87系、E90系はもはやBMWですらない! けどF01系、F10系で考えを改めたようだ。」(F30系の発売前の原稿)といったものです。こんなえげつないことをハッキリと言ってしまうライターを「BMWのすべて」に登用する三栄書房の意図はいったい・・・。

  沢村さんは「AUTOCAR」や「モーターファンイラストレーティッド」でも事あるごとに「BMWの凋落」を皮肉たっぷりに語っていますが、やはり最もBMWファンの神経を逆撫でしてきたのが、「足がフニャフニャで酷いハンドリング」を持つF30系への痛烈な批判だと思います。そんな破天荒なライターが、改めて「BMW」の歩みを記録するマイルストーン的なムックで一体何を語るのか? と思いきや、やっぱりこの人はブレません・・・。

  1本目の「320d試乗記」では、「アクセルフィールが・・・(悪い!クソ!)」「ディーゼル音が・・・(ウルサ過ぎて死ねる!)」「燃費が・・・(高速では期待できるが、街中ではHVの半分もいかない、このクルマで燃費自慢するヤツはアホ!)」とアホには読み取れない見事な暗喩に覆われていますが、極論すると「完全否定モード」です(これで褒められていると感じる人はいないだろう・・・)。さらに強烈なのが「ランフラットの酷いフィールを補うために、ブッシュがたっぷり入ってる!(その結果ハンドリングが相当に緩い)」でして、これには嬉々としてこのムックを買ったBMW好きが不憫でなりません。これを読んだら激高するあるいは失望してすぐに見積もりに出し始めるかもしれません。

  ブッシュがたくさん入っている!ってトヨタの「カムリ」や「サイ」のユーザーならば割と素直に喜んでくれると思いますが、BMW、マツダ、スバル辺りのユーザーには逆効果ですね。特にBMW好きは日本のセダンでは味わえないものを求めてE90/F30系あるいはE60/F10系を無理してまで買ったのに、「オマエらのクルマは平均的な日本車と同じ」と面と向かって言われているわけです。確かにF30系の乗り味はいよいよトヨタ・プレミオみたいな雰囲気に収束しつつあって、BMWに乗っているという高揚感なんてほとんど無いですけどね。

  2本目は「M3/M4の紹介」です。この2モデルに関しては沢村さんは肯定的なことを書いてきているのでまあ安心して読めます。まるで「名ばかりのMは道をあける」の焼き直しのような文章なんですが、今回はさらにエンジンについても細かく教えてくれます。専用エンジンの「直6ツインターボ」の素性を高く評価するところまではいいのですが、BMWのベースモデルのユーザーは、すでに沢村さんのタコ殴りで全身傷だらけなのに、さらに傷口に塩を塗込むような苛烈さで首を絞められます。「オマエらが大事にしてるBMWなんて直4も直6も平凡でしかない!」みたいなほぼ悪意しか感じられない恐ろしい内容です・・・。F10系の直6なんて900万円もするのに!くそ!

  3本目は「E60系のデザイナー・アルカンジュリの物語」です。まずこの天才デザイナーの仕事についてあれこれと専門のスーパーカー分野に踏み込んで説明してくれます。ピニンファリーナ時代の代表作「360モデナ」の当初のデザインは凄みを感じる美しさだったのだけど、知性と美的感覚が欠如していたフェラーリのCEOによってデザイン変更が強制された結果、「太ったNSX」になってしまったという逸話。それからBMWの暗黒時代(バングル時代)の中で作られたクルマのデザインは、どれもほぼ「出オチ」で、今ではどれも「祭りのあと」のような残念な腐敗臭を出しているけど、アルカンジュリのE60セダンだけは、トランク回りの曲線に気品を感じるといったお話です。E60セダンのユーザーだけはマトモって事か?

  要約すると「E87系、F20系、E90系、F30系、E60系(セダンを除く)、F10系、E65系、F01系 バングル期のBMWは全部ダサい!」という主旨のようです。マジか・・・E63の6シリーズのリアデザインは結構好きだったのにな。BMWが大好きな人は沢村ページだけ糊付けしてしまって開かないようにすればいいでしょう。他のページは図鑑のようによくまとまっていますよ! BMWが嫌いな人は本屋で一度立ち読みして貰えば、笑って一時が過ごせるんじゃないですかね。

リンク
最新投稿まとめブログ
 

2015年6月4日木曜日

有名ライターのDセグ批評・スカイラインとISに冷徹なダメ出し。

  「もう、ジジイは引っ込んでろ!」という暴言が頭の片隅から聞こえてきたのは自分だけじゃないはず・・・。モーターマガジン2015年7月号の「Dセグ特集」をウキウキと読んでいたら、久々にとんでもびっくりなウ◯コ記事に遭遇してしまいましたよ。レクサスIS、スカイライン、アテンザ、レガシィの4台は一連のFMCを終えて、セダン不遇の国内市場で予想をはるかに上回る健闘を見せています。それぞれのモデルに込められたアイディアの数々を考えれば、そこそこの反響があって当然だと思いますし、世界で最も「安全」「楽しい」「快適」「スタイリッシュ」な4台と言えます。これほどいいクルマを作ったのにもし売れなかったら開発者はガッカリするでしょうから、ひとまず売れてホッとしました。とにかく自信を持ってオススメできる非常に価値のある4台ですし、私にとっては全て購入対象で、多くの人にとって十分に検討に値する出来であることは間違いないです。

  これらの日本勢のあまりの完成度の高さに、輸入車を中心に評価することが多いカーメディアの多くはここ数年は沈黙を続けています。すでに公然の事実を化している事(これら日本車4台が、メルセデス、BMW、アウディ、ジャガー、キャデラックといった輸入車プレミアムを圧倒しているという事実)に触れようともしないで、小型車の特集ばかりに誌面を費やす姿に読者離れもだいぶ進んだようで、廃刊・休刊が目立ってきました。さて今回モーターマガジンが沈黙を破り、今になっておとぼりが冷めたかのように、輸入車好きカーメディアにとってタブーの4台が引っぱり出してきました。そして改めてメルセデスCクラス(C200)と比較しますという、何とも不毛な設定(決着済み)を用意して、これまた各種カーメディアで横断的に活躍中のW辺T史氏が担当しておられます(その勇気に拍手!)。

  私はセダン大好きで、特にDセグは実用車として世界で最も優れているジャンルだと信じていますから、すでにこれらのクルマには徹底的に購入を前提とした試乗を繰り返しており、他のジャンルのクルマよりも格段にそれぞれの実力差は体感済みです。BMWを初めとしたドイツ車好きで知られるW辺氏ですから、まあ間違いなく日本勢を絶賛することはないだろうということは分りきっていましたが、新型Cクラスを全く寄せ付けないくらいに作り込まれている4台に一体どんな評価を下すのか興味津々でした。ハッキリ言ってしまうと、この日本勢4台にC200を合わせた5台から好きなクルマを選ぶとして、この中でC200がベストと言う人はクルマのことが何も分っていないか(音痴)、メルセデスからカネを貰っているかのどちらかだと思いますよ。

  まあ想像の通りではありましたが、久しぶりにW辺氏に腐り切った日本のカーメディアのかつての「常套手段」の数々を見せてもらいました。これだけ説得力のあるクルマ作りをしている日本勢に対して「プライドが足りない」と、なんとも釈然としない一言で締めくくっておられるのには、とりあえずぶったまげますね(読者をナメルな!)。読み終わって即座に「コイツにはプロのモータージャーナリストのプライドがあるのか?」なんて少々不謹慎な思いが湧いてきました。「日本車は走り込みの量が足りないからドイツ車には適わない」なんていう怪しげな先入観を振りかざすといった「老練」な手法が飛び出します。もし百万歩譲って、W辺氏の言うとおりに乗り込み量に応じてクルマの完成度が上がり、メルセデスをはじめとしたドイツメーカーが日本よりも最も恵まれた環境にあったとしても、理解できないのが、なぜC200の電制ステアリングとアクセルのフィールはとんでもなく酷いまま放置されているのでしょうか・・・。

  私もしばしば「日本人の繊細なフィールで仕上げられているから、日本のフラッグシップが一番乗り味がいい!」みたいな怪しげなことを言い放っています。実際にこういう前置きを言い切ってしまうと、日本の高級車はどれも精緻で豊かな乗り味のように思ってしまいますが、実際に現行のクラウンアスリートをノーマル仕様で乗ってみると「あれれ・・・」と、仕上げ方にもいろいろあるんだなと単純に恥じ入ることもあります。個人的には日産とマツダの作り込みの上質さに心酔しているので、トヨタやホンダのフワフワ感はやや低級で「ガサツ」な乗り味と受け止めてしまいます。そして新型Cクラスの印象もなんだかこのトヨタ&ホンダ調の「フワフワ」が気になる乗り味なんですよね。ついでに言うと最近のBMWとかマセラティ・ギブリなんかもこんな方向性に感じましたよ!

  このW辺氏も認めてますけど、ドライバー主観の乗り味だったら日産(スカイライン)やマツダ(アテンザ)が、堂々とC200を寄せ付けないレベルに立っています。けれどもW辺氏によると、「ステアバイワイアをスカイラインに持ってきた意図がイマイチよくわからない」だそうです。え〜まじっすか!日本車のフラッグシップがNVHでメルセデスやBMWを圧倒するようになってから、もう四半世紀が経過しますよ(1989年に日本車は世界の頂点を掴みました)。なのでいまさらスカイラインやアテンザがC200よりも静粛性が高くても何も驚きませんし、そんなことは当たり前だと思っています(ドイツ車の方が上と主張する奇特な方もたくさんいますけど)。そしてさらに今回のV37スカイラインを指名買いする理由としたら、クルマ好きにとっては、「ステアバイワイアの採用」だったりするんじゃないですか?

  まあなんとも不可解な理由でC200の下に位置づけられてしまったスカイラインは不憫です(まあW辺氏になんと言われてもオーナー様は気にしないですけど)。C200と同じようにランフラット採用するなかで、NVHでC200に完勝しているとまでハッキリ認められているのに、それでもC200の方が上って一体どんなルールなんだ? もっと可哀相なのはレクサスISです。ドイツ車を圧倒する高剛性ボディに生まれ変わったわけですから、従来のトヨタサルーンが持つ「旦那仕様」とは一線を画す乗り味になるのは仕方ないです。アシを固めて高出力ユニット積んでも、十分な操作性が得られるように作ったボディだから弱点だってありますよ・・・。ランフラットのC200よりも路面によっては突き上げが酷いそうです。それってそのまんまサス剛性による結果だと思うのですが、フニャフニャでトヨタのプレミオみたいな乗り味の最近のCクラスや3シリーズのノーマル車と突き上げの有無を比べるなんてまったくフェアじゃないです。W辺氏の尺度によればプレミオがC200とレクサスIS300hの上に立つことになるんじゃないかと・・・。

  アテンザに関してはFR勢を相手に意外なほど軽快なハンドリングだ!なんて持ち上げておられます。けれども日本車を手放しで褒めるなんてことはこのライターはしないですから、今回もなんだかんだ言いがかりを付けてきます。今回は「サイズだけ大きいくせに後席はそれほど広々していない」だってさ・・・。え?何と比べました?C200ですよね?勝手にイメージの中でC200が「Sクラスロング」とか「マイバッハ」になっちゃってないですか?アテンザの後ろが狭くてダメっていうなら、スカイラインもISもCクラスの後席なんて座れたもんじゃないですから、いっそのこと「2+2」シーターと名乗った方がよくないですか? アテンザはスタイル優先で十分に空間が取れてない?それって最近のメルセデスのクルマに対する一般的な評価じゃないですかね・・・。さすがに書いててバカバカしくなったのでこの辺で止めておきます。ほぼ一般人には解釈不能レベルのW辺氏のレガシィ評など読みたい人がいれば書店で見てみてください。


リンク
最新投稿まとめブログ

  

2015年5月9日土曜日

BMW2シリーズアクティブツアラー を巡るカーメディアの不始末・・・

  日本に入ってくる輸入車も今や3BOX車よりもSUV、MPV、スモール(Cセグ)、サブコンパクト(Bセグ)が多くなってきました。バブル期に輸入車に夢中だった男性サラリーマンは大幅に減少し、自分の憧れのクルマを買う時代でもなくなったようです。それに代わってファミリーカーとしての輸入車の需要が増えているようで、いまだにバブル気分が抜けないは失礼かもしれませんが、アラフォー・アラフィフの女性にとって輸入車のステータスはまだまだ健在のようです。オシャレな立地にマイホームをゲットした30~40歳代の夫婦は、家の前に日本メーカーのミニバンではなくて、VWシャランを選ぶ人も少なくないみたいです。機能性の高い日本のミニバンがいくらでもあるのに、わざわざVWを選ぶなんて・・・と思うのですが、まあなんとなくですが、そうしたくなるお気持ちはわかります。

  アルファードの「5年・5万km以内」というそこそこのタマが中古市場で大人気とはいえ、200万円程度で買えるようになっていて、初代モデルに至っては50万円以下の叩き売り状態になりました。さすがに増え過ぎて、街中で白いアルファードが3台も数珠つなぎに走っていたりすると、もう「ミニバンの王様」の風格もなんだか霞んでしまいます。そしてこれだけアルファードがたくさん走る中で、黒いボクシィに乗るのもなんだか味気ないですし、テンションが上がらないです。クラウンやマークXばかりの中で、自分だけカリーナに乗る気分でしょうか。VWがどれだけ値引きしてくれるかわかりませんが、新車でアルファードを買えるくらいに余裕があるならば、400万円くらいで選べる選択肢としてシャランなのかな?という気もします。

  そんな市場を狙い撃ちした?のではないかと思われるのが、BMW2シリーズアクティブツアラーで昨年に日本にも導入されました。なんだかちょっと貧乏臭い印象があるメルセデスBクラスと違って、MPVでもデザインを妥協しないBMWのこだわりが発揮されていて、日本のファミリーカー市場に一石を投じてくれるクルマだと思うのですが、カーメディアの反応はそろって辛辣なようです。クルマ好きにクラッチを合わせた評論がカーメディアとして求められるという論理は分らないでもないですが、ステレオタイプなクルマ好きが言ってそうな「2シリーズアクティブツアラーはBMWではない!」といった悪気の無い主張を「擦った」ような内容では、日本のクルマ文化は豊かになっていかないと思います。

  このクルマはちょくちょく乗せてもらっているBMWディーラーの担当者が必死で売っているようで、わざわざ電話までかかってきたこともあり(オマエにはこれがお似合いだ!ってことか・・・)、ちょっと試してみました。何を期待して乗るかにもよると思いますが、確かにBMWの誇る3BOX車の基準からみれば、シャシーの剛性感はいくらか劣りますし、BMWらしい加速時のスムーズさからくる高揚感がやや薄いですし、ハンドリングのイメージもいくらか違います。この辺をやたらと大げさに主張する人が多いですね。しかし本当にそれくらいにスパルタンな基準でクルマを選んでいる!と胸を張るくらいのBMW好きならば、現行3シリーズセダンの非Mスポ車に関しても「不可」という判断を下すべきでは?という気もします。既にカーメディアでボコボコにされている2シリーズアクティブツアラーに乗ってみて、これはこれでアリだな!と密かに自分の「反骨心」に何かが響くのを感じました。少なくとも2シリーズATは3シリーズよりは「偽り」の要素は低いと思われます。

  ニューモデルマガジンXに毎月登場する「オッサン・3人組」が最新号でこのクルマを批評してました。本文では不満タラタラで全くオススメではないはずなのに、得点は「75」「90」「80」と高得点が揃いました。読んでいる側としては全くもって意味がわかりません。ちなみにこの総得点は2月号に登場したデミオと全く同じです。先月、先々月もムーブとレガシィといった意欲的なFMCを行ったモデルが登場しましたが、これにぜんぜん及ばない点数でしたね。ちなみにスカイラインは「50」「50」「50」でした(真面目にやれ!)。さて2シリーズATが隠すことができない特徴として、MPVとしてはナイスなスタイルと、パッケージ面で日本車が国内市場でバトルしながら熱意を持って作り上げてきた画期的な機構をことごとく吸収していることだと思います。FFになって5シリーズ並みにリアは広くなっていますし、さらにリアシートにスライド機構が付いています。この辺が従来のBMWファンの逆鱗に触れているのかな?3気筒ターボは日本の軽自動車がオリジナルだ!とゴネるつもりはさらさらないですけど。

  オッサンの1人であるT平氏が「FFのどこが駆け抜ける歓びなんだ!」とプチキレてましたけど、これまたトンデモない論理を振りかざして、「E21とか乗ったことないガキが偉そうなこと吐かすな!」と意味不明なことを仰るわけです。「昨今のヤワなBMWに乗っただけで語るな!」ですか・・・あ〜面倒くせ〜、一体この後にE21やE30をレストアして乗るなんて物好きがどれだけ居るのでしょうか? 昔のE21やE30と比べれば雲泥の差だから、このクルマは全くBMWらしくない!絶対ダメ!とかやたらとムキになっているこのオッサンに、逆に2シリーズATがダメで、3シリーズ(F30)がOKな理由を問い正したいですね・・・。

  そしてこのオッサン達の手抜き仕事にあれこれツッコミを入れるのはバカらしいですけど、さらに読んでいくと「あくまでBMWとして物足りないだけで、日本のFF車なんかとは次元の違う話です!」みたいな妄言がとうとう飛び出してしまいました。全くもって確信犯的に面白過ぎです!!! 軽く釣られてみると、いったいどこを指して「日本のFF車」なんだろう!? 少なくとも
「2シリーズAT < インプレッサ < オーリス < ゴルフ < アクセラ」
くらいの違いはド素人でも乗り比べればわかるんじゃないですか? ハッキリ言って2シリーズATでは、「ジェイド」や「クロスオーバー7」といった日本車の新世代MPVに「走り」で勝てる!という確信すら掴めなかったです(7人乗りに負ける?)。なんだかT平氏の頭の中では、フリードとかスペイドとかいったパッケージ最優先の優良プチバンとの比較になっていそうな気がします。E21とか持ち出して意味不明な説明する前に、現行の日本車との実力差を正確に描くのが読者の求めているものなんですけどね・・・。


リンク
最新投稿まとめブログ

  

2015年4月8日水曜日

ゴルフとそれ以下の輸入車Cセグ9台の比較!?・・・ちょっと待て!

  「オートカー」誌が残念なことに休刊?になり、以前よりもちょっと勢いを増した感のある「モーターマガジン」誌の気になった記事について書きたいと思います。4月1日発売ということで、新しい年度を飾る「5月号」がなかなか気合の入った構成になっています。ざっといつもの3倍くらいは面白い!読み応え十分です。しかも「輸入車ハンドブック」という付録まで付いてます(これがなかなかよく出来てます)。


  本編には新型モデルレビューとして「メルセデスAMG C63」や「メルセデスC450 AMG」も登場しますし、なかなか秀逸だったのが「アテンザXDとボルボS60の比較」というツボを心得た企画です。アテンザとボルボS60の乗り味は世界最高水準!とドッカンドッカン花火を打ち上げていましたが、あえて余計なクルマを入れずにこの2台「だけ」に絞ったモーターマガジンの企画力こそが天晴れだと思います。他の雑誌で有りがちなのは、「C」「3」「A4」「IS」といった定番モデルとの比較なんですけど、そもそもこれらのメインターゲットは「高齢者」ですから、ノーマルだと運転していてもちっとも面白くないです。いろいろな部分がフニャフニャしていて、これでは運転していても「イライラ」しますし、作る側も確信犯なので、その言い訳としてMスポ・Fスポやら用意していますけど、これら「本気」モードの足回りと比べても、なんというかマツダとボルボが到達している「北欧テイスト」の乗り味は断然に味わい深いのですよ・・・(もちろん個人差はありますけどね)。

  さてそんな中でメインとも言える企画の「輸入車CセグHB10台の徹底比較」がちょっと残念でした・・・。特にVWとのタイアップというわけでは無さそうなので、その点ではフェアな気持ちで読む事ができましたが、普段はスーパーカーに心を躍らせているであろうオッサンライターたちの雑な仕事っぷりがいちいち目につきます。これは誰一人としてCセグに興味ないんだな〜・・・という雰囲気が最初から最期までプンプンです。Cセグともなると女性評論家の方がなんとなくしっくりきますね。モーターマガジンお抱えの佐藤久美ほか飯田裕子・竹岡圭・川端由美・藤島知子(敬称略)の5名でやってもらった方がだいぶ誠実な企画になったのではないですかね・・・。

クルマのラインナップは以下の通りで、

「VWゴルフ・トレンドライン」
「アウディA3スポーツバック1.4」
「メルセデスA250シュポルト」
「BMW120i」
「フォード・フォーカス」
「ミニ・クーパー5ドア」
「ボルボV40・T4」
「プジョー308シエロ」
「シトロエンDS4シック」
「ルノーメガーヌハッチバックGTライン」

あれ?ジュリエッタは?・・・最近では北米にも上陸しダッジブランドからもジュリエッタベースのクルマが発売されるなど勢力を拡大しつつあるのに。あと・・・なんだか輸入車だけではどうも「華」がないですね(マジかー!?)、とりあえず「レクサスCT」と1.2Lターボを載せ始めた「オーリス」も仲間に入れてほしかったです。さすがにアクセラとインプレッサが入ってくると、コスパがヤバいですから、企画そのものが「つまらなく」なっちゃうのでこの点の「除外」はオッケーなんですけどね。

  「この10台の中で買うとしたらどれですか?」 いちおう全部乗ったことがあるのですが、とりあえず欲しいクルマは・・・無いです(自己負担なら)。レンタカー・代車で乗るとか誰かが車検代のみで譲ってくれるというならば10台どれもウェルカムですけど。新車をノリノリで買いにいかせてくれるくらいに、魅力溢れたものは無いです。もし「DS4のボディ」と「フォーカスの駆動系」が合わさったならば、ちょっと欲しくなるかもしれませんが・・・。「308のボディ」でもいいかな。けど駆動系に関しては「フォーカス」で決まりです。だって1台だけショートストロークの直4NAですから、もはやこれは「反則」です。このエンジンはフィーリングの良さからジャガーXJのベースモデルでもターボ化されて使われているくらいの素晴らしい素性のエンジンですし、元々はマツダがNCロードスターに搭載するために作ったエンジンですから・・・。

  今回登場した評論家が「こもだきよし」「石川芳雄」「河村康彦」「西川淳」「渡辺敏史」(敬称略)の5名なんですけど、もう右足の関節が鈍くなっていて、フォーカスのエンジンの良さがいまいち伝わらなかったのでしょうか・・・(失礼!)。あるいはもっと「政治的」な理由なんですかね、「VW」と「フォード」のどっちに媚びたほうが今後の仕事が捗るかなんて、素人でも十分に想像付くレベルですから。けども読者&ユーザーをナメてもらっては困ります。つーか本当にフォーカスに乗ったの? あくまで憶測ですが、「どーせフォードのディーラーに出向いてフォーカスを買いに行く人なんていないじゃん!ハッハッハ!(だから言及するだけムダ!)」って感じだったんじゃないですかね。確かにディーラー網を整備しないフォードのやる気の無さにも問題はあるわけですけどね・・・。もういっそのことマツダの系列に売ってもらったらどうですかね。新型マスタングもあることですし。

  さて5名がそれぞれ選んだクルマ3台を見てみると・・・とさすがに内容をバラすのはルール違反なので、そのセレクションから見え隠れする各ライターの「属性」を完全に上から目線で紹介したいと思います。まず「こもだきよし氏」は・・・・単なる高齢者ですね(失礼!)。高齢者って男女問わずなんだか派手なデザインのクルマに平気で乗ってますけど、ホ◯ダC◯-Zとか本気でカッコいいと思うんですかね。そんなC◯-Zみたいな「オモチャ」的なテイストが好きな人が多いみたいです。徹底的なデザイン重視!なんですけど「こもだきよし氏」の選択も高齢者が不思議と好むゴテゴテなヤツばかりです。こういう外見だけの選択ならばわざわざテストドライブする必要もなかったのでは? もちろんルックス重視ですから大本命のはずのあのクルマは入っていません(だって凄く地味ですから)。

  次にモーターマガジンではおなじみの「石川芳雄氏」は・・・これはなかなか好感が持てます。極めて妥当でとてもバランスの良い選択になっています。ハッキリ言って5人の中であなたが1等賞です。やはり自分が「顔」的存在の「モーターマガジン」の年度始めの大切な企画に泥を塗るわけにはいかない!といった責任感が伝わってきます。3人目の「河村康彦氏」は・・・完全に逃げ腰ですね。やたらと「ユーザー視点」であることを強調しておられました。つまり「俺はこのクラスに全く興味がないんだけどね・・・」ってことです。なるほど、街中で思いっきり馬鹿にされそうな3台をわざわざ選んでくれました。まったくCセグにリアリティを持っていない方なんだなぁ・・・あくまで憶測ですけど。

  4人目の「西川淳氏」は・・・なんというか、大変失礼ですが今度は「先入観」が論調を支配している様子がわかります。とりあえず「1台だけ土俵が違うだろ!」ってことで1位が別格という評価なんですけど、「おい!そっちかよ!?」って感じです。確かにフォーカスだけNAエンジンなんで完全に「反則」なんですけど、西川氏の選択では別のクルマが「別格」と持ち上げられていました、まあ一般的な意見として「別格」も頷けるわけですけど、そんなことはド素人にでも分ることですし・・・。そして何よりそのクルマは足回りがフニャフニャですけどいいんですか?5人目の「渡辺敏史氏」は・・・やっちまいました!1、2位が完全に石川さんとかなり被ってしまった!そして3位にはご贔屓のあのブランドが・・・まあ気持ちは分りますけどね。石川さんと同じでいいセンスしてますね、やっぱり渡辺(敏)さんみたいにマルチに仕事ができるライターはバランス感覚がよいみたいですね。まあ納得できますし、言いたいこともわかります。ただCセグに興味はないんでしょうね・・・(渡辺さんはもっと小さいヤツを買うことはあるみたいですが)。




  

  

2015年3月22日日曜日

西川淳さん「スカイラインは終わった!」の真意とは?

  「俺はスカイラインをずっと買ってきた、その俺が言うのだから間違いないスカイラインは終わった。」 V36までは許せたけどV37はダメという西川淳さんの決意の一言には一体どのような想いが詰まっているのでしょうか。大学卒業とともに34が生産中止になった私の世代にはとても口を挟めない「重み」を感じるのですが、それでも「プレミアムを騒がせよう」と意気込む日産のエンジニアにとってはあまりにも残酷で冷血な一言なんじゃないですかね・・・。

  ニューモデルマガジンXでの「西川連載」は、ライターの色がよくでていて毎回とても面白いのですが、今回の4月号のスカイラインは読み応えたっぷりでいつも以上に面白すぎました。各方面から言いたいことを言われて完全に弱りきっている自動車業界。彼らに対して「大人」が本音でバッサリと切り捨てるなんてことは、なかなかできなくなってきたわけなんですけど、日産とスカイラインという抜群のブランド力にはまだまだ余力があるようで、西川氏クラスの評論家が全力でぶつかっていける「まだまだ噛み応えのある」稀なケースなんだと思います。たとえばジャガーやボルボといった苦境が続いている輸入ブランドに噛みついたところで、ただの弱いものイジメでしかなく、それが今となってはメルセデスやBMWといった有名ブランドでもあまり変わらない境遇だったりします。

  フェラーリやポルシェを相手に必死に(平然と?)噛みつこうとする本質的に「アジ」な沢村慎太朗さんみたいな人もいますけど、スーパーカー評というのはそもそも自動車評論の中では異質な存在ですし、乗ったこともない一般人には何のことだか直感的にはわかりません。専用設計スポーツカーではない乗用車に対して「俺の気持ちに火をつけろ!」と、西川さんクラスの超一流ライターに真剣に吼えさせるのは、世界中広しといえどもスカイラインだけじゃないですかね・・・。

日産が執拗に「プレミアム」を意識したプロモーションを仕掛けているのだから「俺の気持ちに火をつけろ!」くらいは当然に要求される「ノルマ」なのかもしれませんが、例えば直列6気筒を積んだF10で今更に「火がつく」なんてことはまずないですよね。900万円出してコレを買うくらいなら、GTーRだかISーFの方が・・・。プレミアムブランドのディーラー行ってもそれほどテンションあがらないですし、レクサスなんて「おもてなし」はなかなかですけど、いざクルマを見せられるとがっかりさせられるのがオチです。

  西川さんのこも連載にはほかにもいろいろなクルマがでてきますが、総じて感じられるのが、どれもこれも「俺が本気で語るレベルではない」ということです。ここ数年は業績が好調だと伝えられている「マ○ダ」や「ス○ル」なんてこの人の手にかかれば完全に子ども扱いで全く相手にされていません。「ポルシェ」「マセラティ」「AMG」くらいにしか反応しないようなベテランライターの枯れ果てた心をに400万円もしないクルマではどうしようも無いわけです。例えば堂々の登場を果たしたア○セラXDのときは、最初から自分のテンションを挙げるために軽快な冗談が飛び出すほどの緩いテンションで、「女性や若い人向けのクルマにしてはよくできてるんじゃないの?(あんまりよくわからないけど)」くらいのニュアンスがビンビン伝わってきました。得点は非常に高かったですけど、私のようなマツダ贔屓には西川さんの本音がよ〜くわかりました。

  そしてスカイラインは?というと、点数こそ低かったですけども、そもそもスカイラインとア○セラには絶対に越えられない壁がありますし、西川さん自身が「Cセグ以下は絶対に買わない・乗らない」であろう前提でのア○セラの高得点とはまったく別の基準の話でしかないようです。それでも一言「でかいクルマは飽きる」という至言が・・・。西川さんは「サイズ」に疑問を呈しておられましたが、V37スカイラインに乗って気になるのは、やはりプレミアムカーにまとわりついてくる電制デバイスが存在感を強調している点ですね。はっきり言ってストレスでは?というものも多いです。レクサスもメルセデスもBMWもなんだか走りが楽しめない要素が年々増えてきています。しかしこればっかりはクルマ作りの哲学によるものなので一概に非難できないですけど・・・。そして「プレミアムカー」では当たり前になってきている「8AT」って実際のところ「CVT」みたいな気持ち悪さがあります。よく輸入車ユーザーがスバルのCVTを批判してますが、はっきり言って8ATのニュルニュルと変なタイミングでシフトアップする感触はスバル車以上にクソじゃないですかね。

  ATに関してはスカイラインはかなり優秀だと思います。ジャトコ製の日産ハイエンドモデル(スカイライン・フーガ・Z・シーマ)専用の7ATに乗れば「やはり日本車はいいな〜」と心から実感できます。西川さんをはじめまともな評論家ならば、ジャトコ7ATがZF8AT(通称8HP)とは比較にならないくらいに優れたミッションであることは当然にわかっているはずです(だからあえてBMWのATには言及しません)。中国メーカー車のように6HPや8HPを使わざるを得ないかわいそうな輸入ブランドには同情はしますけど、先代スカイラインが北米でBMWを蹴ちらしたのは当然のことで、日産車に何一つ勝てないゴミでしかないF30が月に2000台売れてしまう日本市場に日産が思いっきり失望するのも無理ないです。「さあプレミアムを騒がそう!」とアジりたくなる気持ちをわからなくないです。

  西川さんの気持ちが盛り上がらなかったとしても、「スカイライン」とは日本のクルマ文化が年月をかけて創り出した「高性能車のスタンダード」の結晶のようなものだと思います。スカイラインを絶えず通して我々は日本の自動車産業の実力を知り、「ものづくり」の素晴らしさや、工業製品に込められた開発者の「想い」を端的に感じます。あえてそんな日産に苦言を呈するのであれば、日本市場での販売において6気筒の非HVモデルを廃止して車両価格が上がってしまったことに対する残念な気持ちはあります。日本のユーザーが中国のユーザーのように盲目的にBMW3シリーズを絶賛しなくて済むのも、やはり日本にはスカイラインあったからこその話だと思うのですが、国内・国外のスポーツセダンがユーザーを舐めたようなクソ設計に陥るのを監視するというとても重要な「役割」を日産自らが放棄しつつあることには、やはりがっかりしてしまいます。


リンク
最新投稿まとめブログ